このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おうちキャンプ

おうちキャンプの楽しみ方 | 室内や庭でアウトドア気分を体験

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

鉛筆アイコン 2022年4月23日

名前の通り、自宅にいながらキャンプを楽しむことのできる「おうちキャンプ」は、工夫次第でいろいろな楽しみ方ができる。しかし、おうちキャンプに挑戦したくても、何をどのようにすればよいか分からないという場合もあるだろう。そこで今回は、おうちキャンプについて、楽しみ方や注意点について詳しく解説しよう。

  

1. おうちキャンプならアウトドア気分を味わえる

おうちキャンプ
おうちキャンプの最大のメリットは、本格的なキャンプグッズなどを用いることで、部屋、リビング、庭といった、自宅の敷地内で手軽にアウトドア気分を味わえる点だ。室内や敷地内でのおうちキャンプは、小さい子どもがいる家庭や天候に恵まれない場合でも、気兼ねなくみんなで楽しめるのが魅力である。

2. おうちキャンプの楽しみ方

おうちキャンプ
早速、おうちキャンプの楽しみ方について紹介しよう。

部屋や庭にテントを設置

おうちキャンプに欠かせないアイテムのテントを部屋や庭に設置すると、キャンプの雰囲気を作り出すことができる。これから購入する場合は、組み立てや片付けが簡単にできるポップアップ式のものがおすすめだ。

テーブルとチェアを置く

アウトドア用のテーブルやチェアがある場合は、テントの前に置くと食事や休憩のときなどに役立つ。折りたたみ式のものを選べば、持ち運びや収納なども簡単にできるだろう。

アウトドアグッズを配置

テントの中には、ツールハンガーを利用してLEDライトやランタンなどのアウトドアグッズを配置すると、キャンプの雰囲気を高められる。

キャンプ飯を料理する

食事は、メスティンなどのアウトドア調理器具を使用して、キャンプ飯を用意してみよう。ご飯を炊き、定番のカレーライスなどを作ったり、バーベキューを楽しんだり、工夫次第でいろいろなメニューを楽しめる。

キャンプならではのゲームをする

子どもも大人も一緒に遊べるカードゲームやボードゲームは、キャンプでも楽しめる。その他にもキャンプならではのゲームをおうちキャンプでも取り入れてみると、より充実した時間を過ごせるだろう。

夜はランタンの明かりで過ごす

おうちキャンプを室内でするときも、夜はキャンプ同様、部屋の照明を使用せずにランタンの明かりで過ごすのがおすすめだ。食事などのときもランタンの明かりで過ごすと、よりキャンプらしい雰囲気を作ることができるだろう。

3. おうちキャンプをするときの注意点

バーベキュー
最後におうちキャンプをするときの注意点について解説しよう。

火の取り扱いに注意

ガソリンランタンは、おうちキャンプで使用すると一気に本格的なキャンプの雰囲気を作り出せるグッズだ。しかし、ガソリンは揮発性も引火性も高い燃料であるため、ランタンや燃料の取り扱いには十分に注意することが大切である。調理のときに便利なシングルバーナーも、使用中に転倒させることのないように注意してほしい。

煙や匂いに注意

集合住宅の場合や隣人の家屋の距離が近い環境の場合は、キャンプ飯を調理するときに煙や匂いで迷惑をかけないように配慮することが大切だ。おうちキャンプでの煙や匂いのトラブルを避けたいときには、換気扇のある場所で調理するとよいだろう。

3密に注意

おうちキャンプは、限られた空間で行うため、感染予防の「密閉・密集・密接」に配慮することも大切だ。多人数を招いたりせずに、家族で安全に楽しめるように配慮しよう。

結論

今回は、おうちキャンプの魅力をはじめ、楽しみ方のアイデアや具体的な注意点について詳しく解説した。おうちキャンプは、工夫次第でいろいろな経験ができるため、ぜひ家族と相談しながら有意義な時間を過ごしていただきたい。
  • 更新日:

    2022年4月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧