このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗車は水洗いだけ?コーティング後の正しい洗車の方法とは?

洗車は水洗いだけ?コーティング後の正しい洗車の方法とは?

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

鉛筆アイコン 2021年4月11日

車にコーティングすると汚れがつきにくくなるので、愛車にコーティングを施したことがある方も多いのではないだろうか。その後の洗車はどのようにすればよいのか、迷うこともあるだろう。そこで、コーティングした後の洗車の方法や洗剤の選び方、長持ちさせるコツを紹介する。洗車のやり方次第で剥げることもあるので、洗車の際は十分配慮してほしい。

  

1. コーティングした車の洗車は水洗いだけで大丈夫?

コーティングした車のメンテナンス方法に悩む方も多いだろう。そこで、コーティングした後の洗車方法を解説しよう。正しい洗車の方法を知って、コーティングを落とさないようにしてほしい。
車にコーティングすると被膜で汚れがつきにくい状態になるため、通常の洗車は水だけでよい。しかし、鳥の糞や虫の死骸、油、泥などのこびりついた汚れは、洗剤を使わなければ落とせないことがある。場合によっては水洗いではなく、洗剤を用いて洗車をする必要がある。
とくにコーティングにダメージを与えやすい鳥の糞がこびりついたときは、洗剤を使って洗車してほしい。汚れは時間が経過すると落ちにくくなるので、発見したら早急に洗車しよう。

2. コーティングした車の洗車に適した洗剤の選び方

では、コーティングした車を洗う際にはどんな洗剤を使えばよいのだろうか。洗剤の選び方を紹介する。
一般的なカーシャンプーには中性洗剤とアルカリ性洗剤の2種類がある。アルカリ性の洗剤は油汚れを落としやすく洗浄力が高い反面、コーティングにかかる負担も大きくなる。汚れが落ちるのはよくても、コーティングまで剥がれるのは困るだろう。一方、中性洗剤は洗浄力が穏やかで、コーティングにも負担をかけにくい。そのため、中性洗剤を使って洗車することを推奨する。
中性洗剤を使って洗車する際には、コーティングを剥がさないようにそっと汚れを落とすことが大切だ。強く擦ると剥げや傷の原因になるので注意したい。
それぞれの成分や液性はパッケージの裏面に記載してあるので、使用前に必ず中性洗剤であることを確認してから洗車に使ってほしい。

3. コーティングを長持ちさせる洗車のコツ

車のコーティングは汚れをつきにくくする性質があるので、できるだけ長持ちさせたいだろう。コーティングを長持ちさせる洗車のコツを紹介する。コツを押さえて長持ちさせてほしい。

基本的な洗車のコツ

長持ちさせるにはこまめに洗車をするとよい。力を入れてゴシゴシ擦ると小傷の原因になるので、優しくなでるように作業しよう。
洗車の手順は最初に水でざっと洗い流しておおよその汚れを落とし、スポンジで細かな汚れを取り除いていく。

日や時間帯を選んで洗車する

炎天下の日に洗車すると、タオルなどで拭き上げる前に水分が蒸発する。水道水にはミネラルなどのさまざまな成分が含まれているので、それがボディの表面に残り水垢の原因になる。洗車する際は、炎天下の日は避け、曇っている日や朝、夕方などにするとよい。洗車した後はしっかりと水分を拭き取って、水垢がつくのを防いでほしい。

洗車機は避ける

洗車機はブラッシングが激しいので、洗車機で洗うとコーティングが剥げてしまうこともある。洗車機は避け、手洗いで丁寧に洗車するようにしてほしい。

やわらかい素材で洗車する

硬い素材で洗うとコーティングが剥げてしまうだけでなく、車自体に傷がつく恐れもある。やわらかい素材で洗車することを心がけてほしい。

結論

車のコーティングを長持ちさせるには、洗車の方法や洗剤の選び方には十分注意する必要がある。長持ちさせるコツも踏まえながら、愛車のお手入れをしてみてはいかがだろうか。適切な手入れ方法を覚えて、コーティングをできるだけ長持ちさせてキレイな状態を維持してほしい。
  • 更新日:

    2021年4月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ