このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ミニマリストの部屋の作り方!おしゃれに見せる工夫や維持するコツも

ミニマリストの部屋の作り方!おしゃれに見せる工夫や維持するコツも

投稿者:ライター 西村七海 (にしむらななみ)

鉛筆アイコン 2021年9月16日

ものが溢れかえる現代において、ミニマリストという生き方を選択する方が増えている。最小限のもので豊かに暮らす、ミニマリストの部屋に憧れる方も少なくないのではないだろうか。今回は、ミニマリストの部屋の作り方、おしゃれに見せる工夫や維持するコツをご紹介しよう。

  

1. ミニマリストの部屋とは?

そもそもミニマリストとはどのような意味かをご存知だろうか。

そもそもミニマリストとは

ミニマリストは、ミニマル(最小限の)から派生した造語。身の回りのものを最小限にし、持たないことで豊かに生きる人のことである。

シンプリストとの違い

ミニマリストと混同されやすいが、シンプリストは配色などによって身の回りのものをシンプルにスッキリと見せるよう心がけている人のことである。

ミニマリストの部屋はどんな感じ?

  • ものが少ない
  • カラーが統一されている
  • 洗練されている
  • 生活の質は確保されている
ミニマリストの部屋には、上記のような特徴がある。

2. ミニマリストのメリットとデメリット

ミニマリストになるメリットとデメリットには、どのようなものがあるのだろうか。ミニマリストになる前に、両方とも知っておこう。

ミニマリストになることのメリット

  • 部屋が散らからない
  • お気に入りにものをさらに大切にできるようになる
  • ものをなくさない、探す時間が省ける
  • 無駄な消費を抑えられる
  • 気持ちがスッキリする
  • 部屋が以前よりくつろげる空間になる
  • 誘惑が減り仕事がはかどる
ミニマリストになるメリットとしては、上記のようなものが挙げられる。

ミニマリストになったときのデメリット

  • ものを捨てすぎて不便になった
  • 家族のものを捨てて喧嘩になった
  • 人に価値観を押し付け嫌われた
  • 必要なものを捨てたことで結果的に健康を損なった
ミニマリストになることで、上記のようなデメリットが発生した方もいる。

3. ミニマリストの部屋作りは「手放す」ことから

ミニマリストの部屋作りは、まず手放すことから始まる。しかし、ものを捨てるのは意外に勇気がいるため、判断に迷うこともあるかもしれない。ものを手放す際のポイントを解説しよう。

断捨離で不要なものを手放す

まずは不要なものを手放そう。これがミニマリストへの第一歩だ。いつか使うかもしれない、役に立つかもしれないと長年しまい込んでいるものはないだろうか。期限を決めておき、それまで使わなければ捨てるなどのルールを作るのもおすすめだ。

捨てるかどうか判断に迷うときは?

捨てるかどうか、判断に迷うものもあるだろう。そのような場合には、一度隠すのも方法だ。しばらく隠した状態で生活し、問題がなければ手放すとよいだろう。

「譲る」「あげる」という考え方もあり

ミニマリストに憧れるが、ものを捨てるのは心苦しいという方も多いだろう。その場合は、人に譲る、あげるのも方法だ。ネットのサービスや掲示板などを使ってみよう。

4. 理想的なミニマリストの部屋に近づくためのポイント

ものを手放すだけでは、理想の部屋になるとは限らない。理想的なミニマリストの部屋の作り方やポイントを解説しよう。

部屋のテーマを決めてカラーも統一する

まずはインテリアの軸となるテーマを決める。家具のテイストを統一し、色は3色までに抑えよう。家具の系統や配色をそろえることで、ミニマリストらしいスッキリとした空間になる。

インテリアはコンパクトなものを選ぶ

インテリアをコンパクトなものにすると、部屋にスペースができ、スッキリとゆとりある空間になる。家具を見直してみてはいかがだろう。

ワゴンなどの収納アイテムをうまく活用する

コンパクトながら縦の空間を活かせるワゴンなどの収納アイテムをうまく取り入れてみよう。

収納アイテムの容量に合わせてものを持つ

収納スペースの容量を超えないようにものを持つ。たとえば、つい多くなりがちな衣類などは、クローゼットに収まる量に厳選しよう。

水まわりは可能な限りスッキリさせる

水回りは掃除しやすいよう可能な限りスッキリさせたい。タオルなどの便利なものは積極的に取り入れつつも、置くものを厳選しよう。

ゴミ箱などのアイテム選びも重要

ミニマリストは、ゴミ箱などのアイテム選びにもこだわりたい。ゴミの分別のためにも、複数のゴミ箱が必要になるだろう。同じ種類で統一し、一箇所にまとめて置くことで整った空間になるはずだ。

5. ミニマリストの部屋の作り方|男の一人暮らしの場合

基本的なミニマリストの部屋作りを解説したが、続いては男の一人暮らしの場合を見ていこう。

リビング

テレビやテレビボード、ソファといった大型の家具や家電はスペースを取るうえ、掃除もしづらくなってしまう。なくてもストレスを感じないのであれば、手放してみてもよいだろう。また、窓がすりガラスになっているなら、カーテンをつけないのもよいかもしれない。観葉植物など、なくても困らないが部屋がおしゃれになる、リラックスできるというインテリアアイテムを取り入れるのもおすすめだ。

キッチン

キッチンは家電や調理器具、調味料などアイテムも多い。ミニマリストになることを考えると、一気に手放したくなるかもしれないが、自炊をする方は不便になるおそれがある。自炊にストレスを感じ外食が増え、結果的に健康を損なってしまうのでは意味がない。普段から自炊をする方は、キッチンツールはよく考えて厳選しよう。ポイントとしては、ゴミ箱を隠す収納にするのがおすすめだ。シンク下などの空間を活用し、生活感が出やすいゴミ箱を隠してしまおう。

寝室

寝室のメインとなる家具が、ベッドまたは布団だ。ミニマリストとはいえ、寝るためのアイテムは必要だろう。ベッドであれば、シーツやカバーなどの色やデザインをそろえることで統一感が出る。布団は畳んで押し入れなどに収納すれば、寝るとき以外はスッキリとした寝室になるだろう。

トイレ・風呂・洗面所

トイレはマットやカバーなどの使用をやめてみるのはいかがだろう。掃除が楽になり、衛生的だ。浴室は、風呂桶や椅子などをなくしてみよう。掃除の手間も省け、スッキリする。また、洗面所はスキンケア用品が増えて散らかりやすい。オールインワンのアイテムなどを選び、減らしてみるのもよいだろう。

デスクまわり

仕事をするデスクまわりには、あまりものを置かないのがおすすめだ。目に付く場所に余計なものを置かないことで、誘惑も少なく作業にも集中できるだろう。

6. ミニマリストの部屋の作り方|ご家族がいる場合

一人暮らしでミニマリストを目指す場合は、捨てるものから家具の配置まで、すべて自由に決められる。しかし家族がいる場合はそうもいかず、悩むこともあるだろう。

リビング・ダイニング

家族で食事をするダイニングテーブルは必要だが、ソファやローテーブルなどは置かない。何も置かないことでスペースも広くなり、家族が集まってのんびりと過ごせる空間になるだろう。

キッチン

リビングから丸見えになるキッチンは、床のフローリングなどと相性のよい素材を天板に使用するなど工夫してみよう。キッチンを家具のように見せることで、リビングダイニングとも馴染みやすい。また、頻繁に使用する調理器具はあえて見せる収納にすると便利でおすすめだ。

クローゼット

クローゼットは容量と家族の服の量をよく考えて収納しよう。ポールを設置し、ハンガーにかける収納にすることで洗濯物を畳む必要がなくなり、家事の負担を軽減できる。

本当に必要なものの見極めも重要

ミニマリストは必要なものだけを持つ暮らし方をするが、家族にとっても必要かものかどうかをしっかり見極めることが重要だ。ミニマリストらしい部屋は、一人暮らしでなくても実現は可能だ。家族みんなが暮らしやすい空間を目指しながら、ミニマリストの部屋作りをしていこう。

7. ミニマリストの部屋の作り方|海外風に仕上げたい場合

おしゃれなインテリアとして、海外風に仕上げたいという方も多いのではないだろうか。海外風ミニマリストの部屋の作り方のポイントを解説する。

間接照明を取り入れる

間接照明を取り入れれば、あたたかい光でリラックスできる空間になる。睡眠の質にも大きく関わる夜の時間を穏やかに過ごせるだろう。

北欧スタイルを取り入れる

インテリアに人気の北欧スタイル。ベッドやデスク、チェアなど、家具の色や小物を統一してスッキリと見せる。そこへマリメッコなどの北欧らしい柄をアクセントに取り入れると、ミニマリストらしい海外風インテリアに仕上がるだろう。

アートやグリーンを取り入れる

ミニマリストのおしゃれな部屋を作るためには、アートやグリーンをうまく取り入れるのがおすすめだ。シンプルな部屋に、お気に入りの絵や、観葉植物などを飾ってみよう。

8. 番外編|ミニマリストの女性が部屋をおしゃれに見せるコツ

ミニマリストの女性が部屋をおしゃれに見せるコツも見ていこう。

コスメの見た目に統一感を持たせる

ミニマリストといえど、女性はコスメなどのアイテムが男性より多くなりやすい。統一感のあるシンプルなケースなどに収納しておこう。

家具をコンパクトにする

家具をコンパクトにすると、部屋にスペースとゆとりが生まれる。白やベージュを基調としたやさしい配色のインテリアに、コンパクトな家具でおしゃれなミニマリストの部屋を目指そう。

スキンケア用品は1つのポーチにまとめる

ついつい増えてしまうスキンケア用品。あらかじめ収納するポーチを決めておき、そこに入る量のものに厳選していこう。ミニマリストらしいスッキリと片付いた洗面所になるはずだ。

9. ミニマリストの部屋をキープするためのポイント

不要なものを手放し、スッキリとしたはずの部屋がまた散らかっているというケースは少なくないだろう。ミニマリストの部屋をキープするためのポイントを解説する。

「1つ買ったら1つ捨てる」などのルール作りをする

最小限のものだけを持つ暮らしをするミニマリスト。その部屋をキープするためには「新しいものを1つ買ったら、古いものを1つ捨てる」を心がけることだ。そうすることで、家具や小物などが増えていくのを避けられる。シンプルでスッキリと片付いたミニマリストの部屋をキープするためにぜひ覚えておこう。

10. 変化や気づきをもたらす「ミニマリストの部屋」をぜひ目指してみては?

変化や気づきをもたらすミニマリストの部屋。必要だと思い込んでいたが、実は自分にとっては不要なものが多くあるかもしれない。思い切って断捨離をし、ミニマリストの部屋を目指してみてはいかがだろう。ミニマリストらしい部屋のポイントは、ぜひ当記事を参考にしてほしい。

結論

ミニマリストはものを捨てるというイメージがあるかもしれないが、実はそうではない。目的は捨てることではなく、必要なものだけを持ち、快適に暮らすことなのだ。手放してストレスや不便がある、健康に支障をきたすのであれば、もう一度購入すべきだろう。ミニマリストの部屋作りの際は、念頭においてほしい。
  • 更新日:

    2021年9月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング