このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オリーブ

オリーブの正しい育て方は?土作りから肥料の与え方まで徹底解説

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2021年12月24日

正しい育て方をマスターすれば、オリーブは自宅でも栽培できる。美しい葉や花を楽しむために、基本的な知識を確認しておこう。この記事では、オリーブの詳しい育て方をまとめた。土作りから植え付け、水やり、剪定、摘果までを詳しく説明する。増やし方や病害虫対策と併せて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. オリーブとは?

オリーブ油
オリーブとは、銀葉が特徴の常緑高木だ。光沢のある美しい葉や可愛い花を楽しむことができ、実が収穫できるのが特徴。この実を加工すると、オリーブオイルやピクルスになる。

オリーブの品種

  • マンザニロ(開樹型):樹高が低めで収穫しやすい。塩漬けやピクルスに向いている。
  • ネバディロブランコ(開樹型):花粉がとても多く受粉樹に適している。
  • ルッカ(開樹型):含油率が高いオイル用品種。病気に強く初心者でも育てやすい。 
  • ミッション(直立型):耐寒性があり育てやすい。オイルとピクルスの兼用品種。
  • セビラノ(開樹型):果実がとても大きいが種は小さい。塩漬けにおすすめ。
  • チプレッシーノ(直立型):オイルとピクルスの兼用品種。コンパクトにまとまるので狭い場所でも育てやすい。
  • ピクアル(開樹型):病気にかかりにくく生育力が強い。オイルの含有量が多く自家受粉でも実を付ける。
オリーブの品種は枝が横に広がる「開樹型」と上に伸びる「直立型」に分かれる。実の大きさや量、葉の色、葉の形なども品種によって違うので、特徴を比較してから選んでほしい。

2. オリーブの基本的な育て方

オリーブ
オリーブは温暖な気候を好むので、日当たりがよく暖かい場所で育てる。耐寒性はあるが、高冷地や寒冷地の場合は地植えに適していない。鉢植えで育てるようにして、冬は室内に移動させよう。
室内で育てるときは日光が入る窓の近くに置く。冬は窓から寒さが伝わりやすいため、窓から少し遠ざけるのが育て方のポイントだ。ただし、花や果実を付けるためには適度な寒さが必要なので、1月の平均気温が10度以下になる環境で管理してほしい。

3. オリーブの育て方 | 土作り編

オリーブ
土作りはオリーブの育て方の基本だ。鉢植えと地植えに分けて、正しい土作りの方法を解説しよう。

鉢植えの土作り

オリーブを鉢植えで育てる場合は、市販の「オリーブ用の土」を使用する。ないときは「果樹・花木用の土」に「苦土石灰(10号の鉢で30gほど)」を加えた土で代用が可能だ。「野菜用の土」と「鹿沼土小粒」を7:3でブレンドしてもいい。

地植えの土作り

水はけのいい土壌に地植えするとよく育つ。植え付けの2週間ほど前に直径と深さが50cmの穴を掘って、「掘った土」「腐葉土」「赤玉土小粒」を5:2:3の割合で混ぜる。さらに苦土石灰を加え、pHを6.5?7.0に調整しておくのが土作りのポイントだ。

4. オリーブの育て方 | 植え付け編

オリーブ
土作りが終わったらオリーブを植え付ける。鉢植えと地植えの植え付け方法を紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

鉢植えの植え付け

苗木の根鉢より一回りほど大きな鉢を用意しよう。植え付ける時期は2~5月くらいを目安にする。苗をポットから抜いたら、根鉢の角と根を崩す。鉢底石や鉢底ネット、用土を入れてオリーブを植え付けよう。苗木の周りに用土を加えたら支柱を立てて麻ひもで軽く縛り、最後に水をたっぷりあげて終わりだ。

地植えの植え付け

鉢植えと同じく2~5月が植え付け時期になる。植え穴を軽く掘って、根を崩したオリーブの苗を植えよう。根の周りに用土を入れたら、倒れないように支柱を立てて麻ひもで縛る。浅植えにするのが育て方のポイントだ。植え付けのあとはたっぷりと水やりをする。なお、植え付けの直後は苗の周りに5~10cmの土手を作っておけば、水が染み込みやすい。

5. オリーブの育て方 | 水・肥料編

ジョウロ
オリーブを丈夫に育てるためには、水や肥料のやり方が重要だ。 育て方の基本としてマスターしておこう。

水の与え方

土の表面が乾燥したらたっぷりと水やりをする。乾燥した地域が原産の植物なので、水のやりすぎには注意が必要。一方で乾燥しすぎでも成長が阻害されるため、水を切らさないようにするのが育て方のポイントだ。

肥料の与え方

4~9月は2週間に1回ほど液体肥料を与えよう。葉が黄色っぽく変色したら栄養不足のサインだ。固形肥料を使用する場合は、オリーブから少し離れた場所に1~2ヶ月に1回くらいの頻度で置いてほしい。

6. オリーブの育て方 | 剪定編

オリーブ
オリーブには定期的な剪定が必要になる。育て方の基本として、剪定の正しい時期と方法を確認しておきたい。

剪定の時期

多くの枝を切り詰める「強剪定」の時期は1~3月ごろだ。不要な枝の剪定は気になったときに行う。また、新しく伸びた枝先1~2芽を摘み取る「ソフトピンチ」をすれば、枝の数が増えて実が付きやすくなる。こちらは4~6月くらいに摘み取ろう。

剪定のやり方

切ったあとの形をイメージして剪定しよう。全体のバランスをチェックしながら、枝や葉が混み合わないように不要な枝を剪定するのが、育て方のポイントだ。枯れている枝や同じ場所から複数出ている枝、下向きの枝はカットする。株元から出てくる「ひこばえ」も、地際から剪定してほしい。

7. オリーブの育て方 | 摘果編

オリーブは1本だと実がならない「自家不結実性」なので、収穫するにはコツが必要だ。実を付けさせる方法と収穫や摘果の目安を紹介しよう。

オリーブに実を付けさせるコツ

オリーブは基本的に自家受粉ができないため、違う品種を2本以上植える必要がある。片方に「ネバディロブランコ」など花粉量が多い品種を選ぶと、実が付きやすい。
また、開花時に雨が当たると花粉が落ちてしまい、実が付きにくくなる。鉢植えなら軒下や室内に移動するといいだろう。乾いた絵筆とコップで花粉を採取して、人工受粉をするのもおすすめだ。

収穫の目安

オリーブの実は成熟するにつれて、緑から赤、さらに青紫に変化する。ピクルスや塩漬けにするなら9月、オイルを絞るなら12月ごろを収穫の目安にしてほしい。また、7~8月くらいに摘果して間引くことで、実の品質が向上する。1果房に1果、1果につき葉が8枚になるように間引きしよう。

8. オリーブの育て方 | 増やし方編

オリーブ
オリーブは挿し木で増やすことが可能だ。適した時期は6~7月、もしくは2月くらいになる。まずは新しく伸びた枝の先を10~15cmほどカットして、切口を斜めに整えよう。葉を4~5枚ほど残して取り除いたら挿し穂が完成だ。
水はけのよい土に挿し穂を挿したら、しっかりと水やりをする。日向土とパーライトを1:1で混ぜた土がおすすめだ。あとはポリシートで密封して日陰で管理しよう。1週間に1回ほど水やりをすれば、1ヶ月くらいで小苗になる。

9. オリーブの育て方 | 病害虫編

オリーブ
オリーブを元気に育てるために、病害虫対策をしておこう。育て方の基礎知識として、代表的な病害虫について解説する。

オリーブの病気

オリーブは炭疽(たんそ)病にかかりやすい。原因はカビなので、高温多湿の梅雨はとくに注意が必要だ。かかると褐色の斑点が広がるため、悪い部分は早めに取り除いて殺菌剤を散布する。落ちた実も放置せずにすぐ捨てよう。適度に剪定して風通しをよくしたり、水はけをよくしたりすることで予防ができる。

オリーブの害虫

「マイマイガ」「オリーブアナアキゾウムシ」「ハマキムシ」などの害虫が発生する。放置するとオリーブに悪影響なので、見つけたらすぐに駆除しよう。フンがある、葉が巻かれている、元気がないなどの異常があれば、全体をチェックしてほしい。駆除には対応する殺虫剤を活用するのがおすすめだ。

結論

オリーブの美しい葉や実を楽しむために、基本的な育て方を覚えておきたい。まずは品種別の特徴をチェック。実を収穫するためには、2つの品種を一緒に育てて受粉させる必要がある。あとは土作りや植え付け、水やりなど、育て方の基本をチェックして上手に育てよう。増やし方や病害虫対策も紹介したので、こちらもぜひ参考にしてほしい。
  • 更新日:

    2021年12月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧