このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メラミンスポンジ

メラミンスポンジで歯を磨くとどうなるか知ってる?意外すぎるその結果とは?

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2022年8月31日

メラミンスポンジで歯を磨く場合は注意が必要だ。一般的な掃除用メラミンスポンジを歯に使用すると、さまざまなリスクが発生する。この記事では、掃除専用と歯専用のメラミンスポンジの違いをまとめた。歯専用メラミンスポンジの使い方や、使う際の注意点とあわせて紹介しよう。

  

1. メラミンスポンジを歯に使うと危険な理由

歯
硬い無数の網目があるメラミンスポンジは、擦ることで頑固な汚れを削り落とすことができるアイテムだ。一見、歯の汚れ落としにも使えそうだが、歯に使用するとさまざまなリスクが発生する。以下で、歯に使用してはいけない理由を確認しておこう。

歯のエナメル質が削れる

メラミンスポンジには強い研磨作用があるため、着色汚れと一緒にエナメル質も削ってしまい危険だ。エナメル質とは表面をおおっている硬い層のことで、歯を保護する役割がある。食事の酸で溶けても再石灰化で修復することもあるが、メラミンスポンジで削れたエナメル質は元に戻らない。

歯が着色しやすくなる

メラミンスポンジで歯を磨くと表面に細かな傷がつく。その傷にコーヒーや食べ物、ワインなどの着色汚れが入り込んでしまうため、注意が必要だ。着色汚れを落とすために強く磨けばさらに傷がつくので、悪循環になってしまう。

虫歯や知覚過敏になりやすくなる

エナメル質には歯を保護する役割があり、削れると虫歯や知覚過敏になりやすくなる。虫歯になった歯は元に戻らないため、歯医者での治療が必要だ。健康な歯を維持するためにも、掃除用のメラミンスポンジを歯に使用するのは避けてほしい。

2. メラミンスポンジの歯専用と掃除専用の違い

メラミンスポンジ
ここでは、歯専用と掃除専用のメラミンスポンジについて違いをまとめた。歯をケアするための基礎知識として、チェックしておこう。

歯専用にはホワイトニング成分が含まれているものがある

歯専用とは、医療用のメラミンフォームによる歯磨き用品のことだ。歯専用のメラミンスポンジにはポリリン酸ナトリウムなどのホワイトニング成分が含まれているタイプが多く、表面に付いた頑固な着色汚れを除去することができる。
一方で海外で販売されている歯専用のメラミンスポンジは、刺激の強い成分を含んだものが多い。海外のオンラインストアで購入する際には十分に気をつけよう。

掃除用にはホルムアルデヒドが含まれていることがある

掃除用のメラミンスポンジはホルムアルデヒドを含むことがある。ホルムアルデヒドは皮膚にダメージを与える材質だが、製造の過程で毒性は取り除かれるため掃除に使用するだけなら問題がないだろう。ただし、口に入れたときの影響はわかっていないため、歯磨きに使用するのは避けてほしい。

3. 歯専用メラミンスポンジの使い方

メラミンスポンジ
専用のメラミンスポンジは、正しい方法で使うことで効果を発揮する。基本の手順をチェックしておくことが大事だ。

まずは水で濡らす

まずは歯専用のメラミンスポンジを水に濡らそう。水気が多いと感じたら軽く切るとよい。薬剤を使用しているタイプなら、乾かないうちに使用することが大事だ。商品によって使い方が異なることもあるので、事前に説明書を読んでおくとよいだろう。なお、歯専用メラミンスポンジは審美用なので、歯ブラシと歯磨き粉を使った歯磨きも必要だ。

歯の表面を優しく擦る

歯専用のメラミンスポンジを歯に当てて磨いていこう。力を入れすぎないように注意しながら、優しく擦るのがポイントだ。歯茎を擦ると炎症や出血の原因になるので注意しよう。磨き終わったら水で口をすすげば完了だ。歯専用メラミンスポンジは使い捨てタイプが一般的なので、使用後は処分してほしい。

4. 歯専用メラミンスポンジを使う際の注意点

歯
歯専用のメラミンスポンジでも、使い方を間違えると危険だ。2つの注意点をあらかじめ確認しておこう。

何度も強く擦りすぎない

歯専用のメラミンスポンジでも、強く何度も擦るとエナメル質が削れることがある。知覚過敏や虫歯の原因になるので、やりすぎには注意しよう。表面を優しく擦っても落ちない着色汚れは、歯科医に相談してほしい。

差し歯や人工歯には使わない

歯専用のメラミンスポンジは天然歯を磨くためのものだ。差し歯や人工歯に使用すると、表面のツヤがなくなる可能性がある。差し歯や人工歯に当てないように注意しながら、歯専用メラミンスポンジを使用することが大事だ。

結論

掃除用のメラミンスポンジは歯には使用できない。エナメル質が削れてしまい、歯が着色しやすくなったり虫歯や知覚過敏になりやすくなったりする。頑固な着色汚れを落としたいなら、歯専用のメラミンスポンジを活用しよう。水に含ませて優しく擦れば、表面に付着した着色汚れがキレイに落ちる。ただし、何度も擦り過ぎないようにする、差し歯や人口歯には使えないといった注意点もあるので、事前に確認しておいてほしい。
  • 更新日:

    2022年8月31日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧