このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
重曹スプレー

アブラムシ駆除には重曹スプレー!無農薬で退治する方法を解説

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2022年8月20日

アブラムシを無農薬で駆除したいなら、重曹スプレーがおすすめだ。簡単に手作りできるうえ、野菜や果樹などにも安心して使用できる。この記事では、アブラムシの駆除に有効な重曹スプレーの作り方を紹介しよう。重曹以外の駆除方法や、アブラムシが大量発生した場合の対処法とあわせてまとめたので参考にしてほしい。

  

1. アブラムシとは?

トマト
アブラムシとは、植物に口針を刺して汁液を吸う吸汁性害虫の一種だ。体の大きさは1~2mmで、色は黄緑色のものが多い。さまざまな植物に集団で付着するのが特徴だ。

アブラムシによる被害

アブラムシは、肛門から甘い汁を出して植物をベタベタにしたり、アリを呼び寄せたりする。また、排泄物はすす病の原因になるので注意が必要だ。さらにアブラムシは、ほかの植物からウイルスを媒介することもある。放置すると被害が広がる可能性があるので、重曹スプレーなどを使用して早めに駆除してほしい。

アブラムシを無農薬で駆除するメリット

農薬を使えばアブラムシの駆除は簡単だが、健康への影響が心配だ。アブラムシは口に入れる野菜や果樹に付着することも多いため、なるべく無農薬で駆除したい。重曹スプレーなら、小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安全に使えるだろう。

2. アブラムシ駆除には重曹スプレーがおすすめ

重曹スプレー
アブラムシ駆除で活躍する重曹スプレーの作り方を紹介する。使い方や注意点とあわせて解説するので、重曹スプレーを使用する前にチェックしてほしい。

重曹スプレーの作り方

  • 重曹(小さじ1)と食用油(20ml)をよく混ぜる
  • 水(500ml)を加えてさらによく混ぜる
  • 台所用中性洗剤(1~2滴)を垂らして混ぜたらスプレーボトルに入れる
重曹は100均やドラッグストア、ホームセンターなどで購入しよう。材料を加えてよく混ぜるのが作り方のポイントだ。水と食用油は混ざりにくいため、台所用中性洗剤を加えることで分離防止になる。

重曹スプレーの使い方

重曹スプレーは、よく振ってから吹きかけてほしい。しばらく放置してアブラムシが窒息すれば駆除は完了だ。最後に水を使って洗い流そう。また、落ちたアブラムシの死骸を放置すると、ほかの虫が集まる可能性がある。植物の周りに新聞紙を敷いておき、駆除のあとに死骸ごと捨てれば後片付けが簡単だ。

重曹スプレーを使用する際の注意点

重曹スプレーの成分が残ると、葉が変色する可能性があるので注意しよう。キレイな水で洗い流して、しっかりと落とすことが重要だ。重曹スプレーとは別に霧吹きを用意しておき、キレイな水を吹きかけるとよい。

3. 重曹以外でアブラムシを駆除する方法

てんとう虫
重曹以外による、アブラムシに効果的な駆除方法をまとめた。重曹スプレーと同じく無農薬で駆除できる方法なので、自分にあった方法で駆除しよう。

手で取り除く

アブラムシが少ない場合は、1匹ずつ手で取り除いてもよい。細かい作業になるのでピンセットを使用してもOKだ。

粘着テープや歯ブラシを使う

直接手で触れるのに抵抗がある場合は、粘着テープや歯ブラシを使おう。粘着テープは粘着力が弱いものを使用して、貼り付けたあとゆっくりと剥がせばよい。歯ブラシで擦って落とす場合は、アブラムシを入れるための容器を用意しておこう。傷める可能性があるので、柔らかい新芽や薄い葉に粘着テープや歯ブラシを使うのは避けたほうがよい。

てんとう虫に捕食してもらう

ナナホシテントウやナミテントウ、ダンダラテントウなど肉食のてんとう虫は、アブラムシの天敵だ。ビニールハウスの中に入れておけば、捕食してもらえる。幼虫は通販でも購入できるので、ビニールハウスで植物を育てている方はチェックしてみよう。

牛乳スプレーを使う

牛乳をそのまま、もしくは水と1対1の割合で混ぜてスプレーボトルに入れ、重曹スプレーと同じように、アブラムシに吹きかければOKだ。牛乳が乾くのを待てば膜ができてアブラムシが窒息する。雑菌の繁殖や腐敗、悪臭の原因になるので、駆除が終わったあとはしっかりと洗い流してほしい。

石鹸水スプレーを使う

石鹸を水に溶かしてスプレーを作り、アブラムシに吹きかけよう。分量は水1Lに対して石鹸1gが目安だ。植物への影響を減らしたいなら、無香料・無着色の石鹸を選ぶとよい。吹きかけて10分ほど待ったあと、石鹸が残らないようにキレイに洗い流そう。また、食用油1と食器用洗剤1、水50の割合で混ぜて使用する方法もある。使い方は石鹸水スプレーと同じだ。

4. アブラムシが大量発生したときの対処法

殺虫スプレー
アブラムシは繁殖力が非常に強く成虫になるのも早いため、短期間で一気に増殖する。気候がおだやかな4~6月や9~10月は、とくに大量発生しやすいので注意が必要だ。大量発生した場合、重曹スプレーでは駆除が追いつかないことがある。
スプレータイプの殺虫剤を使用して一気に駆除するのが効果的だ。食品由来の成分を使った殺虫剤は安全性が高いので、安心して使用できるだろう。市販の殺虫剤でもアブラムシが駆除しきれない場合は、専門業者への依頼を検討してほしい。

結論

アブラムシの駆除に効果的な重曹スプレーは、簡単に手作りできる。材料を混ぜてからスプレーボトルに入れて、植物に吹きかけよう。駆除のあとは水でキレイに洗い流すのがポイントだ。粘着テープや歯ブラシを使う、牛乳スプレーを使うなど、重曹スプレー以外の駆除方法も紹介したので、あわせて参考にしてほしい。
  • 更新日:

    2022年8月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧