このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
こたつ布団を毛布で代用できる?代用するときの注意点とおすすめ3選

こたつ布団を毛布で代用できる?代用するときの注意点とおすすめ3選

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2021年10月16日

いろいろな暖房器具はあるけれど、日本の冬は、やはりこたつでまったりしたいという方も多いのでは。しかし、専用のこたつ布団をそろえたり、保管したりするのは大変だ。では、どこの家庭にもある毛布をこたつ用布団として代用することはできないだろうか。毛布をこたつで使うときの注意点とおすすめを紹介しよう。

  

1. こたつ布団はなんでもいい?毛布で代用できる?

こたつを使う時期は長くて半年くらいだろう。残りの半年は押し入れなどに眠っている状態だ。スペースの少ない住まいだと保管するのも大変。こたつ布団の代わりに毛布を使うことができれば余計な出費を抑え、保管スペースに悩む必要もなくなるかもしれない。毛布を代用するためのポイントを紹介しよう。

サイズの問題をクリアする

毛布で代用する場合、サイズが1番のネックになるだろう。こたつ掛け布団は、こたつの天板サイズに加えて100~130cm、敷布団では100~120cmはほしいところだ。掛け布団のサイズにゆとりがないと足を入れたときに隙間ができてしまうため、隙間から熱が逃げて暖房効率が落ちてしまう。敷布団も小さいと下からの冷気を遮断しきれない。さらに出入りするたびに動いてしまう可能性もあり、気が付いたら丸まってこたつの隅っこに追いやられていて、敷布団の役割をなさなくなってしまう。

毛布を2枚使ってこたつ布団に

毛布の一般的なサイズは140cm×200cm。こたつの天板が100cm四方だとすると、少なくとも60cmは横幅が足りない。しかし、シングルサイズの毛布でも2枚組み合わせれば、こたつ布団としてサイズ感も十分満足できるものになるだろう。

毛布を2枚組み合わせて使う場合には、天板部分が不安定にならないように注意して重ねるようにしよう。毛布だけだと見た目が悪いと思ったら、その上にマルチカバーを掛けるとこたつ掛け布団らしく見える。

2. こたつ布団を毛布で代用すると火事になる?

こたつ専用の布団ではなく、毛布を代用すると火事になるのではないかと心配される方もいるだろう。こたつによる火事にはどのような原因があるのだろう。

こたつによる火事の原因

こたつはほかの暖房器具に比べて火事が起こりにくい。とはいってもこたつが原因の火事も実際に起こっている。

最も多いのが、洗濯物から火事になるケースだ。生乾きの洗濯物を早く乾かそうとして、こたつの中に入れた経験を持つ方も少なくないだろう。しかし、洗濯物がこたつのヒーター部分に長時間接触すると火事になる危険性がある。
同じように、掛け布団が直接ヒーターに触れてしまうと燃えやすくなる。毛布を代用にした場合には、ヒーターに接触していないか注意する必要がある。そのほかに、電源コードがねじれるなどして断線を起こしたときに発火する危険性やタコ足配線が火事の原因となる場合がある。

正しく使えばこたつの火事はめったにない

こたつには、「サーモスタット」と「温度ヒューズ」という2種類の安全装置が設置されている。

サーモスタットは、温度が一定以上高くなると自動的に発熱がオフされるため、火事を未然に防ぐことができる。温度ヒューズはサーモスタットが壊れていた場合など、温度が上がりすぎると自動でヒューズが落ちてこたつの電源をオフしてくれる。

この2種類の安全装置によって、火事という危険性から私たちを守ってくれている。そのため毛布を代用としていても、ヒーターに直接触れないようにするなど、正しい使い方をしていれば、安心してこたつライフを楽しめるだろう。

3. おしゃれなこたつ用毛布のおすすめ3選

いつも使っている毛布を代用にしてもいいが、もし新たに毛布を購入する予定があるなら、こたつにも使える毛布を選んでみてはいかがだろう。

西川「フランネルこたつ中掛け毛布」

肌触りがよく保温性も抜群のフランネル生地の毛布だ。こたつ用に使うとどうしても飲み物や食べ物が落ちて汚れやすくなる。この商品は洗濯も手軽にできるので、いつも気持ちよく使えるだろう。

表面は滑らかな短めの起毛、裏側はふわふわした長めの起毛となっており、この起毛の中に空気をため込むため、こたつで温められた空気を逃すことなく節電にも効果がある。

エアリゾーム「中掛けこたつ毛布 Flurry(フラリー)」

こたつの掛け布団の下に、もう1枚中掛け毛布を加えることで手軽に効率アップし、節電にもなる。この毛布は、洗濯機で丸洗いできるウォッシャブル対応なので、いつも清潔をキープしやすいことが特徴だ。中掛けだけでなく上掛け用カバーとして、シーズンオフには寝具としても使えるなど使い勝手のいい毛布だ。

Reveur「こたつ中掛け毛布 マイクロファイバー」

柔らかで暖かなマイクロファイバー素材を使用した毛布だ。肌触りがふんわりと柔らか。静電気防止加工を施されているので、マイクロファイバー特有の摩擦によるパチパチもない。こたつの中掛けだけでなく、ソファーカバーやベッドカバーなどマルチに使える毛布だ。

結論

こたつ布団がない場合、毛布で代用できる。その場合、こたつをすっぽりと包んでさらに余裕のあるサイズが望ましい。毛布サイズが足りないようなら、2枚組み合わせてみよう。毛布が直接ヒーターに触れると火事になる危険性があるので十分注意しながら、こたつライフを楽しもう。
  • 更新日:

    2021年10月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧