このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
様々な種類の花

花の種類はどれくらいある?育てやすいなど人気の品種も14選紹介!

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2022年1月14日

花は種類によって見た目や色が異なる。切り花を飾ったり自分で育ててみたりと、お気に入りの花を見つけて楽しもう。この記事では、人気が高い花の品種をまとめた。贈り物に人気の花や、初心者でも育てやすい花の種類とあわせてチェックしよう。代表的な花言葉も一覧で紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 花は全部で何種類ある?

花束
花が咲く植物は、全部で何種類あるのだろうか。世界中に咲く花の数について解説する。

20万種ともいわれている

花の種類は世界中で、20万種類あるとされている。さらに花の形で分類が可能。たとえば2万種からなるキク科の花は、多数の小花が集まって構成された頭花が特徴だ。キク科やマメ科、バラ科、イネ科はとくに種類が多い。花の種類をチェックするときは、この「科」に注目してみよう。

2. みんなに人気の花の種類は?

花
人気が高い花の種類をまとめた。それぞれの特徴を詳しく紹介しよう。

チューリップ

春に咲く代表的な球根植物だ。5000を超えるバリエーション豊かな種類が魅力。一重咲きや八重咲き、フリンジ咲き、ユリ咲き、パーロット咲きなどいろいろな形がある。

マーガレット

白やピンク、クリーム、赤など色が豊富で、ガーデニングでの人気が高い。ギザギザした葉とスラリと細い茎が特徴。一重や八重咲き、ポンポン咲き、丁字など、種類によって形はさまざまだ。

ナデシコ

可憐な花が特徴で、切り花や鉢植えなどさまざまな用途に利用できる。四季咲き性のナデシコなら、一年近く花を楽しむことが可能だ。香りが楽しめる種類もあるので、ぜひチェックしてほしい。

ラベンダー

鮮やかな紫色の花と、さわやかでフローラルな香りが特徴のハーブだ。香りがよいイングリッシュラベンダーや、うさぎの耳のような形が可愛いフレンチラベンダーなど、いろいろな種類がある。

アネモネ

中心が黒い種類が多く、鮮やかな花びらとのコントラストが美しい。一重咲きが一般的だが、八重咲きなどの変わり種も登場している。開花時期が長く、花が少ない時期でも楽しめるのが特徴だ。

カスミソウ

清楚な白い花が魅力。切り花のイメージが強いが、中にはプランターで育てられる種類もある。ピンク色や花が大きなものなど珍しいカスミソウもあるので、ぜひチェックしてほしい。

クリスマスローズ

クリスマスローズは、花が少ない冬の時期でも楽しめる花だ。色や形のバリエーションが豊富にあり、いろいろな種類から選べるのが魅力。耐寒性に強く、鉢植えはもちろん庭植えにも向いている。

シャクヤク

ゴージャスな華やかさが魅力の花だ。一重咲きや翁咲きなどシンプルな形が多い和シャクヤクと、香りが強く手まり咲きやバラ咲きが多い洋シャクヤクに分類が可能。品種が豊富でボタンとの交配種もある。

ワスレナグサ

小さくて可憐な花を多くつける。ワスレナグサは明るい青のイメージが強いが、ピンクや白、紫などの色もある。繁殖力が強いため、庭などに植え付ければこぼれ種で増やすことが可能だ。

パンジー(ビオラ)

カラーバリエーションがとても多く、500以上の種類があるとされている。開花時期が長いのが特徴で、上手に育てると半年ほど楽しめるだろう。品種改良によって、フリル咲きや八重咲きといった変わり種も増えている。

3. 贈り物に人気の花の種類は?

カサブランカ
花は贈り物としても人気が高い。プレゼントにおすすめな花の種類を紹介する。

コチョウラン

コチョウランは贈り物として定番の花だ。見た目が華やかなのはもちろん、花持ちがいいため長く楽しんでもらえる。「幸福が飛んでくる」という花言葉があるので、お祝い事の贈り物としておすすめだ。

カサブランカ

ユリの一種で白く大きな花が特徴。豪華で気品がある見た目と花もちのよさが魅力で、贈り物としての人気が高い。「祝福」という花言葉と汚れのない純白から、花嫁のブーケとして使われることがある。

4. 初心者でも育てやすい花の種類は?

セントポーリア
初心者が花を選ぶときは「育てやすさ」が重要な基準になる。育てやすい花の種類をチェックしよう。

ゼラニウム

丈夫なので特別な手入れをしなくても元気に育つ。雨や湿気には弱いため、軒下での栽培がおすすめだ。特徴的な甘い香りには虫よけの効果があり、窓際やベランダの害虫対策としても活躍する。

セントポーリア

室内で花を育てたいならセントポーリアがおすすめだ。2年以上楽しめる多年草で、環境を整えれば1年中花を咲かせる。1万5千種類以上の品種があるとされていて、さまざまな形や色から好みのものを選べるのも魅力だ。

5. 「花ことば」も種類が豊富

チューリップ
  • バラ:「愛」「美」
  • チューリップ:「博愛」「思いやり」
  • カスミソウ:「感謝」「幸福」「清らかな心」
  • ガーベラ:「神秘」「希望」「前進」
  • ワスレナグサ:「私を忘れないで」「誠の愛」「真実の友情」
  • リンドウ:「悲しんでいるあなたを愛する」「誠実な人柄」
  • スズラン:「再び幸せが訪れる」「純粋」「謙遜」
  • ユリ:「純潔」「威厳」「無垢」
  • シャクヤク:「恥じらい」「はにかみ」「謙遜」
  • マーガレット:「恋占い」「真実の愛」「信頼」
  • ナデシコ:「貞節」「可憐」
  • パンジー:「もの思い」「思い出」「私を思って」
  • ボタン:「王者の風格」「高貴」「恥じらい」
  • カーネーション:「無垢で深い愛」
  • ゲッカビジン:「あでやかな美人」「はかない美」「強い意志」
このように花言葉の意味は種類によってさまざまだ。チューリップやバラなど一部の花は、色によって花言葉が変わることもある。花の種類を選ぶときは、見た目や色だけではなく花言葉にも注目してほしい。

結論

花の種類は20万種ともいわれており、それぞれ形や色が大きく異なる。チューリップやラベンダーなど人気の花を紹介したので、ぜひ参考にしてほしい。贈り物に人気の花や育てやすい花の種類とあわせて、特徴をチェックしておこう。また、花を選ぶときは花言葉にも注目。花言葉を意識して育てれば愛着がわく。誰かに贈るときに、メッセージをこめるのもおすすめだ。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年1月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧