このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
漏電の調べ方はどうする?漏電かどうか知りたいときの安全な方法とは

漏電の調べ方はどうする?漏電かどうか知りたいときの安全な方法とは

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2021年3月10日

漏電とは、電気が正常なルートを通らずに、思いがけない場所に漏れてしまうことだ。電気が厄介なのは、電気が漏れていることが目で確認できないこと。そのため、漏電を知らずに感電や火災といった事故を招くことになる。漏電しているかどうか調べ方を知っておけば、こうした事態にならずに済む。ここでは、漏電しているかどうか知る安全な調べ方を紹介しよう。

  

1. 漏電の調べ方の前に

漏電の調べ方を知る前に、なぜ漏電を調べなければならないのか。その目的をハッキリさせておこう。そうすることで、漏電の調べ方を知る大切さが理解できるはずだ。

漏電の危険性とは

漏電とは、電気が漏れることをいう。電気は、正常に流れていれば、私たちが触れることがないようになっている。電流の通る道が絶縁物によって作られているからだ。ところがこの絶縁物が傷ついたり、劣化したりするとそこから電気が漏れてしまう。漏れた電気は、電圧の高いところから低いところへ流れていく。大地はほぼ電圧ゼロの場所だ。たまたま人間が触れた場所から身体を通って、大地へと流れていく。これが「感電」だ。流れた電流が少なければ、ビリっと感じる程度だが、電流が多ければ多いほど身体へのダメージは大きく、命の危険すらある。

また、漏電による火災も心配だ。漏電した部分から火花が散って、そこに燃えやすいものがあれば、たちまち引火して火事になる。火の気のない場所でも起こるので、初期消火が遅れることもある。漏電の調べ方を知っておくことは、命や財産を守ることにもつながる。

2. 漏電の調べ方【ブレーカー編】

漏電の調べ方で最も簡単な方法はブレーカーを使った方法だ。どこの家にもある分電盤を見てみよう。

ブレーカーを使った漏電の調べ方

まず、分電盤が家のどこにあるかを確認しよう。通常はキッチンや勝手口、玄関などに設置されている。分電盤には3種類のブレーカーがある。「アンペアブレーカー」と「安全ブレーカー」そして「漏電ブレーカー」だ。漏電ブレーカーには漏電テストボタンがついているのですぐにわかるだろう。

調べ方の手順

  • すべての安全ブレーカーのツマミを下げてOFFにする。これで各部屋には電気が流れなくなっている。
  • 漏電ブレーカーのツマミを下げてOFFにして電流を遮断。その後ツマミを上げてONにする。
  • 安全ブレーカーのツマミをひとつずつ上げてONにしていく。ONにしても漏電ブレーカーが下がらなければ、その部屋の電気回路は正常だということだ。これを続けていく。
  • 安全ブレーカーをONにしたときに、漏電ブレーカーが反応してツマミが下がったら、その部屋は漏電の可能性が高いことになる。
  • 異常のあった安全ブレーカーは、落としたままにしておく。
  • 再び漏電ブレーカーを復活させ、そのほかの安全ブレーカーを最後まで試していく。これで漏電の調べ方は完了だ。漏電の疑いのある部屋の電化製品のコンセントを抜いておき、専門業者に調査・修理を依頼する。

3. 漏電の調べ方【テスター編】

漏電の調べ方に、テスターという道具を使った方法もある。テスターにはいろいろあるが、漏電の有無を知る方法としては「メガー」や「クランプメーター」を使っての調べ方が一般的だ。

メガーとは

メガーは「絶縁抵抗計」とも呼ばれている。電圧・回路・電流を測定することができる。名前が示す通り、絶縁されているかどうかを調べることで、漏電の有無がわかる。どれだけ絶縁抵抗が維持できているかを調べるのに役立つテスターだ。価格相場は2~3万円程度だ。

クランプメーターとは

クランプメーターは「架線電流計」とも呼ばれていて、「負荷電流」と「漏れ電流」を計測することができる。漏電が疑われるコードを挟んでいき、漏れ電流を計測できればその部分が漏電箇所と特定できるのだ。微電流も計測可能なので、安心面でも心強い。価格相場は1~3万円程度だ。

4. 漏電の調べ方【業者編】

電気に関しては、全くお手上げだという方も多いだろう。漏電の調べ方として、すべて業者にお任せするというのも賢明かもしれない。

調べるだけなら電力会社か安全協会へ

漏電の調査を依頼する場合は、契約している電力会社か住んでいる地域の電気保安協会に連絡してみよう。漏電調査だけなら無料で行ってくれることが多い。ただし、漏電修理を行わなければならないということになると、専門の電気工事業者に依頼しなければならない。

業者に依頼するときのポイント

漏電調査や修理を業者に依頼するときに押さえておきたいポイントは「見積もりを必ず取る」ということだ。漏電修理といっても、その作業内容はさまざまだ。壁の中など漏電箇所の調べ方によっては作業が複雑になり、思いがけず高額な修理代になってしまうこともある。そのため、現地調査と詳細な見積もりを出してもらうことが大切だ。

業者に依頼したときの調査費用はおよそ6,000円前後で、修理代としては8,000円~2万円が相場だといわれている。

結論

漏電の調べ方にはブレーカーの確認・テスターの使用・業者に依頼の3種類がある。電気関係に詳しい方ならテスターで正確に調べることができるが、そうでない方は ブレーカーを使った確認方法を試し、場合によっては専門業者に依頼した方がいいだろう。業者に依頼するときには、あとになってトラブルにならないように必ず詳細な見積もりを取るようにしよう。
  • 更新日:

    2021年3月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ