このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タオル掛けを洗面所に設置するポイントを解説!オシャレな商品も紹介

タオル掛けを洗面所に設置するポイントを解説!オシャレな商品も紹介

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

2021年4月27日

洗面所のタオル掛けを新たに設置したり、交換したりしたいと考えていてもさまざまな種類の中から、どのように最適なものを選べばよいか分からないという方もいるだろう。そこで今回は、タオル掛けの種類と選び方のポイント、おすすめ製品について詳しく解説する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗面所に最適なタオル掛けの種類

洗面所に使用できるタオル掛けのタイプにはいくつか種類があるため、使い方と特徴をご紹介しよう。

ホルダータイプ

ホルダータイプは、タオルの端を差し込んだり挟んだりして使用するタイプのタオル掛けである。コンパクトなデザインや構造のものが多いため、タオルの着脱が簡単にでき、洗面所の限られたスペースでもタオルを掛けることができるのが特徴だ。

バータイプ

こちらは、バー状のタオル掛けをねじや釘などを使用して壁や家具に備え付けるタイプである。特徴は、タオルを壁や家具から離して掛けることができるため、使用後もタオルが乾きやすく衛生的に使用できる点だ。

ハンガー・スタンドタイプ

こちらは、タオル掛け専用のスタンドを洗面台や洗面所内に置いて使用するタイプである。タオルを広げてかけることのできる幅が確保されていたり、いくつかのタオルを合わせて掛けることが可能であったりと利便性の高さが特徴だ。また、デザインもスタイリッシュであり、省スペースを意図したものが多いため、洗面台のスペースに応じても設置しやすい点もあげられる。

挟み込みタイプ

洗面台の下に備えられたキャビネットの扉などに挟んで使用するタイプのタオル掛けである。特徴は、家具や壁をねじや釘などで傷つけることなく設置することができる点だ。

2. 洗面所のタオル掛けの選び方

こちらでは、洗面所のタオル掛けの選び方のポイントについて解説しよう。

希望する場所に設置できるものを選ぶ

優れた利便性のあるタオル掛けであっても洗面所の使いやすい場所や位置に設置できなければ、意味がなくなってしまう。そのため、タオル掛けを選ぶときには、洗面所の中でもタオルを使いやすい場所に設置できるタイプのものを選ぶことが大切だ。タオル掛けの設置を検討するときには、壁や家具などの状況もよく確認してから選ぶとよいだろう。

タオルが乾きやすいものを選ぶ

使用後のタオルが長時間濡れたままでは、使用感を損ねるだけでなく、雑菌が繁殖してしまう原因となる。洗面所のタオル掛けを選ぶときには、デザイン性だけでなく使用後のタオルが乾きやすいものを選ぶと衛生的にタオルを使用できるだろう。

タオルのサイズに応じたものを選ぶ

洗面所で使用するタオルのサイズは、家庭によって異なる場合もある。そのため、一般的なタオル掛けを選ぶのではなく、使用するタオルのサイズに適したタオル掛けを選ぶことが大切だ。タオルの大きさに対して不適切なタオル掛けを使用すると、タオルが床に落ちやすくなったり、タオルを使用しづらくなったりするため注意が必要である。

素材で選ぶ

タオル掛けは、プラスチックをはじめ真鍮やステンレス素材などさまざまな種類がある。洗面所や家具の雰囲気に応じたものや、それぞれの素材の特徴を活かして使用できるものを選ぶとよいだろう。

3. 洗面所におすすめのおしゃれなタオル掛け

こちらでは、洗面所におすすめのオシャレなタオル掛けをその特徴と合わせてご紹介しよう。

ニトリ「シンク扉用タオルハンガー(ワイド BK)」

こちらは、洗面台の下のキャビネットなどの扉に挟み込んで使用することができる、シンプルな洗練されたデザインのタオル掛けである。特徴は、壁や家具をねじや釘などで傷つけることなく設置できることに加え、幅が30cmあるためタオルを広げて掛けることができる点だ。耐荷重が約1kgであるため、使用後のタオルも安定させて掛けることのできるおすすめ製品である。

キャンドゥ「タオルホルダー」

こちらは、クレープ状の形をしたホルダーにタオルの端を挟んで使用するタイプのタオル掛けである。特徴は、吸盤であるため凹凸のない壁や家具であれば簡単に設置することができ、取り外した後も跡が残らない点である。コンパクトでシンプルなデザインであるため、どの洗面所にも合わせやすいおすすめ製品だ。

山崎実業「ウォールキッチンタオルハンガー」

こちらは、シンプルな構造がオシャレなタオルハンガーである。特徴は、付属品に木ねじ・吸盤(PVC)・マグネットが含まれているため、洗面所の環境や家具に応じた設置方法ができる点だ。タオルを使いやすい位置に、オシャレに設置したい方におすすめである。

結論

今回は、タオル掛けの種類と選び方のポイント、おすすめ製品について詳しく解説した。タオル掛けは、設置位置や構造によっても利便性の高さが異なってくる。ぜひこちらの内容を参考に、デザイン性だけでなく利便性も考慮してそれぞれの洗面所に最適なタオル掛けを選んでいただきたい。
  • 公開日:

    2021年4月26日

  • 更新日:

    2021年4月27日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ