このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
Tシャツの穴を補修する方法は?自分で補修して節約しよう

Tシャツの穴を補修する方法は?自分で補修して節約しよう

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2021年4月19日

お気に入りのTシャツは、ついヘビーローテーションしてしまいがち。気が付くとあちこちにほころびや小さな穴が開いてしまっていることがある。そのまま捨ててしまうのはもったいない。そのようなときには、穴を補修してみよう。簡単な補修の仕方や100均で手に入る補修グッズなども紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. Tシャツの穴補修をかけつぎ依頼した場合の料金

Tシャツの穴の補修は「穴が塞がって目立たなくなればいい」という程度から「穴が開いたことがまったくわからなくしたい」までさまざまレベルがある。高価なブランドTシャツやプレミアムTシャツ、思い出のある大切なTシャツの穴の補修であれば、高い料金を払っても専門家に依頼するべきだ。

かけつぎとは

日本には伝統的な職人技を持つ「かけつぎ職人」という職業がある。穴の開いた服を完璧に元に戻すプロフェッショナルだ。「虫食い」の小さな穴だけではない。1cmくらいの大きな穴やひっかけ傷、タバコの焼け穴、破れ、イラストや模様の上に穴が開いた場合などでも、元のTシャツに復元してくれる。

かけつぎにTシャツの穴の補修を依頼した場合の相場

かけつぎの相場は、穴の大きさや数、布地の状態、直し方などによって料金相場は大きく変わってくる。かけつぎ店に依頼するときには、現物を持って行きどれくらいの料金でTシャツの穴を補修してくれるのか見積もってもらおう。

相場としては、多少穴の跡が目立っても低料金で直したいという場合、3cm未満なら500円程度から補修してくれる。高額になってもいいから、元のように補修してほしいという場合は、5,000~7,000円程度が相場となっている。

2. Tシャツの穴を補修するときの縫い方

自分でTシャツの穴を補修する方法を紹介しよう。コツをつかめば縫って補修することも簡単にできる。

手縫いでTシャツの穴を補修する方法

まずTシャツの色とできるだけ近い糸を探すことが目立たなく穴を補修するポイントだ。穴を補修するためには、「穴かがり」という方法で縫っていく。
  • 針に糸を通してから玉止めする。
  • できるだけ穴の近くに針をくぐらせたら、糸を引いていく。糸を引くことで穴を小さくしていくため、穴から離れたところですくってしまうと、生地が引っ張られてシワになり、不自然な仕上がりになってしまうので注意しよう。また、縫うときのコツは、あまりギュッと糸を引っ張らないことだ。糸とTシャツの生地をなじませるように、ふんわりとした感じで縫っていく。
  • 補修が終わって、外からわからないように玉止めしたら、仕上げにアイロンで修復した部分をつぶしていく。これで、補修した場所が周囲となじんで目立たなくなる。

刺繍やアップリケで穴をカモフラージュする

穴が大きくて、とても補修する自信がない。そのようなときには、刺繍やアップリケで穴をカモフラージュする方法もある。穴につぎ当てをしたら、まわりに刺繍をほどこせば、不自然に見えない。子どものTシャツなら、お気に入りのキャラクターのアップリケを縫い付ければ、子どもも喜ぶ。

3. Tシャツの穴を100均グッズで補修する方法

裁縫がどうしても苦手。そもそも針や糸も手元にない。そのようなときでもTシャツの穴の補修はできる。100均の補修グッズを活用しよう。

補修布

裁縫が苦手な方におすすめなのが、100均で購入できるアイロン接着タイプの補修布だ。1枚8cm×10cmの大きさで、6色セットになっているので、補修したいTシャツの色に合わせて選ぶことができる。
補修したい穴よりもやや大きめに補修布をカットして、Tシャツの裏側から接着面を当てる。当て布をして、中温にしたアイロンを10秒間程度強く押し付ければ完成だ。

補修用布シールや手芸用ボンド

そもそも、針もアイロンも持っていない。そのような場合には補修用布シールや手芸用ボンドで穴を修復しよう。補修用布シールは、シールを補修箇所よりも大きめに切ってから、シワにならないように圧着するだけだ。補修したいTシャツと同じ素材や色があれば、それを共布として手芸用ボンドを使ってシールと同じ要領で補修することができる。

結論

お気に入りのTシャツに穴が開いてしまった場合、いろいろな方法で補修することができる。穴を完璧に修復するためには、やはり専門家に依頼したほうが無難だ。それほど完璧でなくてもいいという場合には、穴かがりをして補修するか、刺繍やアップリケでカモフラージュするという方法もおすすめだ。裁縫が苦手でも、100均では穴を補修するためのグッズがいろいろあるので、試してみよう。
  • 更新日:

    2021年4月19日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ