このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スニーカー

スニーカーのお手入れ方法 | 汚れの落とし方や保管の仕方を解説

投稿者:ライター 西村七海 (にしむらななみ)

鉛筆アイコン 2022年5月 7日

カジュアルファッションに欠かせないスニーカー。お気に入りのスニーカーほど履く機会が多くなり、汚れが気になってくるものだ。そこで今回は、スニーカーの汚れの落とし方や保管方法など、手入れの仕方について解説する。いつも清潔なスニーカーで、気持ちよく出かけよう。

  

1. 汚れたスニーカーの手入れ方法

スニーカー
ひとくちにスニーカーといっても、素材は布やレザー、スエードなどさまざまである。素材によって手入れ方法が異なるため、それぞれ解説していく。道具やグッズなども参考にしてほしい。

布製スニーカーの手入れ方法

  • スニーカーの靴紐と中敷を外す
  • 砂などの汚れがひどい場合はブラシで軽く落としておく
  • スニーカーを水で濡らして中性洗剤とブラシでこすり洗いする
  • ソール部分はメラミンスポンジでこすり洗いする
  • 泡がなくなるまで水ですすぐ
  • タオルや雑巾で水気をとる
  • 風通しのよい場所にスニーカーを干す
  • 乾いた後に防水スプレーをかける

布製スニーカーのひどい汚れの落とし方

  • バケツに靴がしっかりとつかる程度のぬるま湯をためる
  • おしゃれ着用中性洗剤を溶かす
  • スニーカーを30分ほどつけおきする
  • 洗剤が残らないようブラシを使って水ですすぐ
  • タオルや雑巾で水気をとる
  • 風通しのよい場所にスニーカーを干す
洗剤の量は、湯量や汚れの程度によって調節する必要がある。目安は日頃の洗濯の5倍以上の量だ。あまりにひどい汚れには、30倍ほどでも問題ない。

レザー製スニーカーの手入れ方法

  • 専用のブラシで汚れを落とす
  • 綿の布などを使用して、古いクリームやワックスを拭き取る
  • 新しいクリームを塗る
  • 布を使用して余分なクリームを拭き取る
  • 皮革製品対応の防水スプレーをかける

スエード製スニーカーの手入れ方法

  • 毛並みに逆らうようにブラッシングする
  • 毛並みに沿わせるようにブラッシングする
スエード製のスニーカーには、ブラッシングが効果的だ。上記の手順は、毛のブラシを使用した手入れ方法である。ゴムブラシを使用する場合は縦、横、斜めにブラシを動かし、毛の奥に詰まっている汚れをかきだしてキレイにしよう。

2. スニーカーの毎日の手入れ方法

スニーカーの手入れ
新しいスニーカーや、上記の方法で手入れしたスニーカーは、できるだけキレイな状態をキープしたいものである。毎日の手入れ方法を知り、頑固な汚れが付着するのを防ごう。

簡単な汚れの落とし方

ソール部分の汚れには、消しゴムが効果的だ。軽い汚れであれば、消しゴムをかけるだけで簡単に落とせる。そのほかには、アルコールスプレーを使う方法もおすすめだ。ティッシュや布などにアルコールを含ませ、スニーカーを拭くだけで手軽に清潔を保てる。

ソールの汚れの落とし方

消しゴムのほかにも、歯ブラシと歯磨き粉を使った手入れがおすすめだ。歯ブラシを水で濡らし、ソールの汚れをこすろう。濡れた布で拭き取ってから、歯磨き粉をつけた歯ブラシでブラッシングするとよい。ある程度汚れが落ちれば、濡れた布でしっかりと拭き取って完了だ。

3. 手入れしたスニーカーの保管方法

シューキーパー
丁寧に手入れしたスニーカーも、保管方法が悪ければ劣化を早めてしまうおそれがある。正しいスニーカーの保管方法を解説しよう。

シューキーパーを使う

シューキーパーといえば、革靴やドレスシューズの型崩れを防止するアイテムというイメージが強い。しかし除菌や脱臭、履きジワを防止する効果もあるため、スニーカーの保管にもおすすめのアイテムだ。

高温を避けて保管する

温度の高い場所で保管し続けると、靴底が剥がれやすくなってしまう。スニーカーの保管は、高温になる場所を避けよう。

結論

スニーカーは衣類のような頻度で洗わないため、気づけば汚れてしまっていることも少なくない。スニーカーの素材ごとに適した方法でキレイに洗い、毎日の手入れや適切な保管で清潔に長持ちさせよう。正しい手入れの仕方を知りたいときは、ぜひ当記事を参考にしてほしい。
  • 更新日:

    2022年5月 7日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧