このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
棚のDIYアイデア7選!簡単で安いのにオシャレな棚が作れる!

棚のDIYアイデア7選!簡単で安いのにオシャレな棚が作れる!

投稿者:ライター 西村七海 (にしむらななみ)

鉛筆アイコン 2021年9月10日

収納やインテリアとしても活躍する棚。購入するのもよいが、DIYで自分好みの棚を作ってみるのはいかがだろう。アイデア次第では、簡単で安くオシャレな棚を作ることができる。棚のDIYアイデアをまとめるので、挑戦してみたい方はぜひ参考にしてほしい。

  

1. 棚をDIYするための基本の道具

棚をDIYするには道具が必要だ。まずは棚のDIYに使う基本的な道具を知っておこう。

2×4材や金具、電動ドライバーなど基本の道具をそろえよう

・電動ドライバー
・のこぎり
・金槌
・さしがね
・サンダー
・木工用ボンド
・2×4材
・棚板
・アジャスター
・棚受け金具

棚のDIYには、上記のような道具をそろえておくとよい。

2. 棚をDIYする際は「強度」に注意しよう

棚にはさまざまな物をのせることになる。棚のDIYをする際は、強度に注意しよう。

棚受けと棚板のバランスが大切

棚の強度には、棚受けと棚板のバランスが影響する。バランスが悪いと重みに耐えられなくなるおそれがあるためだ。棚板の奥行きに対し、棚受けの長さが60%以上あるとよいだろう。

3. 簡単で安い!100均アイテムでオシャレな棚をDIYするアイデア

初めてのDIYは、成功するかどうか不安があるだろう。いきなりコストをかけるのはハードルも高い。そこで、簡単で安い、100均アイテムを使ったオシャレな棚のDIYアイデアを紹介しよう。

焼杉の杭とウッドフェンスを使った棚の作り方

1.焼杉の杭の先端のとがりをカットする
2.ガーデニングフェンスの差し込み部分を杭の幅に合わせてカットする
3.ガーデニングフェンス裏の固定用木材の両側にボンドをつける
4.焼杉の杭を接着する
5.同様の手順で同じ物をもう1つ作る(棚の柱になる)
6.引き出しになるストレージボックスの両側に、棚の柱を設置
7.ストレージボックスを両側の棚の柱にねじ留めする
8.できた棚の幅に合わせて、焼杉の杭を1本カットする
9.棚の一番下に7.でできた木材をはめてねじ留めする

この棚をDIYする際のポイントは、引き出しになるストレージボックスの幅に合わせてピッタリと作ることだ。

すのこを使った棚の作り方

1.すのこ3枚を縦半分にカットする
2.カットしたすのこ2枚を直角に合わせて木工用ボンドで接着する
3.1.でカットしたすのこ2枚を立てて裏側を向かい合わせにする
4.2.で作った物を含め、残ったすのこを棚板として3.に引っ掛ける
5.両面テープで仮止めしてから木工用ボンドで棚板を接着する

最初にカットしたすのこのうち2枚を棚の柱とし、裏側にある固定用の木材に棚板を引っ掛ける方法だ。両面テープで仮留めすることで、ボンドでの接着がスムーズにできる。

4. 2×4材を使った本格的な棚のDIYアイデア

ホームセンターなどで購入できる2×4材は、DIYの定番アイテム。2×4材の端に取り付けて、天井と床でしっかりと突っ張ることができるアジャスターのラブリコと一緒に使用するのがおすすめだ。2×4材とラブリコを使えば、本格的な棚をDIYすることができる。

2×4材とラブリコを使った棚の作り方

1.2×4材を2本取り付けたい場所の長さにカットする
2.1.を棚の柱とし、その間に棚板となる2×4材を釘打ちする
3.1.の柱にラブリコを取り付ける
4.好きな場所に設置する

棚の柱になる2×4材は、あらかじめ設置したい場所の高さを測っておき、購入の際に店頭でカットしてもらうとよい。リビングや洗面所の壁面収納、キッチンの調味料ラックなど、使い勝手のよい2×4材をさまざまな棚作りに活用してみよう。

5. 酒瓶など重いものをのせる棚のDIYアイデア

棚といっても、飾るものによって求められる強度は異なる。酒瓶など、重いものをのせる棚のDIYアイデアを見ていこう。

1×6材を使った酒棚の作り方

1.1×6材を作りたい棚の高さと幅にカットする
2.丸棒を棚の幅に合わせてカットする
3.棚板をつける位置に印をつけて下穴をあける
4.電動ドライバーを使って棚板をビスで固定する
5.電動ドライバーを使ってストッパーになる丸棒をビスで固定する

棚板が平行にまっすぐになるよう固定するのがポイントだ。丸棒は酒瓶が転げ落ちにくくするストッパーの役割になる。細いため、ビスが飛び出さないよう慎重に固定しよう。丸棒の代わりに、アイアンバーを取り付けてもオシャレになる。木材にペイントをするなど、ぜひアレンジしてみよう。

6. 洋服を収納する棚のDIYアイデア

いつの間にか増え、収納スペースに困ることが多い洋服。使いやすい棚をDIYするアイデアを紹介しよう。

カラーボックスとパイプを使った子どもの洋服収納棚の作り方

1.縦向きの状態でカラーボックスを2つ並べる
2.カラーボックスの間にステンレスパイプを取り付ける
3.カラーボックスの上部に天板となる板をのせてビスで固定する

カラーボックスの間に渡したパイプに、子どもの洋服をかけられる棚のDIYアイデア。上部に天板を取り付けることで、さらに収納スペースも増えるだろう。カラーボックスはそのままでも棚として十分便利なアイテムだが、アイデア次第でさらに幅広い使い方ができる。

7. 賃貸でもできる!壁にオシャレな棚をDIYするアイデア

賃貸は壁や床などに傷がつかないよう注意しなければならないため、できるDIYが限られるケースもある。そこで便利なのが、2×4材を使った棚の作り方でも登場したラブリコだ。似た商品にディアウォールというアイテムもあり、どちらも壁に穴をあけることがないため、賃貸でもオシャレな棚のDIYを楽しめる。

2×4材と有孔ボードを使った棚の作り方

1.高さを測ってカットした2×4材にディアウォールを取り付ける
2.棚を作りたい壁に1.を設置する(壁の広さに合わせて数本)
3.電動ドライバーを使って、ビスで有孔ボードを2×4材に固定する
4.有孔ボードに棚柱と棚受け金具を取り付ける
5.棚板をのせる(金具によっては固定する)

壁一面を有孔ボードで覆ってしまうDIYアイデア。賃貸の壁は直接ビスで固定できないため、2×4材とディアウォールで柱を設置しておき、そこへ取り付けている。

2×4材とディアウォールを使った棚の作り方

1.高さを測ってカットした2×4材にディアウォールを取り付ける
2.壁面に幅の広い面を手前にして1.を2本設置する
3.棚受け金具を取り付けて棚板を固定する

2×4材とディアウォールを使ったシンプルな棚のDIYアイデア。木材や金具を好きな色にペイントし、お好みの雰囲気に仕上げるのがおすすめだ。

8. オシャレな棚をDIYして個性的な空間に仕上げよう

収納やインテリア小物を飾るスペースとしても使う棚。市販の棚は大きさがフィットしないことや、イメージ通りの見た目でないこともあるだろう。そのようなときは、思い切ってDIYに挑戦するのがおすすめだ。自分好みの棚を作り、個性的な空間に仕上げよう。

結論

DIYがブームとなっている近年。自分で棚を作りたいと考える方も多いだろう。シンプルな棚であれば、初心者でも挑戦しやすいはずだ。必要な道具をそろえ、当記事のDIYアイデアを参考に、ぜひ棚のDIYを楽しんでみてほしい。
  • 更新日:

    2021年9月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング