このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
革製品

【革製品にカビが生えた…!】やってはいけない意外な『NG行為』とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月16日

どれだけ大切にしていても、革製品にカビが生えることがある。うまく取り除けたと思ったら、においが残っていることもあるだろう。カビが生える原因や正しい落とし方を知り、適切な対処をしよう。お持ちの革製品を良好な状態で保っていただけるよう、予防策も併せて解説する。

  

1. 革製品にカビが生えるのはなぜ?

カビの生えた鞄
革製品には油脂やタンニンといった、カビが好む栄養分が豊富に含まれている。手入れ用クリームの拭き残しや、皮脂なども例外ではない。
またカビの発生には、保管方法も大きく関係している。
カビが生える要因の一つに、湿度がある。通気性が悪い場所に置いたままにしておくと、カビが繁殖する恐れがあり危険だ。また、カビは20〜35度の環境でさらに繁殖する。温度にも注意しなければならない。

2. カビが生えてしまったときの対処法

革靴とお手入れセット
革製品にカビが生えたときの対処には、いくつかの方法がある。
まず被害が軽度の場合、専用のブラシでブラッシングすれば落とせることがある。布で水拭きをしてもよいが、革製品に水分が残らないようにしてほしい。作業後は、革を傷めない程度に天日干ししよう。
ほかにも消毒用のエタノールや重曹、専用のクリーナーなどを使用する方法がある。
カビのにおいが残った場合は、緑茶の茶葉や重曹を使うのがおすすめだ。
自力で落とすのが難しい場合や被害が重度の場合は、革製品の専門業者やクリーニング店へ依頼しよう。

3. カビを発生させないための予防策

革のベルト
せっかくカビを取り除いても、保管方法に問題があると再発してしまう。
使用後は汚れをよく落とし、風通しがよい場所で陰干ししてから収納しよう。
なお保管中も、数ヶ月おきに陰干しすることをおすすめする。収納場所を換気したり、除湿シートや除湿剤を置いたりするのも有効な方法だ。

まとめ

大切な革製品がカビ被害に遭わないためには、保管時の湿度や温度に注意する必要がある。カビの栄養となる皮脂などにも気を付けた方がよいだろう。
今のところ問題がない人も、これを機に手入れや保管方法を見直してはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年4月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧