このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クローゼットの収納におすすめのラックとは?収納のコツも解説

クローゼットの収納におすすめのラックとは?収納のコツも解説

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

鉛筆アイコン 2021年10月10日

クローゼットの収納容量を増やしたり、使い勝手を向上させたりするには、ラックが役立つ。しかし、クローゼットのラックはどのように選ぶべきか、またどのようにカスタマイズすればよいか分からないという方もいるだろう。そこで今回は、快適なクローゼットを作るためのラックの選び方や、クローゼットと相性のよいメタルラックを使用した収納のコツ、カスタマイズのアイデア、おすすめ商品とその特徴を解説しよう。

  

1. 快適なクローゼットを作るラックの条件とは?

クローゼットの収納方法次第で使い勝手は大きく異なる。そこでこちらでは、快適なクローゼットを作るために役立つラックの条件を解説しよう。

クローゼット収納にラックを使用するメリット

クローゼットにタンスやチェストを使用することもできるが、高さや棚数を増減させたり、キャスターを加えたりというカスタマイズはできない。一方、ラックはさまざまなサイズが展開されているため、クローゼットのスペースに応じた最適なサイズを選択したり、必要に応じてパーツを加えたりとカスタマイズできる。収納物や使い方に合わせて収納スペースを無駄なく活用できるのが、ラックを使用する最大のメリットだ。

使い勝手抜群のクローゼットを実現するラックの条件

1点目は、最適のサイズであることだ。クローゼット内の、ラックを設置したいスペースを計測し、高さや幅、奥行きの適切なものを選ぼう。ちょうどよいサイズのラックを設置することでスペースを無駄なく使ったり、あえてゆとりのあるサイズのラックを選んですき間収納に利用したりできる。
2点目は、耐久性に優れていることが挙げられる。ラックの素材や構造によって耐荷重量が異なるため、特に重量のあるものを収納したいときには、必ずラックの耐荷重量を確認してほしい。
3点目は、キャスター付きのタイプを選ぶとことである。キャスターがあるとクローゼットを隅々まで簡単に掃除できるだけでなく、衣替えやラックの奥にある収納物を出し入れするときに手間なく移動できる。
4点目は、パーツの種類やサイズが豊富で、細やかにカスタマイズできることだ。商品によっては、後で収納を追加したい場合にも必要なポールや棚板だけを購入することができる。

2. クローゼットに好相性なメタルラック収納のコツ

上記の条件に合うラックのなかでも、クローゼットと相性がよいのがメタルラックだ。こちらでは、クローゼットのデッドスペースを有効活用するメタルラック収納のコツとアイデアを紹介しよう。

上段の棚の使い方

上の棚は、手が届きにくいため、使用頻度の高いものを収納するには不向きである。そのため、クローゼットの上の棚にはシーズンオフや使用頻度の低いものを収納するとよい。耐荷重性の高いラックを設置すれば、重量のある鞄なども棚板ごとに収納できるため、デッドスペースを作らずに済む。

ハンガーポール下の使い方

ハンガーポールは、衣類を吊るすために欠かせないが、丈の短い衣類を吊るすときは下にデッドスペースが生じる場合もある。そんなときには、衣類が干渉しない高さのラックを設置すると、収納容量を増やすことができる。

中段の棚の使い方

クローゼットの中段の広いスペースには、ぴったりと収まるラックの設置がおすすめだ。布団など毎日出し入れするものはラックの上段に収納し、収納物の種類やサイズによって収納ボックスを併用したり棚板を追加したりするとよいだろう。

ラックの支柱は高めがおすすめ

ラックの支柱の高さは、可能であればクローゼット内の天井や上の棚に近いものを選ぶとよい。天板に収納物を置いても、四隅に支柱があれば落下しにくくなる。しかし、天板に布団など毎日出し入れするものを置く場合は、引っかからないようにポールの高さを天板ちょうどに揃えたほうがよいだろう。

3. ラック&パーツでクローゼットをカスタマイズ

こちらでは、ラックをパーツでカスタマイズしてクローゼットを使いやすくする方法をご紹介しよう。紹介するパーツは後付けもできるため、はじめてラック収納を取り入れる方は、実際に使用してからパーツの購入を検討すると無駄を防ぐことができるだろう。

ハンガーポール

クローゼットによっては、ハンガーポールを備えていないものもある。そんな場合は、ハンガーポールのパーツを加えることで、クローゼットでの吊り下げ収納が可能になる。

フックで付けるバスケット収納

ラックのパーツには、フックで簡単に設置できるバスケットもある。深さや大きさがさまざまあるため、小物や小分けして収納したいものがある場合に重宝する。

シート

メタルラックのすき間は、カスタマイズするときに大活躍する部分であるが、小物を収納する場合は、そこから小物が落ちたり挟まったりすることもある。そんなときには、コルクなど別素材のシートを追加すると、小物を安定させて収納することができる。

4. クローゼット用におすすめ!収納ラック3選

こちらでは、クローゼットの収納用におすすめのラックを、特徴とともにご紹介しよう。

アイリスオーヤマ「メタルミニ(19mmポール)」

こちらは、スチール製の幅が55cmから110cm、高さ83cmから174.5cm、棚数3段から5段の中から選ぶことができるキャスター付のラックである。ラック全体の耐荷重は約150kgまでであるため、一般的な家庭のクローゼットの収納として安心して使用できる。特徴は、別売りパーツも種類が豊富であるため、自由にカスタマイズできる点だ。

ルミナス「メタルルミナス スチールラック 幅90 5段」

こちらは、棚数が5段、高さ178.5cmのスチールラックである。クローゼットの天井まで収納を確保したい方におすすめだ。耐荷重は、棚一枚当たり80kgであるため、収納物も安定させて収められる。サイドネットや回転テーブルなど収納容量や機能をアップさせる別売りパーツが豊富な点も大きな魅力である。

Amazonベーシック「3段ユニットシェルフ 金属製 ワイヤーラック ブラック」

こちらは、ポールのカラーをブラックとクロムから選ぶことができる収納ラックである。特徴は、棚1枚当たりの耐荷重が113.4kg、総耐荷重は340.2kgのため、重さのある収納物も安定して収めることができる点だ。棚板の高さは3cmごとに調整して使用できる点もおすすめポイントになる。

結論

今回は、快適なクローゼットを作るためのラックの選び方や、メタルラックを利用した収納のコツ、カスタマイズのアイデア、おすすめ商品とその特徴を解説した。ラックに後付けできるパーツも豊富に展開されているため、上手にカスタマイズして快適に使用いただきたい。
  • 更新日:

    2021年10月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング