このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【付箋】の効果的な使い方をシーン別に解説!意外な活用アイデアも

【付箋】の効果的な使い方をシーン別に解説!意外な活用アイデアも

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

2021年4月20日

付箋は仕事、勉強、日常生活のさまざまな場面で必須アイテムとして活用している方も多いだろう。付箋は使い方次第で仕事や勉強などの効率をさらに向上させることもできる。そこで今回は、付箋の効果的な使い方と活用アイデアについて詳しくご紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 付箋の効果的な使い方【仕事編】

こちらでは仕事の効率を向上させる付箋の使い方についてご紹介しよう。

ミス防止に活用する

注意しているつもりでも、同じ過ちを繰り返してしまうことはないだろうか。そんなときには、業務を遂行するとき目に付きやすい場所に、注意喚起を促すメモとして付箋を貼り付ける使い方がある。意識して付箋を確認することで、同じミスの防止に役立てられる。

人脈作りに使用する

仕事で名刺交換をしても後で見返したときに顔を思い出せなかったり、どのような人であったか思い出せなかったりということはないだろうか。そんなときには、名刺の裏に付箋を貼り、どこで出会い、どのような会話をしたのかなど印象に残ることを覚書として残す使い方がある。このように備えておくと顔と名前を覚えるのが苦手な場合も、印象に残った特徴を思い出して顔と名前を一致させることができる。

付箋アプリを使用する

Windows10を使用する方は、作業効率をアップさせるために搭載されている無償の付箋アプリ「Sticky Notes(スティッキー・ノーツ)」を活用する方法もある。付箋アプリの機能は、紙の付箋同様にタスクやアイデアを記入して保存しておけることである。特徴は、自由に記載面のサイズを変更できることに加えて、リマインダー機能も付加させることができる点になる。

2. 付箋の効果的な使い方【勉強編】

こちらでは、勉強の効率を向上させる付箋の使い方についてご紹介しよう。

単語を書いて家具に貼る

英語をはじめとしてさまざまな語学を学ぶときにも付箋は大活躍する。特に実物と単語をなかなか覚えられない場合は、単語を付箋に記入して家具に貼り付けるという使い方がある。その家具を使用するたびに、覚えたい単語をくり返して目にするので、効果的に単語を覚えることができる。

目隠しとして使用する

付箋は文字を記載して貼り付ける使い方が一般的だが、目隠しとして使用できる製品も販売されている。答えを付箋で隠し、知識や単語を正確に覚えるまで何度も答え合わせをするという学習方法を手軽に実践できる。

ノート作りに活用する

現在では、付箋はカラーやデザインが豊富に展開されている。そのため、学習テーマごとに色分けしたり、重要なポイントを強調するデザインを使用したりすることで視覚的な理解をサポートできる。付箋は繰り返し貼ったりはがしたりできるため、試験の前には弱点や重要なポイントをまとめた見直しノートを簡単に作成することも可能だ。現在では、付箋ノートを簡単に作ることのできるルーズリーフなども販売されているため、適宜活用すると見やすいノートを作成できるだろう。

3. 付箋の効果的な使い方【日常生活編】

付箋は日常生活の中でも有効に活用すると生活も効率的になり、充実させることもできるのでその使い方をご紹介しよう。

タスクを目につく場所に貼る

日常生活の中でも、忘れてはならないタスクがある。そんなときには、目の届きやすい場所にタスクの内容を記載して貼り付けるという使い方がおすすめだ。タスクを終えた後には、付箋を処分すると整理整頓された空間を保持し、タスク忘れも防ぐことができる。また、やりたいことを付箋に記入して可視化するという使い方もある。可視化することで予定管理がしやすくなり、時間の有効活用にも役立てられる。

読書の気付きをメモする

付箋は、読書の気付きや疑問などをメモするときにも活用できる。読書の中で抱いた疑問やさらに調べたい事柄、覚えておきたいことなどをメモして本に張り付けておくと読書の感想ノートなどまとめるときに役立つ。この方法は新聞にも応用ができ、記事内容の理解を深めることにつなげられる。また、挑戦してみたいレシピやDIYなどを書き留めて、ノートなどにまとめておくと効率良く実践できる。

4. こんな使い方も!付箋活用アイデア集

こちらでは、付箋本来の使い方以外の活用アイデアをご紹介しよう。

キーボードの掃除に活用

付箋は記載したタスクを完了次第、はがして処分するはずだ。そのときに、まだ付箋ののりの接着力が残っている場合では、その接着力を利用してキーボードの溝などのすき間を掃除することに活用できる。付箋を処分する前に、汚れが気になる溝やすき間がある場合にはぜひ試していただきたい。

シールとして活用

現在は、さまざまなデザインのスタンプも販売されている。そのため、スケジュールやイラスト、のしなどのスタンプを付箋に押してメッセージを伝えるシールとしての使い方をすることもできる。

手帳に活用

ときに仕事や家族の予定は、変更する可能性の高いものもある。そんなときに手帳に直に予定を記載してしまうと、変更された場合には修正作業が必要になる。その手間を省き、手帳をキレイに使用するためにも、不確実な予定は付箋に記入して貼り付けて管理をするという使い方もおすすめだ。

結論

今回は、付箋の効果的な使い方を仕事・勉強・日常生活に分けて詳しく説明し、アイデアも紹介した。ぜひ、こちらの内容を参考に用途に応じた付箋を選び、効果的に使用してほしい。また、それぞれの業務や勉強内容、ライフスタイルは異なるため、さまざまな工夫も凝らしてみるとよいだろう。
  • 更新日:

    2021年4月20日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ