このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
Tシャツを染める方法は?キレイに染めるコツとお手軽100均グッズ

Tシャツを染める方法は?キレイに染めるコツとお手軽100均グッズ

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2021年3月20日

Tシャツは、オールシーズン使える。着心地もいいので、ついヘビロテで着てしまい、色があせたり、シミが付いたりして「もう着られないかな」と思ってしまうこともあるだろう。しかし、自分で染めることで生まれ変わらせることもできるのだ。簡単にTシャツを染めるコツと100均でも揃えられる代替えグッズを紹介しよう。

  

1. Tシャツを染める方法【タイダイ編】

Tシャツを簡単に染める方法として「タイダイ染め」がおすすめだ。一般的な染め方のように煮て染めないので火を使わないため、幼稚園や保育園の体験行事としても取り入れられている。子どもと一緒に家でやってみよう。

タイダイとは

タイダイは「Tie(絞る)」「Dye(染める)」で、日本語でいう「絞り染め」のことだ。世界中で愛されている染め方だ。さまざまな絞り方があり、簡単な柄から複雑な柄まで工夫次第で楽しめる。タイダイのメカニズムは非常にシンプルで、折ったり畳んだり、糸や輪ゴムで固定したりして染める部分と染めない部分を作り、独特の風合いを作り出していく。

タイダイでTシャツを染めるときに必要な道具

タイダイでTシャツを染めるときに必要な道具もとてもシンプルだ。染料以外は家庭にある道具で間に合わせることができる。

・白いTシャツ:綿100%のTシャツを染める。ナイロンやポリエステルといった繊維は染料をはじいてしまうので染まらない。糊や汚れが付いているとムラになるので、必ず一度水を通してから染めるようにする。

・タイダイの染料:ダイロンマルチやダイロンプレミアムダイなどが有名。ホームセンターなどで購入できる。好きな色を何色か組み合わせるといいだろう。

・60℃くらいのお湯
・塩
・紙コップ
・輪ゴムやタコ糸
・ゴム手袋
・バケツ
・筆

タイダイでTシャツを染める手順

道具を用意したら、いよいよ染めてみよう。Tシャツにシミが付いていて、隠したいところなどを確認して染めるといいだろう。

1. Tシャツを絞る。輪ゴムやタコ糸を使って部分的に絞っていく。途中で取れてしまわないようにしっかりと固定しよう。
2. バケツに60℃くらいのお湯1Lに塩250gを入れて約10~30分程度浸け込む。こうすることで、色が定着して発色がよくなる。
3. 染料を作る。染料の濃淡はお湯の量で調節する。
4. Tシャツに染料を乗せながら染める。筆などを使ってたっぷりと浸み込ませよう。隣の色と混ざらないようにするのがコツだ。
5. 最後に水洗いしたら完成だ。

2. Tシャツを染める方法【黒一色編】

とくに黒のTシャツは洗濯を繰り返すと全体的に色あせてしまう。また、紫外線でも日焼けして肩のあたりが茶色く変色してしまうこともよくある。Tシャツの色あせが目立つと見栄えも悪い。黒一色に染めると、見違えるほどの出来栄えに仕上がるので、ぜひチャレンジしてみよう。

用意するもの

・PAC FABRIC DYE Back to Black 1袋
・塩300g
・泡立て器
・染めるための容器
・ボウル
・40~50℃のお湯
・ゴム手袋

Tシャツを染める手順

1. 40~50℃のお湯500mlに染料を溶かす。
2. 染色する容器に商品に付属されている固着剤と塩300gを入れて40~50℃のお湯6Lでよく溶かす。
3. 1の染料を2のお湯に入れて泡立て器でよく混ぜる。よく混ぜることで、ムラなく染めることができる。
4. 一度水に通したTシャツを広げて入れる。Tシャツの肩のあたりを持って、上げたり下げたりすると、まんべんなく染めることができる。ときどき混ぜながら1時間ほど放置する。
5. 洗剤を入れて透明になるまですすぐ。
6. 付属の色止め液を40~50℃のお湯6.5Lに溶かす。すすいだTシャツを15分ほど浸す。
7. 水が透明になるまですすぎ、洗濯機で脱水して陰干しする。

3. Tシャツを染める方法【100均グッズ編】

専用の染料を使わなくても、100均でも手軽に購入できるグッズでTシャツを染めることができる。簡単に染めてみたいという場合にチャレンジしてみよう。

アクリル絵の具でTシャツを染める

100均にはアクリル絵の具と水性絵具の2種類が揃っているが、Tシャツを染めるためにはアクリル絵の具を使うので、間違えないようにしよう。アクリル絵の具に水を加えて好きな色を作っていく。Tシャツの布をつまんで輪ゴムで縛り、そこにたっぷりとアクリル絵の具を浸み込ませていく。乾くまでそのまま放置しておき、乾いたら輪ゴムを外し完成だ。

プリンターのインクでTシャツを染める

100均にもプリンター用のインクが揃っている。マゼンタ、イエロー、シアンの3色を上手に混ぜ合わせればいろいろな色を作ることができる。Tシャツの染める部分を濡らしておき、プリンターインクを塗っていく。1時間ほど放置しておき、水ですすげば完成だ。

結論

着心地のいいTシャツは、ついヘビロテしてしまう。そのため洗濯をしているうちにだんだんと色あせてきてしまう。また、シミを作ってしまうことも多い。そのようなときには、タイダイや染料を使って染めてみよう。Tシャツは綿100%がムラなく染めることができる。専用の染料でなくても100均で揃えられるアクリル絵の具やプリンター用インクでも代用できるので、チャレンジしてみよう。
  • 更新日:

    2021年3月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング