このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カラーボックス

カラーボックスの引き出し収納が便利!活用法をアイデア実例で紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2022年5月28日

カラーボックスを上手に活用したいなら、引き出し収納を取り入れよう。収納できるものが増えて、整理整頓もしやすくなる。この記事では、カラーボックスに合う引き出しの選び方と活用方法をまとめた。100均やニトリのグッズを使ったアイデアのほか、DIYのアイデアを紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. カラーボックスの引き出し収納のメリット

引き出し
カラーボックスと引き出しを組み合わせると、収納したものが見えなくなる。生活感が出やすいものをスッキリと隠せるのが魅力だ。引き出しの色やデザインにこだわれば、オシャレなインテリアになるだろう。
また、引き出しがあれば棚の高さを活かせるため、収納力がアップする。洋服や小物などのオープンラックに収納しにくいものがしまいやすく、出し入れもしやすい。さらに、同じ段に複数の引き出しを並べれば、よりわかりやすく分類できる。

2. カラーボックスに合う引き出しの選び方

かご
まずはカラーボックスにピッタリの引き出しを選ぶことから始めよう。選び方のポイントをまとめた。

縦置きするか横置きするかを決める

カラーボックスは縦置きと横置きの両方で使用できる。どちらを選ぶかで適した引き出しのサイズが異なるので、まずは置き方を決めておこう。そのうえで、幅と高さ、奥行きなどの棚の内寸を測ってほしい。

引き出しを何段にするかを決める

次にカラーボックスの棚板の位置を決めよう。入れたいものに合った高さにするのがポイントだ。また、1段に複数の引き出しを並べる方法がある。積み重ねが可能なアイテムもあるので、上手に活用してほしい。1段に引き出しをいくつ入れたいのか、事前に決めておくことが重要だ。

メーカーを揃える

カラーボックスと、引き出しのように使えるインナーボックスとを組み合わせる方法がある。カラーボックスとメーカーが同じ場合、サイズがピッタリと収まるように作られているものが多い。異なるメーカーのインナーボックスや、そのほかの収納ケースと組み合わせるなら、キレイに収まるように正確なサイズを測っておこう。

3. カラーボックスの引き出し収納アイデア | 100均

ファイルボックス
100均のアイテムを使用した、カラーボックスの引き出しアイデアを紹介する。どれも簡単な方法なので、ぜひ試してみてほしい。

100均グッズを使ったアイデア

ファイルボックスを活用する

100均のファイルボックスを、引き出しとして使用するアイデアだ。棚に並べることで、書類やファイルを分類して整理できる。ラベリングすれば中身が見えなくてもわかりやすい。

ストレージボックスは使いやすい

カラーボックスの棚にピッタリと収まる、ストレージボックスを引き出しとして活用しよう。中にファイルボックスを並べれば、仕切りとして使用できる。書類や小物の分類に便利だ。

4. カラーボックスの引き出し収納アイデア | ニトリ

カラーボックス
ニトリにはシンプルで使いやすいアイテムが揃っている。カラーボックスの引き出し収納に役立つアイデアをまとめた。

ニトリグッズを使ったアイデア

Nインボックスが便利

ニトリの「Nインボックス」はいろいろなサイズから選べる。自由に組み合わせができ、1つの段に複数の引き出しを入れることも可能だ。カラーが豊富なので、カラーボックスやインテリアに合ったものが見つかるだろう。

専用引出しレールで出し入れが簡単

ニトリのカラーボックスに取り付けられる「専用引出しレール」を活用するアイデアだ。専用の「収納ボックス」と組み合わせれば、レールでスムーズに出し入れができる。収納ボックスのサイズは浅型と深型の2種類だ。

5. カラーボックスの引き出し収納アイデア | DIY

引き出し
カラーボックスをDIYすれば、オシャレで使いやすい引き出し収納を実現できる。おすすめのアイデアを2つ紹介しよう。

引き出し収納のDIYアイデア

突っ張り棒でデッドスペースを有効活用

引き出しの上にスペースがあるなら、2本の突っ張り棒を前後に並べて取り付けよう。その上に棚板を載せれば簡易的な棚になる。コンパクトな収納ボックスやトレイを置けば、引き出しとして使用することも可能だ。

インナーボックスをオシャレにDIY

インナーボックスの表面にベニヤ板を貼り付けて、取っ手を取り付ける。ベニヤ板をアンティーク風に塗装したり、オシャレな取っ手を選んだりすれば、本格的な家具のように見えるだろう。リメイクシートを貼り付けてもいい。

結論

カラーボックスは引き出しと組み合わせると便利だ。生活感があるものを隠すことができ、さらに収納力もアップする。引き出しの段数を決める、メーカーを揃えるなど、まずは引き出しの選び方をチェックしよう。紹介した100均やニトリのグッズ、DIYのアイデアを参考に、カラーボックスを使いやすくカスタマイズしてほしい。
  • 更新日:

    2022年5月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧