このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
換気扇は24時間つけっぱなし?電気代と節約のコツを解説!

換気扇は24時間つけっぱなし?電気代と節約のコツを解説!

投稿者:ライター 西村七海 (にしむらななみ)

2021年5月17日

換気扇は、こまめに止めるご家庭が多いかもしれないが、24時間つけっぱなしにするのがおすすめだ。換気扇のつけっぱなしには、メリットが多い。とはいえ、気になるのは電気代ではないだろうか。当記事では、換気扇をつけっぱなしにするメリットと、電気代や節約のコツを解説する。ぜひ参考にし、換気扇を効果的に使ってほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 換気扇の電気代は高い?

換気扇をつけっぱなしにすると、電気代が高くなってしまうのでは?と心配になるかもしれない。そこで、キッチン、トイレ、お風呂場の場所別に、換気扇の電気代を解説していこう。意外にも、換気扇の電気代が安いことがわかる。

キッチンの換気扇の電気代

キッチンの換気扇の消費電力は30Wほどである。24時間、30日間つけっぱなしにすると、30W×24時間×30日で21.6kWh。電気代は1kWhあたり26円前後の地域が多いため、キッチンの換気扇を24時間稼働させると、1ヶ月あたり560〜600円ほどとなる。

トイレの換気扇の電気代

トイレの換気扇の消費電力は3Wほどと非常に小さい。24時間、30日間稼働させると2.16kWh。キッチンと同様に計算すると、1ヶ月あたり56円ほどとなる。

お風呂場の換気扇の電気代

お風呂場の換気扇の消費電力は20W前後である。24時間、30日間稼働させると14.4kWh。つまり、1ヶ月あたり374円ほどの電気代がかかる。

2. 電気代がかかるけど換気扇は24時間つけっぱなしがいい理由

換気扇の電気代が比較的安いとはいえ、つけないよりは電気代がかかる。それでも24時間つけっぱなしにするのがおすすめとされるメリットを見てみよう。

嫌なにおいを抑えられる!

トイレやキッチンの換気扇をつけっぱなしにすると、嫌なにおいの充満を防ぐことが可能だ。とくにキッチンの換気扇は大きく、個室に設置されているわけではないため、広い空間の換気に効果がある。においが気になり始めたタイミングで換気扇をつけても、なかなかにおいが消えないという経験をしたことはないだろうか。換気扇をつけている間は常に室内の空気を外へ排出し、新鮮な空気を取り入れている状態になる。電気代も比較的安いため、におい対策としても、つけっぱなしがおすすめだ。

黄砂や花粉対策になる!

黄砂や花粉は、洗濯物や外出したときの衣類に付着して家の中に入ってしまう。換気扇はにおいや煙を吸い込むだけでなく、花粉や黄砂も外へと排出してくれる。

カビや結露を防げる!

換気扇で湿気を排出することができる。つまり、カビや結露の発生を防げるのだ。とくに浴室は湿気がたまりやすい場所。入浴後に換気扇をつけるご家庭は多いかもしれないが、つけっぱなしにして常に湿気を排出するのがおすすめだ。

家の寿命を延ばせる!

湿気や喫煙によるにおいがこびりつくと、家屋の寿命を縮めてしまう。お風呂場などの目に見えるカビももちろんだが、見えない場所に発生するカビは知らず知らずのうちに家屋を傷める。常に換気扇を稼働させておくことで、家屋の建材を湿気から守ることが可能だ。換気扇を24時間つけっぱなしにしながら電気代を節約するコツを次章で解説する。

3. 換気扇の電気代を節約するコツ

換気扇を効率よく使うことで、電気代を抑えることができる。効果を高めながら、電気代の節約も意識してみよう。

換気扇を掃除する

換気扇が汚れていると、本来の性能を発揮できなくなる。空気の通り道は、キレイな状態を保つ必要がある。とくに、キッチンの換気扇は油汚れがたまりやすい。定期的に掃除をするのが望ましい。

換気扇を使う場所は密閉する

換気扇の効果は、密閉された空間の方が高まる。入浴後は窓を開けて換気をすることが多いかもしれないが、換気扇を回すのであれば、窓は閉めた方が効果的だ。トイレや浴室の換気扇をつけっぱなしにするときは、密閉を意識しよう。

エアコンとの併用は注意する

換気扇は室内の空気を外へ排出し、外の空気を取り入れる。つまりエアコンが効いている部屋で換気扇を強く稼働させると、快適な部屋の空気が排出され、外気が大量に入ってくる。エアコンの効きが悪くなることで、電気代が上がってしまう。エアコンと併用する際は、換気扇の風量を抑えるとよいだろう。

結論

換気扇の電気代は、24時間つけっぱなしにしても意外と安い。嫌なにおいの充満を防いだり、結露やカビの発生を防いだり、家屋の寿命を延ばしたり、換気扇のつけっぱなしにはメリットが多い。気になる電気代はコツを押さえて節約し、ぜひ換気扇の24時間つけっぱなしを取り入れてみよう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月17日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ