このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
浴室換気扇をもっと知ろう!清掃方法や交換について解説

浴室換気扇をもっと知ろう!清掃方法や交換について解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年5月 4日

浴室を清潔に保つためには浴室換気扇が欠かせない。長時間使い続けるものであり、放っておくと汚れもたまっていくため、日々の清掃や点検をする必要がある。異常がある場合は交換も検討しなければいけない。そこで今回は、浴室換気扇について、役割や清掃方法、交換が必要なケースや交換にかかる費用などを解説する。

  

1. 浴室換気扇はつけっぱなしがおすすめ

浴室換気扇はこまめにつけたり消したりするより、24時間つけっぱなしがよいとされている。浴室換気扇をつけっぱなしにすべき理由を、まずは解説する。

カビの発生を抑える

浴室換気扇をつけっぱなしにすることで、カビの発生を抑えられる。浴室は湿気がたまりやすい場所のため、カビが発生しやすい。換気扇の効果はつけている間だけなので、1時間でも換気扇を止めてしまうと、カビの発生に適した湿度に戻ってしまう。そのため、浴室換気扇はつけっぱなしが基本だ。

嫌なにおいが残らない

浴室を使用したあとのせっけんカスや髪の毛などが原因で、生乾きのような悪臭が残る場合がある。換気扇をつけないとにおいは浴室にたまってしまう。浴室換気扇をつけっぱなしにすることで、悪臭がたまるのを防ぎ、浴室を快適な状態に保てる。

2. 浴室換気扇の掃除方法

浴室換気扇が汚れているとカビの発生や故障につながるため、定期的な清掃が必要だ。次に、浴室換気扇を掃除する頻度やカバーの外し方、掃除の仕方を紹介する。

頻度は3カ月に1回

浴室換気扇の清掃は、3カ月に1回が目安だ。また、カバーの表面に付くホコリなどは1週間に1回程度、拭き取るようにしよう。

カバーの外し方

浴室換気扇のカバーは固定され外せないタイプと、針金で固定されているタイプがある。針金のタイプは手で下に引っ張るとカバーが開き、V字の針金が見えるはずだ。そのV字の部分を指で押さえながら、カバーを下に引っ張ると外せる。

清掃の仕方

カバーが固定されて外せないタイプは、当然換気扇の中まで掃除ができない。その場合は、カバーとフィルターだけを掃除しよう。カバーが外せるタイプの清掃は下記のとおりである。

1.漏電やけがにつながる恐れがあるため、換気扇のスイッチとブレーカーは必ず切る。
2.換気扇のカバーを外し、カバーに付いた大まかなホコリは掃除機で吸い取る。
3.カバーを水洗いする。汚れがひどい場合は中性洗剤を使う。カバーの隙間部分は歯ブラシを使うと落としやすい。
4.換気扇内部の汚れを掃除する。ファンや細かい部品を外せる場合は、カバーと同じように掃除する。元に戻せるように取り出した部品の順番は覚えておこう。
5.カバーや取り出した部品と内部を乾かしたら、元に戻して完了だ。

3. 浴室換気扇の交換が必要なケース

浴室換気扇の寿命はどのくらいだろうか。また、故障している場合はどのような症状が出るのだろうか。

浴室換気扇の寿命は?

浴室換気扇の一般的な寿命は、8年から15年である。浴室換気扇も家電製品なので、見た目に異常はなくても使い続けるとファンやモーターの劣化は進んでいる。そのため、10年くらいを目安に交換するのが理想的だ。

故障しているときの症状

一般的な寿命の時期を迎えなくても、下記の症状が見られる場合は故障の可能性がある。

・スイッチを入れても動かない
・風量が弱い、うまく換気されない
・異音や振動がする
・異臭がする

これらの症状が起こる原因は、ホコリや水垢汚れ、湿気によるサビが考えられる。単純に汚れが詰まることで発生している場合もあるので、まずは掃除を試してみよう。それでも症状が改善されなければ交換が必要になる可能性があるため、一度業者に点検を依頼しよう。

4. 浴室換気扇の交換にかかる費用

浴室換気扇の交換は業者に頼む必要があるが、業者に頼むときに気になるのが費用だろう。最後に浴室換気扇の交換にかかる費用の相場を紹介する。

交換は業者に依頼する

浴室換気扇の交換は、自分でできると考えるのは危険だ。交換には配線工事やアース工事など、電気工事士の資格が必要な作業が伴う。知識のない状態で作業すると、漏電や感電によって事故につながる恐れがある。必ず専門の業者に依頼しよう。

交換にかかる費用の相場

浴室換気扇の交換にかかる費用の相場は、2.5万円から5万円が相場である。サイズの異なる機種に変更や、複雑な工事が必要でなければ、このくらいの金額で収まるだろう。また修理の場合は、高くても1.5万円程度が相場だ。これ以上に修理の費用がかかるときは、再度故障するリスクを考えても新しい換気扇に交換する方がよいだろう。

結論

浴室換気扇はつけっぱなしが基本で、本格的な清掃は3カ月に1回行う。浴室換気扇の寿命は8年から15年である。それまでに不具合が発生した場合は清掃を試してみて、改善しないときは早めに業者に見てもらおう。浴室換気扇の交換は、2.5万円から5万円が相場だ。業者によって費用の差があるので、余裕があれば何社かに見積もりを取り比較しよう。
  • 更新日:

    2021年5月 4日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ