このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
封筒

長形4号の切手代は?定形外郵便物になるケースや速達料金なども解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月29日

長形4号の封筒は書類を出すときによく使われる。しかし長形4号にはどれくらいの用紙が入るのか、切手代はいくらなのかピンとこない方も多いのではないか。そこでこの記事では長形4号とはどんな封筒か解説し、切手代や速達料金を紹介しよう。あわせて長形4号が定形外郵便物になるケースや、切手を貼る位置などもピックアップした。

  

1. 長形4号とはどんな封筒?切手代はいくら?

封筒
まずは長形4号のサイズや入る用紙の例、切手代などの基本情報から見ていこう。なお、以下で紹介している切手代は2022年6月16日時点の情報だ。

長形4号封筒のサイズは?どんな書類が入る?

長形4号のサイズは縦205×横90mmだ。3つ折りにしたB5用紙がちょうど入る大きさのため、B5の書類を郵送するときにはとくに向いている。

長形4号の切手代は定形郵便物の料金を見ればよい

定形郵便物は重さが50g以内で、大きさが最小140×90mmから最大235×120mmまで、厚さ10mmまでと定められている。つまり長形4号の封筒が重さ50g以内なら、おおむね定形郵便物に該当する。長形4号の定形郵便物を郵送する際の切手代は、25g以内の場合は84円、50g以内の場合は94円だ。

ただし50gを超えると定形外郵便物になる

長形4号の封筒が50gを超えた場合は定形外郵便物になる。しかしひと口に定形外郵便物といっても、規格内と規格外の2種類があるので要注意だ。規格内は長辺が340mm以内・短辺が250mm以内・厚さが30mm以内で、重さが1kg以下のものが該当する。それより大きいものは規格外として扱われる。長形4号の縦横サイズは規格内だが、まれに厚みや重さによって変わってくることもあるだろう。
長形4号の切手代は、規格内で100g以内の場合は140円、150g以内の場合は210円だ。規格外で100g以内の場合は220円、150g以内の場合は300円かかる。

2. 長形4号にオプションをつけて出すときの切手代は?

硬貨
長形4号に速達や書留などのオプションをつけて出す場合の切手代はいくらなのだろうか。ここでは各オプションごとの切手代を解説する。なお、以下で紹介している切手代は2022年6月16日時点の情報だ。

長形4号を速達で出す場合の切手代

長形4号の封筒を速達で出す場合、速達代がプラス260円かかる。切手代と合わせた値段は25g以内の場合は344円、50g以内の場合は354円だ。

長形4号を一般書留で出す場合の切手代

長形4号を一般書留で出す場合、追加で435円のオプション代がかかる。切手代との合計金額は、25g以内の場合519円、50g以内の場合529円だ。さらに配達証明を利用する場合は、追加で320円かかる。

長形4号を簡易書留で出す場合の切手代

長形4号を簡易書留で出す場合、オプション代は320円だ。合計金額は25g以内の場合404円、50g以内の場合414円となる。

長形4号を特定記録で出す場合の切手代

長形4号に特定記録をつけて郵送する場合は追加で160円かかる。切手代と合わせると25g以内の場合は244円、50g以内の場合254円となる。

3. 長形4号封筒に切手を貼る位置は?

切手
長形4号の封筒に切手を貼る場合、どの位置に貼ったらよいのか迷うこともあるだろう。そんなときは以下のポイントを押さえておくとよい。

縦長にしたときに「左上」になる位置が基本

基本的に切手は、封筒を縦長にしたときに左上になる位置に貼ろう。切手を貼る位置が決まっているのは、郵便物を機械で仕分ける際の作業をスムーズにするためだ。

切手は何枚まで貼ってよいのか?

1円や2円の切手が大量にあるときなどは、封筒にまとめて貼って消費したくなることもあるかもしれない。1枚の封筒に貼れる切手の枚数に制限はないが、たくさん貼ると寄せ集めのような印象になるためビジネスシーンにはふさわしくない。切手を何枚も貼るのは、友人や家族など親しい人に手紙を出すときのみに留めておこう。

4. 長形4号の切手代は重さで変わる!わからないときは窓口へ持参しよう

ポスト
長形4号は基本的に定形郵便物として扱えるが、重さが50gを超えると定形外郵便物になる。不安なときや重さがわからないときは、封筒を郵便局の窓口へ持参して計量してもらうとよい。コンビニでは基本的に郵便物の重さを計量してもらえないため、注意が必要だ。

結論

B5用紙を3つ折りにして入れるのにちょうどいい長形4号の封筒は、ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで活躍する。切手代は基本的に25g以内の場合は84円、50g以内の場合は94円と覚えておこう。定形外郵便物になる場合は、規格内・規格外のいずれに当てはまるかもチェックしたい。
  • 更新日:

    2022年7月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧