このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オフィス用クッションとは?選び方やおすすめ商品5選を紹介!

オフィス用クッションとは?選び方やおすすめ商品5選を紹介!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

鉛筆アイコン 2021年3月 4日

オフィスで長時間椅子に座ってデスクワークをしていると、おしりや腰が痛くなることはないだろうか。そんなときは、オフィス用クッションの導入を検討してみよう。今回は、オフィス用クッションの特徴や種類、選び方やおすすめ商品を紹介する。おしりや腰が痛くならないようにオフィス用クッションを活用して快適に過ごしてほしい。

  

1. オフィスで人気!チェア用クッションの特長と種類

オフィス用クッションは椅子に乗せて使うクッションでおしりや腰が痛むのを防いでくれるアイテムだ。そんなオフィス用クッションには以下のようにさまざまな種類がある。

オフィス用クッションの形

・座面クッション(おしりの下に敷いて使うクッション)
・背もたれクッション(背もたれに置くタイプのクッション)
・背もたれつきクッション(座面クッションに背もたれがついたようなクッション)
・ドーナツ型クッション(クッションの中心部分に穴が開いている円形のクッション)

オフィス用クッションの素材

・綿(ふわふわしてやわらかい)
・低反発(圧力を分散してくれる)
・マイクロビーズ(やわらかで体にフィットしやすい)

2. 姿勢矯正する機能も!?オフィス用クッションの選び方

たくさんある種類のなかからどんなオフィス用のクッションを選べばよいのだろうか。ここで紹介する選び方を参考に、自身に合うオフィス用クッションを選んでほしい。

おしり、腰、背中など痛みに合わせてオフィス用クッションを選ぶ

お尻が痛い方・・・座面クッション、背もたれつきクッション、ドーナツ型クッション
腰が痛い方・・・背もたれクッションまたは背もたれつきクッション
背中が痛い方・・・背もたれクッションまたは背もたれつきクッション

体圧の分散と通気性の良さで比較してみる

体圧を分散させることで、体に痛みが出るのを防ぐ効果が期待できる。そこで、体圧を分散しやすい低反発素材のクッションがおすすめだ。
また、通気性のよいクションは熱が篭りにくい特徴があるので、長時間のデスクワークにも向いているだろう。

3. オフィスで話題のおすすめチェア用クッション5選

ここでは、おすすめのチェア用クッションを5つ紹介する。自身で購入する際の参考にしてみよう!

エルアイワールド「Dr. Seat(低反発ゲルクッション)」

ゲルと低反発ウレタンを使った座面クッションで、おしりにフィットする形状になっている。体重をうまく分散できるのでおしりが痛くなるのを防いでくれる。後方が高い設計になっているため、オフィスでキレイな姿勢を保つことができるだろう。

西川「エアーポータブル クッション L」

ウレタンを使った背もたれつきクッションで特殊立体波形凸凹構造を採用しており、体圧を分散できる。おしりや腰も痛くなりにくいだろう。また、側面にメッシュ生地を使っているので通気性がよく蒸れにくい。

IKSTAR「腰楽クッション 低反発 ランバーサポート オフィス」

正しい姿勢をサポートしつつ、高品質なウレタンで背中をやさしく包み込むクッションだ。カバーがメッシュ素材なので通気性が高く、クッションにベルトがついているのでオフィスチェアに固定することができる。

MOGU「姿勢体幹サポーターエイト」

数字の8のような形状をしている背もたれクッションで、姿勢を正してくれるアイテムだ。クッションに背中をフィットさせることで、自然と背骨をS字にすることができる。やわらかなクッションが背中をやさしく包み込むので背中や腰の痛みを軽減させてくれるだろう。

MTG「Style AIR(スタイルエアー)」

骨盤の傾きを整えてくれる座面クッションで、正しい姿勢をサポートしてくれるアイテムだ。体重を分散してくれるので、体圧を最大で40%も軽減してくれる。

結論

オフィス用クッションを活用すれば、長時間オフィスチェアに座っていてもおしりや腰が痛くなるのを防いでくれるだろう。オフィス用クッションの種類や素材はさまざまなので、紹介した選び方を参考に自身にぴったりなものを選んでほしい。
  • 更新日:

    2021年3月 4日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング