このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
Bluetoothイヤホン

Bluetoothイヤホンの使い方 | スマホとの接続方法は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年2月26日

ワイヤレスのBluetoothイヤホンは近年主流になりつつある。有線のようにコードがない分スマートに扱えるうえ、断線の心配もなく便利だ。この記事では、そんなBluetoothイヤホンの使い方を解説する。スマホとの接続方法やうまく充電できないときの対処法などもお伝えするので、Bluetoothイヤホンを使い始めた方は参考にしてほしい。

  

1. Bluetoothイヤホンとは?

Bluetoothイヤホン
詳しい使い方を紹介する前に、まずBluetoothイヤホンにはどのような特徴があるかお伝えしよう。Bluetoothイヤホンとは、Bluetoothの電波で音楽再生デバイスと接続するイヤホンを指す。
ワイヤレスで使えるため有線イヤホンのようなコードがなく、スマートに音楽を楽しめるのがメリットだ。スマホなどの再生デバイスから離れた場所でも音楽を聴けるうえ、コードがこすれてノイズが発生することもない。さらにコードが絡まる不便さや、断線する心配がないのもうれしい。
しかしこまめな充電が欠かせず、電波が不安定な場所やワイヤレス通信が飛び交う場所では音飛びすることもある。またペアリングが欠かせないなど、有線よりも使い方がわかりにくいのがデメリットだ。

2. Bluetoothイヤホンの使い方

Bluetoothの設定
ここからは、Bluetoothイヤホンの基本的な使い方を解説する。Bluetoothイヤホンはペアリングする必要があるので、その方法も詳しく紹介しよう。

Bluetoothイヤホンの電源をオンにする

まずはBluetoothイヤホンの電源をオンにする。電源はイヤホン本体についているケースが多いが、製品によっては装着すると自動で電源がオンになるものもある。なお使い始める際は充電が必要なので、先に充電しておこう。

音楽再生機器でペアリングする

あとはイヤホンをスマホなどの音楽プレーヤーとペアリングすればよい。Bluetoothの使い方やペアリング方法はiPhoneとAndroidの場合で異なるので、それぞれ以下を参考にしよう。

iPhoneの場合

iPhoneの設定画面を開き、Bluetoothをオンにする。あとはイヤホンをペアリングモードにして、iPhoneと接続するのを待とう。イヤホンのペアリング方法は製品によって異なるが、電源オフのときに電源ボタンを長押しすることで行えるケースが多い。

Androidの場合

Androidの設定画面を開き、Bluetoothをオンにする。画面内に表示される接続先デバイスからイヤホンを選択しよう。イヤホンが見つからない場合は「新しいデバイスとペア設定」などをタップし、デバイス検索を行う。この状態でイヤホンをペアリングモードにしておけば、自動的に接続される。

2回目以降はペアリング不要

上で紹介したのは、イヤホンをBluetoothに初めてつなぐときの使い方だ。2回目以降はスマホのBluetoothをオンにしておくと自動でペアリングされるので、接続作業を毎回行う必要はない。

3. Bluetoothイヤホンが接続できないときの対処法

Bluetoothイヤホン
正しい使い方を守っていても、時にはBluetoothイヤホンのペアリングがうまくいかないこともあるかもしれない。Bluetoothイヤホンが音楽再生デバイスに接続できないときは、次の対処法を試してみよう。

ペアリングをオフにしてみる

うまく接続できないときはBluetoothイヤホンのペアリングモードをいったん解除し、ペアリングをオフにしてみるとよい。あわせてスマホのBluetoothを一度オフにし、端末の電源を切るなどの動作を行おう。

接続している製品名を確認する

自宅などでほかにBluetooth機器を使っている場合は、イヤホンを誤ってスマホ以外の機器に接続している可能性もある。接続している製品名を確認し、ほかの機器とつながっていないかチェックしたい。もしイヤホンがほかの機器と接続されていた場合、機器のBluetoothをいったんオフにして、接続したいスマホと改めてつなげよう。

スマートフォンのOSをアップデートする

スマホ自体に問題がある場合、OSをアップデートするとBluetoothを接続できるようになることがある。OSが最新でないならアップデートし、再びイヤホンと接続してみるとよい。

イヤホンの充電があるか確認する

Bluetoothイヤホンは充電式なので、こまめに充電する必要がある。イヤホンの充電があるか確認し、切れていた場合は10~20分程度充電してから再び接続できるか試してみよう。

4. Bluetoothイヤホンが充電できないときの対処法

Bluetoothイヤホン
Bluetoothイヤホンをうまく充電できないときは、次の対処法を実践しよう。充電できない原因を見極めるには、購入時期をチェックするのがポイントだ。古いイヤホンが充電できない場合は寿命の可能性があるが、買ったばかりのイヤホンなら不良品の疑いもある。紹介する原因に当てはまらない場合は、サポートセンターに問い合わせてみるとよい。

接触不良や断線を確認

イヤホン本体が接触不良を起こしていないか、ACアダプタのケーブルが断線していないかなどを確認しよう。イヤホンの充電部に汚れやホコリが詰まっていると接触不良になりやすい。また、ACアダプタはペットに噛まれて断線するケースもあるので注意したい。

バッテリーが寿命になってないか確認

Bluetoothイヤホンを長期間使っている場合は、バッテリーの寿命が考えられる。製品によってはバッテリーを交換できることもあるので、取扱説明書で確認するかサポートセンターに問い合わせてみよう。

充電方法を変える

USBケーブルを使っている場合は、ACアダプタを使ってコンセントから充電するとよい。パソコンからUSBケーブルで給電する場合、供給電力が足りていない可能性があるためだ。

結論

Bluetoothイヤホンには、こまめな充電や初回のペアリングが必須となる。しかし使い方や接続がうまくいかないときの対処法さえ覚えてしまえば、スマートに扱えて便利だろう。正しい使い方でお気に入りのイヤホンを長持ちさせ、音楽を存分に楽しみたい。
  • 更新日:

    2022年2月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧