このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パソコン初心者におすすめの資格と種類を解説!独学方法も紹介

パソコン初心者におすすめの資格と種類を解説!独学方法も紹介

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

2021年4月22日

現在では、どのような仕事であってもパソコンの操作が必要な時代である。とくに事務職への就職を希望する方はパソコンの資格を取得すると書類選考や面接で優位になる。そのため、独学で学ぶことのできる資格は積極的に学習を進めていくとよいだろう。今回は、パソコンの資格を取得するメリットと初心者におすすめの資格、具体的な学習方法について詳しく解説しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 事務職に就職したいならパソコン資格を取ろう

事務職に就職を希望するときには、パソコンの資格を取得することがとても重要になる。こちらでは、その理由についてご紹介しよう。

他の求職者よりも優位になれる

事務職は、労働環境や福利厚生も充実している職種であるため、性別を問わずに人気が高い。そのため、事務職への転職などを検討するときには、他の求職者よりも優位な立場になる必要がある。現在の事務職では、パソコンを用いた業務は欠かせないため、パソコンを用いた業務を的確に実践でき、即戦力となる人材が求められている。それゆえ、パソコンの資格を取得することは、すでにパソコンをつかいこなす技術や知識があることを証明でき、他の求職者よりも優位になれるのだ。

パソコンを使いこなせる証明になる

パソコンの資格を取得するには、さまざまな技術や知識を身につける必要がある。資格取得を目指して学ぶことは、パソコン操作の技術や知識を身につけることにつながり、合格したときには一定の技術や知識があることを証明できる。履歴書などの書類選考や面接などで自己アピールできる要素となるのだ。

2. パソコン初心者におすすめの資格の種類

こちらでは、パソコン初心者におすすめの資格の種類と取得するメリット、難易度についてご紹介しよう。

MOS

この資格は、パソコンの資格の中でも最も知名度が高いものといえる。そのため、取得すれば書類選考や面接でも十分に能力をアピールすることができるだろう。
資格試験の内容は、Outlook、Excel、Word、PowerPointなどのマイクロソフトオフィス製品を操作するスキルを判定するものである。受験資格は特になく、成人の希望者はだれでも受験することが可能だ。
公式な合格率は公表されていないが、パソコン教室などの情報では一般レベルの場合は8割程度、上級レベルは6割程度の合格率とされている。

日商PC検定

この資格は、ベーシックから1級までのレベル別に実務での表計算、文書作成などに必要なアプリケーションソフトの利活用能力を判定するものだ。さらにネットワーク環境下にてITの利活用に資するスキルや知識を問う内容も含まれている。受験資格は特になく、希望者はだれでも受験することができる。
実務に直結するスキルであるため、書類選考や面接にて即戦力をアピールできる資格の1つだ。
日商PC2級はMOSエキスパートやMOSスペシャリストよりも難易度が高く、日商PC3級はMOSスペシャリストよりも難易度が低いといわれている。

3. パソコン資格ならMOS!独学で取得できる?

パソコンの資格取得を目指す方は、まずMOSから取り組むのがおすすめだ。その理由と自宅での学習方法について解説しよう。

MOSをおすすめする理由

現在は、どのような仕事であってもパソコンの使用は欠かせないものとなっている。そのため、パソコンの最低限の操作は理解し、必要な業務をこなすことのできるスキルを身につけることは必須である。MOSの資格取得を目指して学べば、実務に必要なパソコン操作を身につけて使いこなすことが可能になる。これがMOSをおすすめする理由だ。

学習方法

MOSは独学で取得可能だ。こちらでは、MOSの資格取得に向けた具体的な学習方法についてポイントをご紹介しよう。
まず、自己学習で使用するテキストは「FOM出版」が出版している公式テキストを使用することが重要だ。ただし、このテキストをくり返して読み込むだけでは実践的なスキルを身につけることはできない。そのため、このテキストを使用しながら、実際にパソコンを用いて問題を説きながら学習していくことが大切である。

学習を進めるときには、1回目は問題と回答解説をしっかりと読みながら解き、2回目は軽く回答を見る程度にするとよい。3回目からは、自力で解くことができることを目指して進め、最低3サイクルはテキストの問題を解くことをおすすめしたい。

この学習を終えた後には、模擬試験を説く学習に移る流れになる。はじめて模擬試験を解くときには、回答を確認しながら正しい手順を身につけることを意識して取り組むことが大切だ。模擬試験は5回ほど解くことを目標に進め、その学習を終えた後には再度テキストを確認するとよいだろう。

問題なく解答できれれば、時間を決めた実践的な模擬試験に移る流れになる。模擬試験を5回解き、40分以内に正解率が90%で回答できるようになれば資格試験の受験を検討いただきたい。

結論

今回は、パソコンの資格を取得するメリットと初心者におすすめの資格、具体的な学習方法について詳しく解説した。初心者の方はぜひ、こちらの内容を参考にMOSの資格から取り組んでいただきたい。また、パソコンの資格はさまざまな種類があるため、希望する職種や業務内容に応じて有効活用できるものを選んで学習をすすめるとよいだろう。
  • 更新日:

    2021年4月22日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ