このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
腕時計

ワインディングマシーンとは?必要性と選び方やおすすめ3選も紹介!

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2022年6月15日

時計は、機能だけでなく身につける人のステータスもあらわすという。高級時計になると機械式時計の自動巻きタイプが多くなるが、しばらく身につけていないと針が止まってしまう。ワインディングマシーンは、針が止まらないようにゼンマイを巻き上げてくれる機械だ。ワインディングマシーンを選ぶときのポイントやおすすめを紹介しよう。

  

1. ワインディングマシーンとは

腕時計
時計好きでなければ、ワインディングマシーンが何をする機械なのかわからないかもしれない。

自動巻き上げ機のこと

ワインディングマシーンは、日本語で「自動巻き上げ機」と呼ばれている。機械式時計で自動巻きタイプの時計は、腕を振ることで自動的にゼンマイを巻き上げてくれる。しかし50~100時間ほどそのままにしていると、針が止まってしまう。ワインディングマシーンを使用することで保管していても針を動かし、さらに時計を長持ちさせることができる。

2. ワインディングマシーンは必要?磁気を帯びるリスクとは

腕時計
ワインディングマシーンは、必要なのか。そのメリット・デメリットを考えて判断してもらいたい。

メリット

ワインディングマシーンの最大のメリットは、時刻・日付をいちいち合わせる必要がないということだ。長く保管していてもワインディングマシーンによって自動巻きされるので、使いたいときにカレンダーや時刻を合わせる必要がない。
また、時計が常に動いているので、機械油の偏りが少なくなるというメリットがある。長時間時計が止まったまま放置しておくと、内部の機械油が固まってしまう危険性がある。時計内部の機械の調子を整えるためにも、動かし続けることは大切だ。

デメリット

金属の塊のような時計は、磁気を帯びやすいという性質をもっている。磁気を発生させるワインディングマシーンは、誤作動の原因になることもある。
また、ワインディングマシーンを使うことで時計は常に動いている状態となり、消耗・劣化が早まる可能性がある。とくに定期的にオーバーホールしていない場合、部品同士が摩耗しているので、時計内部に負担がかかって故障の原因になることもある。

3. ワインディングマシーンを選ぶときのポイント

腕時計
ワインディングマシーンには、いろいろなタイプがあり、購入するときに迷ってしまう。ここでは、選ぶときのポイントを紹介しよう。

収納本数

ワインディングマシーンに収納できる時計の本数で選ぶ。初めてワインディングマシーンを使う場合や価格を抑えたい場合には、1本だけ収納できるタイプがおすすめだ。ワインディングだけでなく、保管スペースのある製品もあるので用途に合わせて選ぼう。

給電方式

ワインディングマシーンには、コンセント式と乾電池式の2種類の給電方式がある。コンセント式は安定した給電ができるが、持ち運びができない。一方、乾電池式は、定期的に乾電池を取り換える必要はあるが、設置場所を選ばない。ライフスタイルに合わせて給電方式を選ぼう。

素材

ワインディングマシーンは、素材によっても価格がずいぶんと変わってくる。インテリアの一部として扱いたいのであれば、高級木材や革を使ったディスプレイ用のものがおすすめだ。巻き上げ機能だけで十分という場合は、安価なプラスチック製でいいだろう。

回転方向も必ずチェックしよう

ワインディングマシーンには回転方向がある。「時計回り」「反時計回り」「両方向回転」の3種類だ。自分が持っている時計の回転方向と逆を選んでしまうと、巻き上げることができないので、選ぶときには注意しよう。

4. おすすめのワインディングマシーン3選

腕時計
ワインディングマシーンは、いろいろなメーカーから発売されている。その中からとくにおすすめを紹介しよう。

エスプリマ(Es'prima)「ES10301」

1本巻き上げ用のワインディングマシーンだ。時計に合わせて4段階の巻き上げモードをチョイスできる。シンプルでコンパクトなデザインは、コレクションケースとしてもおすすめだ。

イギミ(IGIMI)「IG-ZERO102A-5」

ワインディングマシーンの作動中は、ブルーのLEDランプが点灯する。外装は洗練されたデザイン、内装は高級感漂うキャメルカラーのベルベッドを採用している。日本製のマブチモーターを使っており、静音性も抜群だ。ベッド脇に置いても、動作音がほぼ気にならない。

ロイヤルハウゼン(Royal hausen)「GC03-L21EB」

木目調の高級感あふれるワインディングマシーンだ。美しいフォルムは、コレクションケースとしても活用できる。ロイヤルハウゼンの確かな技術力が光る逸品といえる。

結論

ワインディングマシーンとは自動巻き上げ機のことで、腕時計を保管するときに使う。メリットは、時刻・日付をいちいち合わせる必要がないということ。デメリットは磁気を発生させ、誤作動の原因になることもあることだ。選ぶときは収納本数、給電方式、素材、回転方向をチェックしよう。コレクションケースにもなるので、インテリアとして楽しむこともできる。
  • 更新日:

    2022年6月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧