このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ソファなしリビング

ソファなしリビングはあり?広い部屋に置きたいインテリアを紹介

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

鉛筆アイコン 2021年11月30日

ソファはリビングの必須アイテムと考えられがちだが、実はソファなしリビングにもさまざまなメリットがある。今回は、ソファなしリビングのメリットとデメリット、ソファの代わりに置きたいインテリアや代用品について詳しく解説しよう。

  

1. ソファなしリビングのメリット

ソファを置いたリビング
まずは、ソファなしリビングのメリットから紹介しよう。

スペースが広い

ソファは、快適に過ごすために有用なインテリアであるが、大型のインテリアであるため部屋の構造や広さによっては圧迫感を与えやすい。ソファなしリビングの場合、開放的な印象になるだけでなく、実際に使用できるスペースが広くなる点が大きなメリットの1つである。

掃除が簡単

ソファがあると、どうしてもソファを動かさなければ掃除できない部分が生じるため、1人では掃除が難しい場合もある。一方、ソファなしリビングでは、大型のインテリアを動かす手間なく、簡単に1人でも掃除できる点もメリットだ。

寝転べる

ソファの大きさによっては、寝転ぶことが難しい場合もあるはずだ。ソファなしリビングでは、使用できるスペースが広くなるため、ラグなどを敷くと気兼ねなく床に寝転んでくつろぐことができる。

子どもが遊びやすい

ソファがあっても子どもが遊べるリビングもあるが、スペースが限られてしまう場合もあるだろう。ソファなしリビングでは、子どもが自由に遊べる空間が広がり、おもちゃがソファの下などに入り込んでしまうという事態も防ぐことができる。

2. ソファなしリビングのデメリット

ソファなしリビング
次に、ソファなしリビングのデメリットについて理解しておこう。

来客時に困る

来客のときには、ソファなしリビングだと気軽にくつろいでもらう環境を短時間で整えることを難しく感じる場合もある。

物を置きすぎると印象が悪くなる

ソファなしリビングでは、空間を広く見渡すことができるため、リモコンやティッシュ、雑誌などを床にそのまま置くと散らかった印象になる。また、ソファのスペース分のインテリアなどを置きがちだが、置き過ぎてしまうことも逆にリビングの印象を悪くしてしまうことに注意が必要だ。

3. ソファなしリビングに置きたいインテリア

ソファを置いたリビング
こちらでは、ソファなしリビングに置きたいインテリアを紹介しよう。

ラグ

ソファなしリビングでは、家族が床でくつろぐ機会も増えるため、ラグがあると便利である。季節に合わせて、快適に過ごすことのできるラグを使い分けるのもおすすめだ。

ローテーブル

ソファなしリビングでは、ローテーブルは家族だんらんのときに役立つアイテムの1つだけでなく、部屋のアクセントにもなる。

あえて何も置かない

リビングにソファがないとつい何かインテリアを置きたくなるが、あえて何も置かないことがよい場合もある。収納も合わせて工夫すると、スッキリとした印象のリビングにできるだろう。

4. リビングで使えるソファの代用品

リクライニングチェアを置いた部屋
最後に、あると役立つソファなしリビングで使えるソファの代用品を紹介しよう。

ビーズクッション

ビーズクッションは、座ったり、もたれたりなど、いろいろな使い方ができる。大きさの異なるビーズクッションを置いておくとくつろぐときに役立つだけでなく、部屋のアクセントにもできるだろう。ソファなしリビングでくつろぎたい人におすすめの代用品だ。

リクライニングチェア

リクライニングチェアがあると、読書や映画鑑賞なども快適にできる。多機能のリクライニングチェアを選べば、角度なども微調整可能なため、より快適に過ごすことができるだろう。

座椅子

座椅子もソファなしリビングに置くと役立つアイテムの1つだ。普段使いとしてくつろぐだけでなく、来客用として収納場所に備えておくという方法もある。

結論

今回は、ソファなしリビングのメリットやデメリットをはじめ、ソファの代わりに置きたいインテリアや代用品について解説した。当記事の内容を参考に、間取りや家族構成に応じて工夫しながら、家族で快適にくつろげる環境を整えていただきたい。
  • 更新日:

    2021年11月30日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧