このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
漏電ブレーカーが落ちたときはどうする?仕組みや復旧方法を解説

漏電ブレーカーが落ちたときはどうする?仕組みや復旧方法を解説

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

2021年3月15日

ブレーカーが落ちて停電したとき、分電盤を開いて漏電ブレーカーが落ちていたら、家のどこかで漏電が起こっている可能性がある。漏電は感電や火災につながって危険なので、早く原因を突き止めよう。そこで、漏電ブレーカーの仕組みや落ちたあとの対処法について詳しく解説する。

  

1. 漏電ブレーカーの仕組みとは?

一度に多くの電化製品を使ったとき、ブレーカーが落ちて停電することがある。ブレーカーが落ちたときに操作する分電盤にはさまざまなレバーが並んでいるが、そのなかに漏電ブレーカーも付いている。ここでは、ブレーカーの種類や漏電ブレーカーの仕組みを紹介しよう。

分電盤にあるブレーカーの種類

ブレーカーには、数値の異常を察知したら電流を遮断する働きがある。分電盤には、主に3種類のブレーカーが付いている。1つ目の漏電ブレーカーは漏電を検知したら電流を遮断する。2つ目の「アンペアブレーカー」は電力会社との契約量を超える電流が流れたときに、3つ目の「安全ブレーカー」は各電気回路内の電流が規定を超えた際に遮断する働きを持つ。一度に多くの電化製品を使って停電が起きたとき、落ちたブレーカーはアンペアブレーカーか安全ブレーカーのどちらかである。

漏電ブレーカーの仕組み

漏電ブレーカーはほかの2つとは仕組みが異なる。漏電ブレーカーでは、電気回路内の電流の数値を行きと帰りのそれぞれ計測して、差が生じていたら電流を遮断する。正常であれば、電流は行きと帰りで同じ数値になるはずだ。差が出ているということは、電流が外部に漏れているということである。

2. 漏電ブレーカーが落ちる原因

漏電ブレーカーが落ちるのは、どこかで漏電が起こっているときだ。漏電ブレーカーが落ちたとき、次のような原因が考えられる。

電化製品に付いている絶縁体の劣化

電気が外に漏れないように電化製品は絶縁処理されている。気づかない間に絶縁体の劣化が進み、そこから漏電することがある。

トラッキング現象

トラッキング現象とは、コンセント周辺に溜まったホコリによって起こる発火現象だ。コンセントに挿した電源プラグがゆるんでいて、湿気や水分を含んだホコリに通電すると火花が飛び散る。漏電ブレーカーが落ちても、その前に電源プラグなどが焼けて火災につながる可能性もある。大変危険なので、こまめな掃除が必要だ。

水濡れ

電化製品が水に濡れると、水を伝って電気が外部に漏れることがある。飲み物をこぼしたり雨が吹き込んできたりしたあとは、十分注意しよう。

小動物が配線などをかじる

ネズミなどの小動物が配線をかじって、漏電が起こることがある。ペットを飼っている家庭では、ペットが配線にいたずらしないように気をつけよう。

3. 落ちた漏電ブレーカーの復旧方法

漏電ブレーカーが落ちて停電したとき、この時点ではまだどのブレーカーが落ちたのか判明していない。漏電ブレーカーが作動したと判断し、復旧する方法を解説する。

漏電ブレーカーが落ちたと判断する方法

急に停電したときはまず分電盤を開いてみよう。どこかのブレーカーのレバーが下がっているはずだ。漏電が原因でブレーカーが落ちたなら、漏電ブレーカーのレバーが下がっているだろう。また、漏電ブレーカーの近くにある「漏電表示」という黄色いボタンが飛び出しているはずだ。

漏電ブレーカーを復旧する方法

漏電ブレーカーの復旧は次の手順で行おう。

1.すべてのブレーカーを切り、アンペアブレーカーのレバーを上げる
2.漏電表示のボタンを押入れ、漏電ブレーカーのレバーを上げる
3.安全ブレーカーのレバーを1つずつ上げて、異音や異臭がないか確認する
4.順番に安全ブレーカーのレバーを上げるなかで、すぐに漏電ブレーカーが落ちてしまう場合、その電気回路内で漏電が起こっていることが判明する
5.漏電している回路が判明したら、該当する回路のブレーカーは落とし、停電している部屋にある電化製品の電源プラグはすべて抜いたり配線を点検したりする
6.漏電している電化製品がわかったら、使用をやめて修理に出す
7.漏電している箇所がわからない場合には、該当のブレーカーは下げたままの状態にし、電気工事業者に問い合わせをする

4. 漏電ブレーカーが落ちたときにかかる費用は?

漏電ブレーカーが落ちたら、どこかで漏電が起こっているということだ。原因がわかったら修理が必要になる。そこで、漏電ブレーカーが落ちたあと必要な修理料金の相場を紹介する。

漏電の箇所の特定と修理工事

漏電ブレーカーの復旧作業を行っても漏電している箇所が特定できない場合、業者に頼んで漏電箇所の調査をしてもらう。もし、漏電の箇所が判明していても、自分で修理をするのはやめよう。漏電の修理は「電気工事士」という資格が必要で、素人が行うと危険だからだ。
漏電の調査や修理工事の料金相場は、約5,000~9,000円だ。ただし、漏電箇所の特定が難しく家屋に張り巡らされている配線の確認作業に時間がかかる場合には、もっと高額になることもある。

漏電ブレーカーの修理や交換

漏電ブレーカーの寿命は、使用開始から15年程度といわれている。15年以上使用している場合には、一度点検をしてもらおう。漏電ブレーカーの交換は約12,000円からとなっている。金額は高いが、安全には変えられないので必要に応じて修理や交換を行おう。

結論

漏電ブレーカーの仕組みや落ちたあとの対処法を解説してきた。漏電ブレーカーが落ちるのは家のどこかで漏電が起きている証拠だ。慌てずに分電盤を開いて安全ブレーカーを1つずつ上げていこう。もし、漏電している箇所が特定できないときは電気工事業者に依頼する。漏電の工事は素人が行うと危険なので、プロに任せよう。
  • 更新日:

    2021年3月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ