このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ダイニングテーブル

ダイニングテーブルをDIY!オシャレに仕上げるアイデアや注意点も

投稿者:ライター 西村七海 (にしむらななみ)

鉛筆アイコン 2022年2月20日

ダイニングテーブルは、部屋の印象を左右する重要な家具である。好みの既製品が見つからない場合は、ダイニングテーブルのDIYを検討してみてはいかがだろう。今回は、オシャレなダイニングテーブルに仕上げるアイデアや、DIYに挑戦する際の注意点を解説する。

  

1. ダイニングテーブルはDIYできる?

ダイニングテーブル
ダイニングテーブルのような大型家具のDIYは、敷居が高いイメージがあるかもしれない。そもそもダイニングテーブルをDIYすることは可能なのだろうか。

DIYは可能だが失敗することも

ダイニングテーブルのDIY自体は可能だ。しかし想像以上に難しいケースもあり、思わぬ失敗をしてしまうこともある。以下のような失敗に注意しよう。

デザイン性を追求して実用性が低下する

オシャレなデザインを追求するあまり、ダイニングテーブルとしての実用性が低くなってしまうことがある。現時点のインテリアやレイアウトに合わせてDIYした結果、模様替えに対応できなかったり、高さが合わなかったりするケースに注意しよう。

予算が少なく安っぽい仕上がりになる

ダイニングテーブルのDIYをする際、既製品を購入するよりも費用を安く抑えたいと思うものである。実際、既製品よりも低価格で仕上がる可能性はある。しかしあまりに安い材料で手作りすると、安っぽい仕上がりになってしまうため注意が必要だ。

技術不足で仕上がりがよくない

DIYの解説や動画では簡単にこなしている作業も、いざ自分が挑戦すると難しく感じるシーンが多々出てくるだろう。技術不足により、イメージしていた仕上がりにならないことも考えられる。

時間がかかり製作中の置き場がない

ダイニングテーブルのDIYには意外と時間がかかることが多い。すぐに完成する前提で作り始めたものの、想定以上に時間がかかってしまい、製作中のダイニングテーブルの置き場がなくなってしまうことがある。大きなダイニングテーブルが場所を取り、日常生活が不便にならないように注意が必要だ。

2. ダイニングテーブルのDIYに必要なもの

工具
ダイニングテーブルのDIYに必要な材料、道具を解説する。選び方のポイントもチェックしておこう。

天板

天板は「一枚板を使用する方法」と「複数の木材を組み合わせて作る方法」がある。質のよい一枚板が手に入るのであれば、そのまま使用してもよいだろう。ただし一枚板は高価なものが多く、重量があるため作業も難しい。中には反りが気になる材質のものもあるため注意しよう。複数の木材を並べる方法は手間がかかる分、趣がある天板に仕上げることができる。複数の木材を組み合わせて使用する場合は、裏で固定する下駄板も併せて用意しておこう。おすすめの材質は、加工がしやすいSPF材だ。

ダイニングテーブルの脚は、強度や高さなどの調整が難しい。そのため、既製品を選ぶと失敗しづらくおすすめだ。

工具と塗料

  • ヤスリ(サンドペーパー)
  • 布(水拭き用とから拭き用)
  • 塗料
  • ワックス
  • 筆またはブラシ
  • 手袋
  • ドリル
  • 釘、ネジ
工具や塗料などの道具は、上記を参考に作りたいダイニングテーブルに必要なものを用意しよう。ヤスリは80~400番の間で、4種類程度用意するのがおすすめだ。塗料にはさまざまな種類があり、仕上がりを大きく左右する。好みの仕上がりや、においの強さなどにも注意して選ぼう。ワックスでコーティングすることで塗装が長持ちするほか、木材の傷、腐食を防ぐ効果も期待できる。

3. ダイニングテーブルをDIYする方法

工具
材料や道具を準備できたら、早速ダイニングテーブルのDIYを始めよう。手順ごとにダイニングテーブルのDIY方法を解説する。

1.天板をヤスリがけする

天板の木目に沿ってヤスリをかける。粗目のヤスリから細目のヤスリの順番でかけるのがポイントだ。また、天板の角が鋭い状態のままでは、ぶつけた際にけがをするかもしれない。粗いヤスリから順にヤスリがけを行い、角取りをしておこう。

2.天板を塗装する

天板の木目に沿って塗装する。筆やブラシに塗料を少し含ませ、擦るようにして塗っていこう。塗装後は、塗料が天板(木材)に入るよう、数時間から数日置いておく。しっかり乾燥したら、布で余分な塗料を拭き取ろう。塗料の種類や仕上がりのイメージに応じて、重ね塗りを行うとよい。完全に塗料が乾いてから、ワックスを薄く塗り伸ばしてつや出しをする。ワックスが乾いた後も、布でから拭きして1~2日乾燥させよう。

3.天板を組み立てる(一枚板は不要の工程)

複数の木材を使用する場合は、天板を組み立てていく。木材を裏返して並べ、波釘を使ってつなぎ目を仮止めする。下駄板はつなぎ目に対して垂直にして、等間隔で並べてネジ止めしよう。

4.脚を取り付ける

天板の裏側に脚を取り付ける。ドリルで穴を開けてネジ止めするか、ビスを打ち込んで頑丈に固定しよう。脚を取り付けたら、ダイニングテーブルの完成だ。

4. オシャレなダイニングテーブルに仕上げるアイデア

筆
自分好みのオシャレなダイニングテーブルに仕上げるために、おすすめのアイデアを紹介する。自作したいダイニングテーブルのイメージ作りの参考にしてほしい。

あえて古く見せる!ヴィンテージ風ダイニングテーブル

天板にヴィンテージワックスを塗るアイデア。新しい天板をあえて古いものに見せる加工を取り入れた、オシャレなダイニングテーブルだ。もともと使用しているダイニングテーブルの天板のみを付け替え、ワックスを塗るだけで簡単にできるのもポイントだ。

天板のタイルがオシャレ!個性的なダイニングテーブル

天板にタイルを貼り付けることで、個性的なダイニングテーブルが出来上がる。ダイニングテーブルをDIYし、天板にお好みのタイルを貼れば完成だ。

傷や凹凸も生かして!古材で作るダイニングテーブル

新しい木材ではなく、あえて古材を利用したダイニングテーブルもおすすめだ。傷や凹凸も、味のある仕上がりにしてくれる。素材を生かしたダイニングテーブルを作ってみよう。

結論

大型家具であるダイニングテーブルだが、DIYは可能である。ただし失敗する可能性もあるため、解説した注意点を把握したうえで、しっかりと準備をしてから始めよう。ダイニングテーブルの作り方については、ぜひ当記事を参考にしてほしい。
  • 更新日:

    2022年2月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧