このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ズボン専用ハンガーで収納を楽に!ハンガーの特徴や種類を解説

ズボン専用ハンガーで収納を楽に!ハンガーの特徴や種類を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年3月28日

一般的なハンガーにズボンをかけるのは、面倒だったり、ずり落ちたりしやすくストレスを感じながら使い続けている、という方も多いのではないだろうか。今回は、ズボンをハンガーにかけることが楽になる、ズボン専用ハンガーの選び方やタイプ、使い方、おすすめの人気ハンガーを紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ズボン専用のハンガーを選ぶポイントとは?

ズボン専用ハンガーを選ぶポイントを解説する。スボンハンガーのメリットを知り、ズボンをストレスなく収納できるハンガーをみつけよう。

シワが付くのを防ぐ

ズボンをたたんで収納するとシワが付いてしまう。ズボン専用ハンガーを使えば、ズボンをまっすぐ伸ばした状態で保管できるので、シワになりづらくキレイな状態を保てる。

ずれ落ちにくい

ズボンがハンガーからずれ落ちることはよくある。ズボンは腰の部分が重く、2つに折り曲げた状態でハンガーにかけると、バランスが悪くずれ落ちやすい。ズボン専用ハンガーは、クリップや滑り止め付きバーでズボンを固定するので、ずれ落ちる心配なく使える。

かさばらない

ズボン専用ハンガーは、かさばりにくいスリムな形状で作られているものが多い。そのため、かさばりやすいズボンをスッキリ収納できて、見た目も美しく保管できる。ズボンをたくさん収納したい方にもおすすめだ。

2. ズボンに適したハンガーのタイプと便利な使い方

ズボン専用ハンガーには、クリップタイプやバータイプなどさまざまな種類がある。それぞれのタイプと使い方を紹介する。

2つのクリップタイプ

クリップタイプは、ズボンの裾を2つのクリップで挟み吊るして使う。折り曲げずにまっすぐの状態で収納するので、ズボンの重みで自然にシワが伸びる。クリップの幅は左右に調整ができ、ズボンのサイズに合わせられるので便利だ。ただし、ズボンが床につかない高さの収納スペースが必要なため、収納できる場所に限りがある方は、使いづらさを感じるかもしれない。

幅広クリップタイプ

幅広クリップタイプは、1つの幅広いクリップで挟み吊るして使う。裾全体を挟むため、長期間使用してもクリップの跡がつきにくく、ズボンをよりキレイな状態で保管したいときにおすすめだ。2つのクリップタイプと同様に、ズボンの重みで自然にシワが伸びる。

バータイプ

バータイプは、ズボンをバー部分にかけて使う。ズボンを2つに折り曲げた状態でかけるので、高さがない収納スペースでも使いやすい。バーの部分は、滑りにくい素材が使われていることが多く、ずれ落ちる心配も少ない。ただし、折り曲げた部分がシワになる可能性があるため、長期保管には向かない。

連結タイプ

連結タイプは、1つのハンガーに複数のズボンをかけて使う。横幅を取らずにたくさんのズボンを収納できて便利だ。一方、単体で使うハンガーに比べ、複数のズボンをハンガー上に重ねて収納するため、追加でかけるときや取り出すときに、使いづらさを感じることがある。そのため、あまり使わないズボンをまとめて収納する際におすすめだ。

3. ズボンをしっかり掛けて収納!人気ハンガー3選

ここでは、人気のズボン専用ハンガーを3つ紹介する。ハンガー選びに迷ったときの参考にしてほしい。

MAWA「MAWAクリップハンガー K30D ブラック 10本セット」

クリップタイプのスチール製ズボンハンガー。クリップの先端にマワ独自のコーティングが施されているので、滑りにくくクリップ跡も付きにくい。クリップの位置は左右に調整が可能で、さまざまなサイズに合わせられる。フックの部分は回転式のため、使い勝手がよい。

MAWA「MAWAハンガーパンツシングル 35cm 10本セット」

バータイプのスチール製ハンガー。バー部分に加工されたコーティングによって、ずれ落ちにくい。スリムでコンパクトな形状も魅力の1つで、クローゼットの中でも、取り出しやすい。見た目と機能の両方を兼ね備えたアイテムだ。

GENIAL 衣類ハンガー ブラック 435×115×6mm HURDLE HANGER 5本入

ズボンを素早くかけられる新感覚のハンガー。バーやクリップタイプではなく、ベルトループにハンガーを通して使用する。そのため、ハンガーから落ちる心配もなく、きちんと収納できる。高品質のABSプラスチックで作られていて、耐久性が高い。さらに、1本70gと通常のハンガーに比べてとても軽く、扱いやすいハンガーだ。

結論

ズボン専用ハンガーを使うメリットは、シワが付くのを防ぐ、ずれ落ちにくい、かさばらないところだ。ズボン専用ハンガーを使えば、ズボンをキレイな状態でスッキリ保管できる。クリップやバーなどの種類は、ズボンの素材や使用する頻度に合わせて、最適なタイプを選ぼう。
  • 更新日:

    2021年3月28日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ