このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗車用フォームガンの選び方は?正しい使い方とおすすめ3選

洗車用フォームガンの選び方は?正しい使い方とおすすめ3選

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2021年8月15日

洗車アイテムであるフォームガンをご存知だろうか。自宅で本格的な洗車ができると注目されている。フォームガンとはどのような洗車アイテムなのか。洗車用フォームガンのメリット・デメリット、さらに選び方や正しい使い方、おすすめも紹介しよう。

  

1. 手軽に洗車できるフォームガンとは?

洗車用のアイテムにはいろいろなものがある。そのなかで注目されているフォームガンとは、どのような機能を持ったアイテムなのだろうか。

フォームガンの特徴は泡で洗車すること

フォームガンはホースに取り付けて洗車するアイテムだ。ホースから出た水とフォームガンにセットした洗剤を混合させて、泡状にして噴射することができる。そのほかにも、手動式やコンプレッサーに接続することで高圧洗浄できるタイプのものもある。
スポンジで泡立てて手洗いするよりも、簡単で汚れも落ちやすい。手が届きにくいルーフや車体下も簡単に洗車することができる。

2. 洗車用のフォームガンのメリットとデメリット

フォームガンがあると本格的な洗車ができるので、愛車をいつもピカピカにしておきたいという方にとっては興味があるだろう。購入を検討する前に、どのようなメリット・デメリットがあるのがチェックしておこう。

洗車用のフォームガンのメリット

洗車用フォームガンのメリットは、自宅で簡単に本格的な洗車ができるということだ。タンクに洗剤を入れてホースにつなぐだけで、きめ細かな泡洗車ができる。泡を使って洗車することで、ボディーへのダメージを最小限に抑えることができる。
また、フォームガンの水圧によってほとんどの汚れをはがすことができるので、洗車の時短ができるというメリットもある。ガソリンスタンドで泡洗車をする場合、2,000円以上かかることもある。フォームガンは自宅で泡洗車ができるため、長い目で見れば大幅な節約にもなる。

洗車用のフォームガンのデメリット

洗車用のフォームガンのデメリットは、初期費用がかかるという点だ。スポンジとバケツがあれば十分だという方にとって、数千円の出費は無駄に思えるかもしれない。また、より完璧な泡洗浄を望む場合エアコンプレッサーが必要となるため、さらに出費が重なるだろう。
フォームガンによっては、発泡性能や洗浄力が思ったよりも劣っている場合がある。フォームガンで洗車したあと、残った汚れをスポンジで擦って落とすことになるため、かえって時間がかかってしまうこともある。

3. 洗車用フォームガンの選び方

洗車用フォームガンにもいろいろな種類がある。使いやすいタイプを選ぶことが大切だ。

3タイプから選ぶ

洗車用フォームガンには「手動式」「ホース接続式」「エアコンプレッサー接続式」の3タイプがある。
手動式のフォームガンは、水も電源も必要がないので洗車場所を選ばないというのが最大の魅力だ。手動で圧力を加えながら泡を噴射する。
ホース接続式はホースを用意するだけなので、すでにガーデニングなどでホースを使っているという場合には、初期費用を抑えることができる。
エアコンプレッサー接続式は圧力によって濃密な泡を作り、取れにくい汚れも水圧によって洗い流すことができる。すでにエアコンプレッサーを持っているならこちらのフォームガンがおすすめだ。

ノズルの噴射幅が調節できる

洗車用フォームガンのノズルは、噴射幅が調節できるものを選びたい。ルーフなど広い面を洗車する場合には、噴射幅が広い方が使いやすい。また、ゴミが溜まりやすく、こびり付いて取れにくい窓回り、ボディ下などは、細いノズルの方が勢いがあるため泡が入り込みやすい。このように洗う場所によってノズルの噴射幅が調節できるフォームガンを選ぼう。

4. 洗車用フォームガンの使い方

洗車用フォームガンは、タイプが違っても基本的な使い方は同じだ。ステップを守ることで車体にダメージを与えずに洗車することができる。

水で予洗いをする

洗車用フォームガンを使う前に、水で車体に付着した泥や砂などの汚れをできるだけ取り除いておこう。泥や砂をそのままにしておくと車のボディに傷をつけてしまう可能性があるからだ。この予洗いは、車の塗装を細かい傷から守るために必ず行おう。

フォームガンで洗車する

ホースやエアコンプレッサーなどにフォームガンを取り付けて、車体にまんべんなく泡をかけていく。泡をかけていく順番も大切だ。掃除と同じで上から下へが基本となる。具体的には、ルーフからタイヤの順番となる。

水で泡を落とす

車全体を泡で包み込んでなじませたら、水道水で洗い流す。ここまでの工程で、しつこい汚れも弛んでいるので、あまり強い水圧をかけなくてもOKだ。泡が残らないように、しっかりと洗い流そう。

汚れが残っていないかチェック

泡を洗い流したあと、汚れがこびりついていないかチェックしよう。汚れが落ちていないようなら、スポンジなどでこすり洗いする。

水を拭き取る

水道水にはカルキが含まれており、乾くとカルキが浮き出てしまう。とくに黒っぽい車体ではカルキ跡が目立ってしまうため、必ず車体に水滴が残らないように乾拭きをしよう。

5. 洗車用フォームガンのおすすめ3選

洗車用フォームガンには3つのタイプがあると説明した。「手動式」「ホース接続式」「エアコンプレッサー接続式」それぞれのおすすめを紹介しよう。

Sutekus「泡洗車発泡フォームガン」

エアコンプレッサーを接続して使うフォームガンだ。家庭にもある中性洗剤と水を1:9で混ぜるだけで高発泡の泡が効率よく車の汚れを包み込んで、洗車の際に注意したい傷を付きにくくして愛車を守ってくれる。ムース状の泡は液だれすることなく、車体に密着して洗浄効果をさらにアップする。

テクノトレード「フォームジェット」

テクノトレードのフォームジェットは、手動式の洗車用フォームガンとして人気がある。水道水の出ない場所や電源のない場所でも洗車ができるのが魅力。水流と泡噴射の2WAYで使える。広角、鋭角と噴射が調節できるのも特徴だ。洗剤の配合を変えることで、よりクリーミーな泡を作ることができる。

MJJC 「フォームガン」

本体や接合部分がプラスチックでできているので軽く、女性でも簡単にフォームガンを使いこなすことができる。さまざまなエアコンプレッサーや高圧洗浄機に接続することができて、泡立ちのよさで定評のあるフォームガンだ。

結論

洗車用フォームガンは、自宅でも簡単に本格的な洗車ができるアイテムだ。手動式をはじめ、ホースやエアコンプレッサーに接続して使うことができるものもある。フォームガンを使って洗車するときには、必ず水で予洗いをして、泥や砂を取り除こう。さらに、水で泡を流した後は、乾拭きすることでピカピカの仕上がりになる。
  • 更新日:

    2021年8月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング