このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗車で傷がつく原因は?車体を守る洗車のコツや傷の消し方を解説

洗車で傷がつく原因は?車体を守る洗車のコツや傷の消し方を解説

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2021年5月 3日

洗車した後に車の塗装についた細かい傷が気になったことはないだろうか。今回は、洗車で傷がつく原因や傷の消し方を紹介する。また、傷がつかない洗車の方法も紹介するので、自身で洗車する際の参考にしてほしい。大切な愛車に傷がつかないように十分留意しながらキレイに洗車しよう!

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗車で傷がつく原因

ふとしたときに愛車に傷がついているのを発見したことはないだろうか。この車の傷はどうしてついてしまうのか。実は洗車時に細かい傷がつくことがある。洗車で傷がつく原因を解説する。
車体の表面に砂などがついた状態でスポンジで擦ることで傷がつく。拭き取り時のクロスやタオルにゴミがついていることも傷の原因になるので十分留意したい。
ほかにも、洗車時に使用するスポンジやタオルが汚れていたり硬くなっていたりすることで傷がつくこともある。
また、洗車機で車を洗車するとたくさんの小傷がついてしまう可能性もある。最近の機械はブラシ素材や洗車方法の改良により傷がつくリスクは減ってはいるものの、洗車機の使用時には注意が必要だ。

2. 車体が傷つかない洗車のコツ

愛車に傷をつけずに洗車したいものだ。車に傷がつかない洗車のコツを紹介しよう。コツを押さえて自身で洗車する際の参考にしてほしい。

道具類の選び方

車の水分を拭き取る際のタオルは、マイクロファイバーがおすすめだ。マイクロファイバーは吸水性が高くきめ細かい繊維で作られているので、車のボディを傷つけることなくキレイに水分が拭き取れる。
また、シャンプーは研磨効果のあるものを選んでしまうと傷の原因になることがある。シャンプーを選ぶ際は研磨剤の入っていないものを選んでほしい。

洗車手順

  • 水で予洗いする
    (車体全体に水をかけできるだけ砂などを取り除く。)
  • シャンプーをよく泡立てスポンジで汚れを落とし、泡を水で洗い流す
    (水で洗うだけよりもシャンプーを使って洗う方が、汚れを浮かしやすくよりキレイに洗える。スポンジで擦る際は、やさしくなでるように擦るとよい。)
  • 清潔なマイクロファイバークロスなどで水分を拭き取る
    (古いものは汚れがついていたり、劣化して硬くなっていたりすることがあるので新しいものに交換する。)

3. 洗車の傷を消す方法

洗車時に傷がつくと気になって仕方がないだろう。コンパウンドを使った傷の消し方を紹介する。なお、厳密に言うと傷を直すのではなく目立たなくする方法なので留意してほしい。洗車でつく傷は浅いものがほとんどなので、コンパウンドで十分目立たなくさせられるだろう。

コンパウンドを使って磨き上げる

コンパウンドは洗車してから使用するように留意してほしい。

必要なもの
  • コンパウンド
  • スポンジ
  • クロス
  • ワックス
手順
  • スポンジにコンパウンドを適量つける
  • 傷とその周辺(50cm四方)にスポンジを押し当て一方向に磨く
    (キュッキュという音が鳴ると正しく磨けている。)
  • 傷が目立たなくなったらクロスで拭き取る
  • 先ほどよりも目の細かいコンパウンドで2のように磨き、3のように拭き取る
    (コンパウンドの目の荒さを変更するときはスポンジも新しいものに替える)
  • 最後に車の表面にワックスをかけて仕上げる

結論

車の表面に砂などの汚れがついていると洗車時に傷がついてしまうことがある。洗車する際は、水で十分汚れやゴミを落としてからシャンプーで洗ってほしい。また、仕上げる際はキレイなマイクロファイバーを使って水分を拭き取ってほしい。万が一愛車に傷がついているのを発見したら、コンパウンドを使ってみよう。傷を目立たなくできるので、愛車の見た目をキレイに保てるだろう。
  • 更新日:

    2021年5月 3日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ