このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
自宅での洗車方法は意外と簡単!ガソリンスタンドでの洗車方法も紹介

自宅での洗車方法は意外と簡単!ガソリンスタンドでの洗車方法も紹介

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

鉛筆アイコン 2021年3月28日

愛車はこまめに洗車をして、常にキレイな状態を維持したい。ガソリンスタンドでも洗車できるが費用が高いため、できれば自宅で洗車したいと思う方もいるはず。自宅での洗車は大変そうなイメージがあるかもしれないが、意外と簡単だ。この記事では、自宅でできる簡単な洗車方法を解説する。ガソリンスタンドでの洗車方法も併せて紹介するので、参考にしてほしい。

  

1. 自宅での洗車方法は意外と簡単

自宅での洗車方法は意外と簡単だ。ここでは、自宅でできる簡単な洗車方法を解説する。

自宅での洗車方法には、水洗いと洗剤を使った手洗いの2種類がある。コーティングしてある車であれば、水洗いのみで汚れをキレイに落とすことが可能だ。水洗いのみの場合、シャンプーをする手間が省けるので手軽にできるといえる。洗剤を使った方法でも基本的なやり方やコツを押さえれば、洗車が楽になるだろう。

自宅での洗車は、ホースやスポンジなど必要な道具を揃えれば、いつでもすぐに行える。わざわざガソリンスタンドへ行く手間を省けるため、洗車にかかる費用や時間の節約にもなるといえるだろう。次項からは、それぞれの洗車方法について具体的に解説する。

2. 水洗いのみで洗車する簡単な方法

早速だが、ここでは水洗いのみでの簡単な洗車方法を紹介する。水洗い洗車を行う場合に必要なものは以下の通り。

必要物品

  • バケツ
  • スポンジ
  • ホース
  • 拭き上げ用タオル
スポンジはホイール用とボディ用の2種類を用意するとよい。拭き上げ用タオルは、2~3枚程度用意するとよいだろう。水洗い洗車の具体的な方法は以下の通りだ。

方法

  • ホースを使って車全体に水をかける
  • スポンジでホイールとタイヤを洗う
  • ホースで水をかけつつ、スポンジを使ってボディを上から下に向かって洗う
  • 拭き上げ用タオルで水滴をしっかり拭き取る
タイヤやホイールには大きな砂利や泥などが付いている場合が多い。そのため、ボディを先に洗ってしまうと、せっかく洗ったボディが再度汚れてしまう可能性があるのだ。ボディを洗う前に、タイヤとホイールを洗うようにしよう。洗い終えた後はすばやく拭き取らないと、水垢汚れとなってしまう。水滴が乾く前に、拭き上げ用タオルでしっかり拭き取ることが大切だ。

拭き上げを面倒に感じる方は、精製水を使用するのもおすすめだ。水垢は水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が原因とされている。精製水にはこのミネラル成分が含まれていないため、水垢の心配をする必要がなく、拭き上げ不要となるのだ。

3. 洗剤を使った手洗い洗車の簡単な方法

続いては、洗剤を使った手洗い洗車の簡単な方法を紹介する。基本的な手順や注意点を押さえていれば、誰でも余計な手間をかけることなくキレイな仕上がりにできる。水洗いのみで汚れをキレイに落とせない場合は、洗剤を使って洗車をしよう。

洗剤を使った手洗い洗車をする場合は、以下の物を揃えよう。

必要物品

  • カーシャンプー
  • バケツ
  • スポンジ
  • ホース
  • 拭き上げ用タオル
スポンジはボディ・ガラス用とタイヤ・ホイール用として2種類用意しよう。バケツはスポンジを洗う用とシャンプーを泡立てる用とで2つ用意するとよい。ルーフが高い車の場合は、脚立もあるとよりスムーズな洗車につながる。拭き上げ用のタオルは、2~3枚あるとベストだ。

カーシャンプーには、車のボディカラーやコーティングの有無によって、使用できるものが異なってくる。愛車のボディカラーやコーティングの状態などに合う適切なものを用意しよう。

洗車の方法は以下の通りだ。

方法

  • バケツに水を入れる
  • ホースを使って車全体に水をかけ、車体に付いているホコリや泥を流す
  • カーシャンプーをよく泡立てる
  • スポンジに3を付け、タイヤとホイールを洗う
  • ホースでタイヤとホイールを洗い流す
  • ボディ用のスポンジに洗剤を付け、ボディを上から下に向かって優しく洗う
  • ホースで車全体を洗い流す
  • 拭き上げ用タオルで水滴をしっかり拭き取る
カーシャンプーを泡立てる際は、適量をバケツへ入れ、ホースの水を勢いよく入れていけばOKだ。泡立ちがよくないと、ボディに傷が付いてしまったり汚れが落ちなかったりするため、よく泡立てよう。洗い終えたら、水滴が乾く前にタオルで素早く水分を拭き取ることが大切だ。夏場などはとくに乾燥が早いため、全体を一気に洗って拭き取るのではなく、一か所ずつ洗っては拭き取るという行為を繰り返して仕上げるとよい。

4. ガソリンスタンドでの洗車方法は2種類

ここまで、自宅での洗車方法を紹介した。しかし、自宅で洗車をする時間が取れないこともあるだろう。ここでは、ガソリンスタンドで利用できる、手洗い洗車と洗車機での洗車の2種類の方法について解説する。それぞれにメリット・デメリットがあるため、ガソリンスタンドでの洗車を利用する方は、ぜひ参考にしてみてほしい。

方法1.手洗い

手洗い洗車は、ガソリンスタンドのスタッフの手により行われる洗車方法だ。機械を使った洗車では、うまく落とせない汚れもキレイに落とせるのが特徴である。洗車にかかる所要時間は15~30分程度、費用は2000~5000円程度が目安だ。丁寧に洗車をしてもらえるため、キレイな仕上がりが期待できるが、機械での洗車より時間も料金もかかることを覚えておこう。

方法2.洗車機

ガソリンスタンドに設置されている洗車機で洗車をする方法もある。洗車機での洗車は、所要時間10分程度、費用も300~1000円程度であるため、気軽に利用できるのが特徴だ。費用を抑えたい方や、ゆっくり洗車に時間をかけられない方におすすめである。ただし、細かい汚れなどが落ちにくいことや、洗車機ごとの注意事項を守らないとトラブルが起こる場合もあることに注意しよう。

また、洗車終了後は自身で拭き上げを行う必要がある。拭き上げ用タオルは用意されているところもあるが、ないところもあるようだ。洗車機での洗車を行う場合は、洗車終了後に拭き上げができるよう、拭き上げ用タオルを持参しよう。

結論

自宅での洗車は手間がかかると思いがちだが、基本的な方法やコツを押さえれば意外と簡単に行える。自宅で洗車をする時間が取れない場合は、ガソリンスタンドでの洗車を利用するのがおすすめだ。手洗いと洗車機による洗車があり、それぞれにメリット・デメリットがあるため、自身に合った方法を取るとよい。それぞれの洗車方法をマスターして、いつでも愛車をキレイに保とう。
  • 更新日:

    2021年3月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧