このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
玄関

ミニマムライフとは?実践方法や部屋の様子など気になるポイント解説

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2022年6月 3日

ミニマムライフというライフスタイルが若い世代を中心にひそかなブームとなっている。モノがあふれ、何でも手に入れることができる現代社会。本当に必要なモノとは何かを突き詰め、実践するのがミニマムライフだ。モノや情報に囲まれた生活に疲れたという方のなかには興味のある方も多いのではないだろうか。ここでは、ミニラムライフのメリットや実践方法などを紹介しよう。

  

1. ミニマムライフの定義とは?

机といす
まず、ミニマムライフの定義やよく混同されるほかの言葉などについて、紹介しておこう。

ミニマムの定義

ミニマムとは「最小限」とか「最低限」といった意味を持つ言葉だ。また、ミニマムは絶対量を示していて、法律やルールなどで決められた範囲に対して「最小限」を示す。

ミニマルやシンプルとの違いは?

ミニマムとよく似たニュアンスで使われるのが「ミニマル」や「シンプル」という言葉だ。
日本人は、この2つの言葉をミニマムと同意語として扱う傾向があるが、英語圏では明確に区別されている。
ミニマムが絶対量を示しているのに対して、ミニマルは相対的で量だけでなく「質」をあらわす言葉だ。このことからミニマルは「自分にとって可能な限り少ない量」であり、ミニマムのように絶対的な「最小限」「最低限」とは限らない。
たとえば、お気に入りのアイテムは大切に使い続けて、循環のある暮らしを大切にするといった生活がミニマルライフの考え方だ。
シンプルライフは、生活を簡素化することが主な目的で、その結果余計なモノを持たない生活だ。ミニマムライフのように、初めから徹底的にモノを持たない暮らしを目指しているわけではない。

ミニマムライフとは?

ミニマムライフは、所有するモノを最低限に少なくするところから始まる。そして、できる限りシンプルに暮らすことを目指す。本当に自分の必要なモノは何かを生活のなかで常に考えていく。モノに正面から向き合い、シンプルな暮らしを実践することで心のゆとりを生むことを知るのがミニマムライフだ。
人間は、求めれば求めるほど欲しくなるもの。「持たない」を具現化するミニマムライフは、多くを求めない。多くを求めないからこそ満足感が得られ、心豊かに生きることができる。モノに支配されない生活は時間や空間、心にゆとりが生まれ、常に自由な心でいられるのだ。

2. ミニマムライフがもたらすメリットとは?

Tシャツ
ミニマムライフを実践してみると、いろいろなメリットを発見することがある。

ストレスから解放され、心にもゆとりが生まれる

ミニマムライフでは、本当に必要なモノしか持たない。そのため、モノを管理するストレスから解放される。時間や空間にゆとりができて、心にも余裕が生まれる。さらに、物欲や執着心からも解放されるため、モノに支配されない暮らしができる。その結果、心を豊かにすることにお金や時間を使え、より多くの幸福感が味わえる。

維持費がかからず節約できる

持ち物を少なくしたミニマムライフでは、モノを管理する必要がなくなる。モノが多いと管理や把握がしきれず、重複して購入してしまうことも多い。電化製品も必要最小限となり、電気代や維持費も節約できる。

何が大切なのかがわかる

モノがあふれていると、本当に必要なモノがわからなくなってしまう。ミニマムライフにすると「なくても困らないモノ」がたくさん見えてくる。そのなかで「絶対に必要なモノ」「身近に置いておきたいモノ」を発見し、そこに愛着という幸せも生まれる。

3. ミニマムライフを実践している人の部屋はどんな感じ?

ソファー

家具やインテリアの配置

ミニマムライフの家具やインテリアの配置では、まずは、「壁に寄せる」ことがポイントだ。壁に寄せることで部屋の面積が広がる。空間が広がれば心のゆとりも生まれる。
次に、置く場所を決める。部屋のコーナーは家具を置きやすい場所だ。コーナーにまとめて家具を置けば、空間にゆとりが生まれる。また、縦のラインで家具を並べるとシンプルなレイアウトを作ることができる。

カラーコーディネート

カラーコーディネートは、できるだけシンプルにまとめよう。色味は少なくし、ナチュラルカラーやシックなモノトーンなどで統一すれば、広さを演出できる。

収納スペース

ミニマムライフで最も重要なのが収納スペースだ。収納スペースを工夫することで、必要最低限のモノを持つミニマムライフに一歩近づくことができる。
たとえば、靴を靴箱に収納するときには、ゆとりを持たせることだ。通気性もよくなってカビの発生などを抑えることもできる。靴箱にはいるだけと決めておけば、不要な靴が増えることもない。
また、クローゼットを見せる収納と隠す収納に使い分けることで、今持っている服の数や種類を把握しやすくなる。余分な服を買うこともなくなり、コーディネートもしやすくなる。
また、クローゼットを見せる収納と隠す収納に使い分けることで、今持っている服の数や種類を把握しやすくなる。余分な服を買うこともなくなり、コーディネートもしやすくなる。

4. 思い立ったが吉日!ミニマムライフを始めてみては?

かご
モノに振り回されている生活に疲れたら、思い切ってミニマムライフを始めてみよう。いきなりミニマムにする必要はない。まずは自分の持ち物がどれくらいあって、本当に必要なモノは何かを考えてみることだ。
そのあとで、徐々に要らないモノをそぎ落としていくことからミニマムライフの一歩が始まる。縛り付けられていたモノから解放され、身も心も軽やかになったことを実感できるだろう。

結論

ミニマムライフとは、必要なモノだけを厳選し、できるだけモノに支配されないライフスタイルを指す。ミニマムライフのメリットは、空間に余裕ができて、心にもぜいたくな時間が生まれ、節約にもつながることだ。何が本当に大切なのかがわかることも大きなメリットだ。ミニマムライフという新たなステージに踏み出してみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年6月 3日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧