このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ポット

電気ポットの洗浄はクエン酸と重曹で決まり!水垢の掃除方法を解説

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2022年4月 9日

電気ポットに付着した汚れは、簡単な洗浄でスッキリと落とせる。水垢や皮脂を除去して、清潔に使用できるようにしておきたい。この記事では、クエン酸や重曹を使った電気ポットの洗浄方法を紹介する。汚れの原因や洗浄の頻度、注意点とあわせて解説しよう。

  

1. 電気ポットの汚れの原因

ポット
電気ポットが汚れる原因は内側と外側で異なる。適した洗浄方法も違うので、あらかじめ確認しておこう。

内側が汚れる原因

電気ポットの内側が汚れる主な原因は水垢だ。水に含まれるミネラルが残って蓄積され、白い斑点のような汚れになる。人体に影響はないが、排出口の詰まりやにおいの原因になるため定期的に洗浄したい。水垢はアルカリ性の汚れなので、反対の性質がある酸性のクエン酸が有効だ。

外側が汚れる原因

電気ポットを手で触ると手垢が、キッチンに置けば油汚れが付着する。飲み物や食べ物にお湯を注ぐとき、排出口に跳ね返って汚れることもあるだろう。ホコリなら拭き取るだけもOKだが、皮脂や油汚れは時間がたつにつれて落としにくくなる。こういった酸性の汚れは、アルカリ性の重曹を使って洗浄しよう。

2. 電気ポットの洗浄が必要な頻度

ポット
電気ポットを洗浄する頻度は、1ヶ月に1回が目安だ。ただし、使用する回数が多いほど水垢はたまりやすい。使用する頻度によって、洗浄の回数を調整するといいだろう。
洗浄の手間を減らしたいなら、1日に1回は水を入れ替えてほしい。長期間使用しないときは、水を捨てて乾燥させておこう。ミネラルウォーターは水垢がつきやすいので、洗浄の手間を減らしたい場合は使用しないほうがいい。

3. 電気ポットの正しい洗浄方法

粉
電気ポットの洗浄方法を、外側と内側に分けて解説する。クエン酸や重曹を使用して汚れをスッキリと落とそう。

内側の洗浄方法

  • コンセントを外して満水の位置まで水を入れる
  • クエン酸(水1Lに大さじ1)を入れてお湯を沸かす
  • お湯が湧いたら保温にして2~3時間ほど放置する
  • 湯捨て位置からお湯を捨てる
  • キレイな水を入れて沸騰させたら排出口からコップ1杯くらいのお湯を出す
  • お湯を捨てて軽く水洗いする
火傷をする可能性があるので、お湯や湯気に触れないように注意しよう。また、一部の機種は、洗浄前にフィルターなどパーツを取り外す必要がある。説明書やメーカーの公式サイトで、詳しい洗浄方法を確認しておくと安心だ。

クエン酸がないときは酢で代用可能

クエン酸と同じ酸性の酢には水垢を落とす効果が期待できる。基本的な使い方はクエン酸と同じで、10倍希釈にしよう。調味料が入ったお酢は洗浄に向いていないため、穀物酢を選んでほしい。なお、お酢を使うとツンとしたにおいが残る可能性がある。内側やパッキンを念入りにすすぐなどの対策が必要だろう。

外側の洗浄方法

  • ぬるま湯(400~500ml)に重曹(大さじ1)を溶かす
  • 作った重曹水にふきんを浸して絞る
  • 電気ポットの外側に付着した汚れを拭き取る
  • 水分が残らないように乾拭きする
細かい部分の汚れが落ちないときは、古い歯ブラシを使って擦るといい。お湯をそそぐ排出口はとくに汚れやすいので、しっかりと洗浄しよう。

においが気になるときの対処法

電気ポットのにおいが気になる場合にも、クエン酸が効果的だ。上記で紹介した内側の洗浄と同じ方法でOK。水とクエン酸を入れてお湯を沸かし、つけ置きしたあとキレイにすすごう。

4. 電気ポットを洗浄するときの注意点

ポット
電気ポットを洗浄する場合の注意点を紹介しよう。トラブルを防ぐために、あらかじめ確認しておくと安心だ。

内部に傷をつけない

電気ポットの内部を強く擦ると、コーティングが剥がれて傷がつく。汚れが入り込む、サビが発生するなどのトラブルが発生するので、金属タワシなど硬い道具は使わないようにしよう。
また、重曹は研磨作用があり、内側の洗浄には適していない。加熱で炭酸ガスが発生して吹きこぼれることがあるので、内側への使用は避けよう。発泡する酸素系漂白剤や、内側を傷める塩素系漂白剤の使用もNGだ。

洗浄中の誤飲に注意

電気ポットを洗浄するとき、家族に知らせておかないと誤飲の可能性がある。クエン酸は口に入れても害はない成分だが酸っぱいため、飲み物や食べ物の味を台無しにしてしまいかねない。
専用の洗浄剤だと薬剤が入っているケースがあるので、とくに注意が必要だ。電気ポットに洗浄中と書いた紙を貼るなど、誤飲を防ぐための対策を十分にしてほしい。

結論

電気ポットを清潔に使用したいなら、月に1回の頻度で洗浄しよう。内側の水垢にはクエン酸が、外側の手垢や油汚れには重曹が効果的だ。正しい洗浄方法を確認して、汚れをスッキリと落としてほしい。内部を傷つけない、誤飲に注意するなどの注意点もあわせて確認しておけば、トラブルが防げるだろう。
  • 更新日:

    2022年4月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧