このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
雑誌を上手に梱包する方法は?コストを抑える配送方法とは

雑誌を上手に梱包する方法は?コストを抑える配送方法とは

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2021年4月21日

オークションやフリマアプリでお客様に雑誌を送る場合、梱包方法にも気を遣わなくてはならない。いい加減な梱包をすると、クレームにもなりかねないからだ。また、送料込みでの取引になった場合、できるだけ配送料は抑えたい。お客様に満足してもらえる梱包方法やコストを抑えた梱包材、配送方法などを紹介しよう。これから雑誌を出品しようという方は、ぜひ参考にしてもらいたい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 雑誌を送る際に気を付けるべき梱包のポイントは?

雑誌を無事に相手に送るために必要なポイントがある。梱包資材などを使った梱包方法を紹介しよう。

水濡れ対策

雑誌を送るときに一番注意しなくてはならないのが、水に濡れないように梱包することだ。水濡れを防止するための梱包資材としては「OPP袋」がおすすめだ。雑誌に合わせた大きさのOPP袋でしっかり包んで梱包しよう。

プライベート対策

雑誌を梱包する際には、中身が見えない封筒や袋を使うようにする。他人に見られては困るような雑誌ではなくても、相手の方にとってはプライベートをのぞかれているような気分になってしまうため注意が必要だ。

2. 落札された雑誌の発送に適した配送方法と梱包は?

メルカリなどに雑誌を出品する方も多いだろう。専用配送を利用すると配送料金が安くなることも多い。専用配送を利用するときの梱包方法を紹介しよう。

ゆうゆうメルカリ便

ゆうゆうメルカリ便は、郵便局で扱う配送方法だ。ゆうゆうメルカリ便には「ゆうパケット」と「ゆうパック」の2種類がある。

ゆうパケットはA4サイズ・厚さ3cm以内の梱包であれば、全国一律175円で配送することができる。少ない量の雑誌を送るのにはおすすめだ。ゆうパックは60~100サイズで重さが30kgまでの梱包で600~900円で全国に配送することができる。

らくらくメルカリ便

らくらくメルカリ便は、ヤマト運輸が扱う配送方法だ。「ネコポス」「宅急便コンパクト」「宅急便」の3種類がある。

ネコポスはA4サイズ・厚さ3cm以内・重さ1kg以内で全国一律75円で配送することができる。宅急便コンパクトは、専用箱をヤマトの営業所で70円で購入することで全国一律370円で配送ことができる。宅急便は60~160サイズで重さが25kgまでの梱包で600~1,600円で全国に配送することができる。なお、宅急便コンパクトと宅急便は配送料にプラス30円で集荷してもらえる。雑誌の数や大きさに合わせて選ぼう。

3. 専用便以外で雑誌を梱包・発送する場合の方法は?

メルカリなどの専用便以外でも雑誌を梱包して送ることができる。雑誌を送るのに適しているのがレターパックだ。

郵便局のレターパックが便利

雑誌の配送には、郵便局のレターパックが便利だ、レターパックには「レターパックライト」と「レターパックプラス」の2種類が用意されている。

レターパックライトはA4サイズで厚さが3cm以内、重さ4kg以内。郵便受けに届けられて配送料は全国一律370円だ。

レターパックプラスはA4サイズで重さ4kg以内なら厚さは関係なく配送料は全国一律520円となる。レターパックライトとの違いは、直接対面受け渡しで、受領印や署名をもらう点だ。

レターパックを使って雑誌を梱包する場合は、レターパック専用の梱包材を郵便局やコンビニなどでも購入することができる。梱包する際に水濡れなどが心配であればOPP袋に入れてから梱包すると安心だ。

4. 100均の梱包材だけで雑誌を発送することは可能?

少しでも利益率をアップさせたいのなら、配送料はもちろんだが、雑誌の梱包にかかる費用もできるだけ節約したい。そこで利用したいのが100均の梱包材だ。

基本の梱包材を100均で揃えよう

雑誌を送る際に必要な梱包材としては「OPP袋」「封筒」「ガムテープ」「セロハンテープ」「ハサミ」だ。また、あると便利な梱包材としてはエアパッキンなどの緩衝材がある。これらはすべて100均で揃えることができる。

封筒は雑誌の表紙などが見えない程度の茶封筒で十分だ。封筒の余った部分は折り返してガムテープなどでしっかりと固定する。ガムテープは水濡れに強い布テープをおすすめする。

結論

雑誌を送る際には、水濡れや衝撃に備えた梱包を心掛けることが大切だ。少しでも配送料や梱包資材にお金をかけたくないという方も多いだろう。送る雑誌の大きさや厚み、量によって適切な配送方法が違ってくるので、そこは十分精査して最も効率のよい方法を選ぶことが大切だ。
  • 更新日:

    2021年4月21日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ