このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
狭いベランダもオシャレに有効活用しよう!賃貸でもOKな方法を紹介

狭いベランダもオシャレに有効活用しよう!賃貸でもOKな方法を紹介

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

鉛筆アイコン 2021年8月10日

新型コロナウイルスの影響から、自宅で過ごす時間が増えた方も多いだろう。しかし、室内で過ごす時間が長くなると、息が詰まることもあるはず。そのような方におすすめなのがベランダの有効活用だ。ベランダは洗濯物を干すだけでなく、ガーデニングやBBQスペースなど、工夫次第で自分好みに活用できる。この記事では、ベランダの上手な活用方法を解説する。活用時の注意点や便利なアイテムも紹介するので、参考にしてほしい。

  

1. 物干し専用じゃもったいない!ベランダ活用のコツ

ここでは、ベランダを有効活用するコツを解説する。ベランダと似ているバルコニーやテラスとの違いも紹介するので、参考にしてほしい。

バルコニーやテラスとの違い

ベランダは、建物の2階以上で屋根が付いている張り出し部分のことだ。バルコニーも2階以上の張り出し部分を指しているが、ベランダとは違い屋根がない。また、テラスは1階にある屋外部分を指し、ベランダとは高さが異なる。

有効活用するためのコツ

ベランダを有効活用したいのであれば、まず掃除をするのが大切だ。掃除の際には、ベランダにある不要な物も片付けて、スペースを最大限に使えるようにするとよい。

掃除が終わっても、すぐに物を配置するのはおすすめできない。ベランダの使用目的が定まっていないと、散らかった印象になってしまうからである。

ベランダは、ガーデニングやカフェスペースなど、工夫次第でさまざまに活用できる。どのようにベランダを活用したいのかを考えて、イメージを固めるのが大切だ。

2. 理想のベランダ活用法は?イメージ作りと注意点

ここでは、ベランダの上手な活用方法を解説する。イメージ作りをする際の注意点も併せて紹介するので、参考にしてほしい。

活用法1.カフェスペースとして

ベランダをカフェスペースとして活用する方法だ。小型の椅子とテーブルを設置するだけで、簡単にカフェスペースができる。コーヒーを飲みながら読書を楽しんだり、ランチを食べたりなど、カフェ気分を味わいたい方におすすめだ。

活用法2.ガーデニングスペースとして

庭が狭い、または賃貸マンションなどに住んでいて、そもそも庭がない方もいるだろう。そのような方にとくにおすすめなのが、ベランダをガーデニングスペースとして使うことだ。プランターや植木鉢を使えば、ベランダでも簡単に好きな花や野菜を育てられる。ガーデニングを楽しみたい方は、ベランダを活用するのもよいだろう。

活用法3.仕事場として

仕事をするスペースとして、活用することも可能だ。室内での作業は、ときに息が詰まることもあるかもしれない。そのようなときでも、ベランダに作業スペースが設けてあれば、外の空気を感じながら作業が可能だ。

活用法4.アウトドアスペースとして

アウトドアを楽しむためのスペースにも活用できる。テントを張ってキャンプ気分を味わったり、バーベキューをしたりするのも可能だ。夏にはビニールプールを設置して、子どもが水遊びできる空間にするのもよいだろう。自宅でアウトドア気分を楽しみたい方には、とくにおすすめである。

注意点

ベランダを洗濯物干し以外の用途で活用する際には、いくつか注意してほしい点がある。

・子どもだけで遊ばせない
ベランダで子どもを遊ばせる場合、子どもから目を離さないように注意が必要だ。ベランダの手すりを飛び越えて、落下してしまう可能性があるからである。椅子や机を設置した場合は、それらを使って危険な行動に移る可能性があるので、とくに注意してほしい。また、ベランダは、ほかの人も出入りできる場所だ。防犯面でも安心とはいえないため、ベランダで子どもを遊ばせる際は、目を離さないようにしよう。

・耐荷重に注意する
ベランダは、基本的に洗濯物を干すスペースだ。そのため、そこまで重さに耐えられる仕様になっていないことも。家具などを載せていくと耐荷重がオーバーしてしまう可能性もあるので、十分注意してほしい。

・ゴミの取り扱いに注意する
ゴミの取り扱いにも注意が必要だ。ベランダで出たゴミを放置していると、カラスに荒らされたり悪臭の原因となったりする可能性がある。ゴミはそのまま放置せずに、フタつきのゴミ箱に入れるなどの工夫をしよう。

・賃貸ではベランダが共有部分に当たる
賃貸マンションなどの場合、ベランダが共有部分に当たることも忘れてはならない。賃貸では、ベランダが避難経路になっている。そのため、隣室との間に隔て壁があったり、避難はしごが設置してあったりするのだ。ベランダに物を設置する際には、避難経路を妨害しないように注意してほしい。

3. 狭くてもできる!ベランダをガーデニングに活用

自宅の庭が狭かったり、庭がなかったりしてガーデニングを楽しめていない方もいるかもしれない。そのような方は、ベランダをガーデニングに活用するのもよい方法だ。ここでは、ベランダをガーデニングに活用する方法を解説する。

始める前の注意点

ガーデニングに活用する際には、注意してほしい点がいくつかある。

・重量オーバーしないように注意する
ガーデニング用品の設置で、ベランダの耐荷重を超える可能性もある。重量オーバーすると非常に危険であるため、ガーデニングを始める前に、ベランダの耐荷重を確認しておくとよいだろう。

・ベランダの柵に物をかけたり、置いたりしない
ベランダの柵にプランターなどを、かけたり置いたりすると、落下して通行人や階下の住民に当たってしまう可能性がある。また、水やりの際にも階下へ水が垂れたり、土や葉が落ちたりする可能性があるのだ。トラブルになりかねないので、ベランダの柵には物をかけたり置いたりしないようにしよう。

・賃貸物件の場合は規約の確認と避難経路の妨害しないように注意する
賃貸の場合は、規約違反に当たらないかの確認が重要だ。また、ベランダは非常時の避難経路であるため、避難経路を妨害しないように注意しよう。隣室との境にある避難壁の前や避難はしごの上をふさがないことが大切だ。賃貸マンションなどのベランダは、共有スペースであることを忘れずに使おう。

ガーデニング方法

1.ベランダへの風の通り具合や光の差し込み方を確認する
2.ベランダのスペースを測る
3.育てたい植物を植木鉢に植えて、好きな位置に置く

まずは、ベランダへの風の通り具合や、光の差し込み方を確認しよう。風通しや日当たりの具合などによって、育てるのに最適な植物が変わるからである。その後、ベランダの広さや高さなどを測り、スペースに合わせたガーデニングをしよう。室外機の上に専用のカバーをかぶせて、その上に植木鉢を飾ったり、チェーンなどを使って物干し竿に鉢をぶら下げたりするのもおすすめだ。ベランダの広さや環境に合わせて、ガーデニングを楽しもう。

4. 工夫次第で手軽にイメチェン!ベランダ活用グッズ

ここでは、ベランダの雰囲気を簡単にガラッと変えられる、便利なグッズを紹介する。ベランダをオシャレな雰囲気に変えたい方は、ぜひ参考にしてみてほしい。

ガーランド

ガーランドを飾るだけで、簡単にオシャレな雰囲気に変えられる。ベランダの柵の部分に吊るしたり、テーブルの上に置いたりして活用するとよいだろう。

ウッドパネル

ベランダの床を木目調に変えられるアイテムだ。ウッドパネルを床に敷き詰めるだけで、オシャレな印象に変えられる。ベランダが一気にオシャレになるので、ぜひ活用してみてほしい。

キャンドル・ライト

キャンドルやライトを活用するのもおすすめだ。夜にライトアップすれば、日中とはまた違ったオシャレな空間を楽しめる。ライトには、アンティークなものから模様の入ったオシャレなものまで、さまざまな種類があるので、理想の空間に近づけられるものを選ぶとよいだろう。

結論

ベランダは、洗濯物を干すだけでなくガーデニングやアウトドアスペースなどさまざまな用途で使える場所。オシャレに活用できるように、イメージ作りはしっかり行おう。ベランダを活用する際には、耐荷重や物の配置場所に注意が必要だ。とくに賃貸マンションなどの場合は、ベランダが避難経路に当たるため、避難経路を妨害しないように注意してほしい。ベランダを有効活用して、より快適な生活を送ってみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2021年8月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング