このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エアコン内部に虫がいる!駆除方法や侵入の防ぎ方を解説

エアコン内部に虫がいる!駆除方法や侵入の防ぎ方を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年3月29日

エアコンから「ガサガサ」と動く音が聞こえる、虫が出てきて驚いた、という経験はないだろうか。エアコン内部は汚れやすく、狭くて暗く湿気もあり、虫が好む環境が整っていてる。今回は、エアコン内部にいる虫の駆除方法や侵入の防ぎ方などを解説する。

  

1. エアコン内部にいる虫の種類とは?

エアコンの内部から聞き慣れない音がしたら注意してほしい。また、侵入してくる虫は、どのような種類なのか紹介する。

聞き慣れない音がしたら注意

エアコンから風が出る送風音ではなく、虫の鳴き声のような音、ガサガサなど動いている音が聞こえたら、内部に虫が侵入しているかもしれない。エアコンを開け内部を確認しよう。

虫の種類

エアコンを清掃しているときに、虫の存在に気がつくことが多い。下記のような虫がエアコンから出てくることがある。

・ゴキブリ
・コガネムシ
・カナブン
・蜂

など、出てくる虫は季節によっても変わり、種類のわからない虫の死骸が大量に出てくることもある。このように、エアコン本体から虫が出てくることもあれば、排水用のドレンホースの中に死骸が詰まっていることもある。

2. エアコン内部にいる虫は放置してもいい?

エアコン内部に虫がいることが分ったら、そのまま放置してはいけない。ここでは、その理由を紹介する。

虫が室内に入ってくる

エアコン内部に虫がいる場合は、室内に入ってくることも考えられる。虫は暗い場所を好む習性があるため、夜間寝ているときにエアコンから落ちてくることもありえる。不快な気持ちになるだけではなく、衛生的にも好ましくない。

漏電の可能性

エアコン内部の虫やフン、死骸が原因で、漏電や火災が起こる可能性がある。また、エアコンの故障にも繋がる。そのため、虫がいる状態でエアコンを使い続けるのはやめておこう。虫の鳴き声のような音や動いている音を感じたら、できるだけ早めの対処を考えてほしい。

3. エアコン内部の虫の駆除方法

エアコン内部にいる虫をみつけたら、すぐに駆除しよう。ただし、方法を間違えるとエアコンの故障に繋がったり、身体に悪い影響を及したりする可能性があるので注意してほしい。エアコン内部の虫の駆除方法を解説する。

防除に必要のもの

虫の防除に必要なものは、下記のとおりである。

・殺虫剤
・掃除機
・タオル
・ビニール袋

ほかにも必要に応じて、ゴム手袋や新聞紙があると便利だろう。

殺虫剤は虫が出てきたときのみ使用

殺虫剤は、エアコンの中から虫が出てきたときのみ使用する。エアコン内部に直接吹きかけると、故障する可能性がある。また、送風によって殺虫成分が部屋中に広がってしまうと、身体によくない。

虫の駆除方法

虫の駆除には、エアコンフィルターの清掃が効果的だ。手順をみていこう。

1. エアコンを開いて、内部やフィルターに虫が入り出てこない、また、卵が産みつけられている場合は掃除機で吸い取る。
2. フィルターを外して水で洗い流したあと、タオルで水気がなくなるまで拭く。
3. 掃除機の卵はビニール袋に入れ、口をしっかり縛り捨てる。直近の回収日にすぐ出そう。

アロマオイルが使える

ハッカやレモン、ミント系の香りのアロマオイルは、虫の駆除に効果がある。虫はこれらのにおいを苦手としている。アロマオイルの使い方は、紙に浸して吹き出し口に置くか、スプレー液を作りフィルターに吹きかける方法がある。ただし、ペットを飼っている場合には悪影響な場合があるので、身体にかかったり舐めたりしないよう、十分に注意しよう。

スプレーの作り方は、アロマオイルとエタノール、水を1:1:9の割合でスプレー容器に入れ、混ぜる。

4. エアコンの上手な虫除け対策

虫を駆除しただけだと、時間が経つとまた侵入してくる可能性がある。上手な虫除け対策を解説する。

ドレンホースにふたをする

虫の侵入はドレンホースからが多いため、ドレンホースにふたをする方法が効果的だ。穴を完全に塞いでしまうと排水できなくなるので、専用のドレンキャップや防虫ネットなどを使えば、虫の侵入のみを防げる。

貫通穴の隙間を塞ぐ

ドレンホースや配管を通す貫通穴に隙間がある場合は、そこから虫が入りやすい。隙間を
塞ぐことで虫除け対策になる。市販されている粘土状のエアコンパテを使うと、簡単に隙間を埋められる。虫の侵入を防げるだけではなく、雨水や外気の侵入を防止する効果もある。

こまめな清掃が大切

エアコン内部は、狭くて暗く湿気もあり、虫が住みやすい環境が整っている。虫の侵入を防ぐためには、エアコン内部を清潔な状態に保つことが大切だ。汚れやすいフィルターは、1週間から2週間に1回を目安に清掃しよう。また、エアコンの送風機能は、内部の湿気を減らす効果がある。

結論

エアコン内部に虫がいる場合は、放置してはいけない。適切な方法で駆除しよう。ただし、駆除の方法を間違えると、故障に繋がり、身体にも悪い影響を及ぼす可能性があるので気をつけてほしい。駆除した後は、虫の侵入を防ぐ対策と、虫が住み着かないように、エアコン内部を清潔な状態にしておこう。
  • 更新日:

    2021年3月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング