このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ボールペンの替え芯がわからない?探し方と交換方法を解説

ボールペンの替え芯がわからない?探し方と交換方法を解説

投稿者:ライター 西村七海 (にしむらななみ)

2021年2月18日

ボールペンのインクが切れて書けなくなったとき、替え芯がわからずに困ったことはないだろうか。買い替えたほうが安いこともあるが、気に入ったボールペンであれば、やはり長く使いたいもの。当記事では、ボールペンの替え芯がわからないときの探し方と、交換方法について解説していく。替え芯の探し方や交換方法を知りたいときは、ぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ボールペンの替え芯がわからない?

ボールペンのインクが切れて書けなくなっても、替え芯があればまた書けるようになる。インクが切れる度に新しいボールペンに交換することもできるが、気に入ったものや有名ブランドのものであれば、長く使えるに越したことはないだろう。しかしボールペンの替え芯には、さまざまな種類や規格があるため、どれを選んでよいのかわからないこともある。似た形状をしているものが多く、替え芯がよくわからないからという理由で、ボールペンを捨ててしまった経験がある方も多いのではないだろうか。

実際に、替え芯は太さや長さによって取り付けられるボールペンが異なるため、どれでもよいというわけではない。メーカー独自の専用の替え芯が必要なボールペンもあれば、互換性のある替え芯が販売されていることもある。対応していないものでは交換できない可能性があるため、正しい製品を選ぶことが重要だ。また、交換方法がわからないと、対応した替え芯があっても交換ができない。メーカーや種類によって違いはあるが、一般的なボールペンの替え芯の交換方法を解説していく。

キャップタイプの替え芯の交換方法

キャップタイプのボールペンは、キャップとペン先の口金をはずすと、芯が交換できるようになっている。口金は、回すとはずせる仕組みだ。また、同じキャップタイプであっても、ペンの後ろから交換する製品もある。こちらは後ろの栓をはずして、芯を取り替えよう。

ノックタイプの替え芯の交換方法

ノックタイプのボールペンも、ペン先から交換する製品と、後ろから交換する製品がある。ペン先から交換するタイプであれば、口金を回してはずし、交換しよう。後ろから交換するタイプは、ペンの後ろの栓やクリップをはずして交換する。ボタンがついているノックタイプのボールペンは、まず先端が細い物を使ってボタンを押し込みながら、ノック棒を引き抜く。ノック棒にボタン部品をセットし、替え芯とともに本体に戻せば交換完了だ。

多色・多機能タイプの替え芯の交換方法

多色・多機能タイプのボールペンは、口金をはずし、ノック棒を押さえて交換したい芯を繰り出す。そしてノック棒を押さえたまま新しい替え芯に交換し、元に戻せば完了だ。

2. ボールペンの替え芯がわからない場合の探し方

ボールペンの替え芯がわからないことには、交換ができない。まずは使用しているボールペンの芯を確認し、型番を見てみよう。ボールペンのメーカー名やシリーズ名は、ボールペン本体に記載されていることが多い。型番は、芯のインクを入れるチューブ部分に記載されている番号のことだ。交換したいボールペンの芯に記載されている型番を確認し、同じ番号の替え芯を選べば、問題なく交換できる。型番がわかれば、あとは文房具店やボールペンの販売店など、替え芯を扱っている店舗で購入しよう。インターネットでも、メーカー名や型番を検索して購入できる。

問題は、ボールペンの替え芯の型番がわからない場合だ。たとえば、ディズニーストアで販売されている、人気キャラクターたちのボールペン。デザインを気に入って購入したものの、インク切れで使えなくなってしまうこともある。しかしディズニーストアでは、専用の替え芯は販売されていない。このように、解説したとおりに確認しても型番がわからない場合は、次章の対処法を参考にしてみてほしい。

3. ボールペンの替え芯の型番がわからない場合の対処法

ここからは、ボールペンの替え芯の型番がわからない場合の対処法を解説していく。

公式サイトで確認する

替え芯がわからない場合でも、ボールペンのメーカーやシリーズが分かれば、メーカー公式サイトで確認ができる。使用しているボールペンに対応している替え芯を探してみよう。

公式サイト以外で確認する

公式サイト以外にも、さまざまなメーカーの芯を扱う通販サイトで、替え芯を調べることも可能だ。たとえば、オフィス・現場用品・医療・介護用品の通販を行っているアスクル。アスクルでは、さまざまなメーカー、シリーズのボールペンに対応した替え芯を幅広く取り扱っている。芯に記載されている型番(品番)から検索することもできるが、わからない場合には、メーカー名とシリーズ名、ボールペン径(mm)からも検索が可能だ。

文房具店で相談する

公式サイトなどのインターネット以外にも、大きな文房具店や、手持ちのメーカーのボールペンを取り扱っている店舗、販売店に持ち込んで相談する方法がある。前章の最後にも少し触れたディズニーのボールペンについても、文房具店で対応する替え芯を相談するのが安心だ。ボールペンを持ち込み、スタッフに替え芯がわからない旨を相談してみよう。

結論

似た形状ではあるが、意外に種類や規格が多いボールペンの替え芯。太さや長さが異なると、使用しているボールペンに対応していない可能性がある。型番を確認し、正しい替え芯を選ぶことが大切だ。長く使いたいボールペンも、替え芯がわからないことには、いずれインク切れで使用ができなくなってしまう。当記事を参考に、替え芯を探してみよう。
  • 更新日:

    2021年2月18日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ