このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ネクタイ

使わなくなった「ネクタイ」はアレに再利用できるってほんと!?知って得する『ネクタイの便利すぎる活用術』とは

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2022年9月 2日

使わなくなったネクタイは工夫次第で再利用ができる。デザインを活かしながらリメイクすることで、オシャレなアイテムに生まれ変わるだろう。この記事では、ネクタイの再利用アイデアを6つ紹介する。ブックカバーやメガネケース、ペンケースなどの作り方を解説しよう。

  

1. ネクタイの再利用アイデア1|ブックカバー

ベンチ
ネクタイの柄を活かして、オシャレなブックカバーにリメイクする再利用方法だ。お気に入りの本のサイズにあわせて手作りしてほしい。

ネクタイをブックカバーにリメイクする方法

  • ネクタイを解いて芯や裏地を取り除く
  • 布の形を整えたら大剣の剣先を2cmほど内側に折りたたむ
  • 裏布のフチを5~1cmほど内側に折りたたむ
  • 裏布を剣先に重ねたら縫い付ける
  • 大剣の残りもしくは小剣で2cmの帯を作る
  • 2cmの帯を裏表紙側から6~7cmに挟んで裏表紙の抑えをつくる
  • 返し口を残して表布と裏布を縫い合わせる
  • ブックカバーを裏返したら返し口を縫う
大剣(ブレイド)とはネクタイが太くなっている方の剣先だ。細いほうは小剣(スモールチップ)なので、再利用するときの基礎知識として覚えておこう。ネクタイにオシャレなタグがついてれば、手順7のときに挟んで縫い付けるとよい。

2. ネクタイの再利用アイデア2|子ども用ネクタイ

ネクタイ
小さな子ども用のネクタイとして再利用する。冠婚葬祭など、いろいろなシーンで使えるアイテムになるだろう。

ネクタイを子ども用にリメイクする方法

  • ネクタイの小剣をちょうどよい長さに切る
  • 結び目の部分を15cmを目安に切る
  • 首周りを測って余った部分をたたみながら縫い合わせて小剣通しを作る
  • 小剣通しとネクタイを縫い付ける
  • 結び目にあたる部分を輪ゴムで縛ってネクタイの形に整えて縫い付ける
  • スナップボタンを取り付けたあと輪ゴムを切って取り除く
お子さんのネクタイとして再利用する際は、首周りを測ってちょうどよい大きさになるよう調整しよう。なお、小剣通し(ループ)とは、ネクタイを締めるときに小剣を通す部分だ。

3. ネクタイの再利用アイデア3|メガネケース

ネクタイ
ネクタイを再利用してメガネケースにリメイクしよう。簡単に手作りできるので、ぜひチャレンジしてほしい。

ネクタイをメガネケースにリメイクする方法

  • ネクタイを解体する
  • 裏返して二つ折りにしたら下と横を縫い付けて袋の形にする
  • 袋をひっくり返す
  • 袋の上の部分をステッチでほつれ止めをする
  • ボタンとボタン紐を縫い付ける
ネクタイの生地が薄いときは、接着芯や綿を中に入れて二重布を作っておくと丈夫に仕上がる。オシャレなネクタイタグがある場合は、縫い付けて飾りにするとよいだろう。

4. ネクタイの再利用アイデア4|男性用の腰巻エプロン

ネクタイ
複数のネクタイを再利用すれば、男性用の腰巻きエプロンが手作りできる。オシャレで実用的なアイテムに仕上げよう。

ネクタイを腰巻エプロンにリメイクする方法

  • 大剣を下にしてネクタイを縦に並べる
  • 上の部分をちょうどよい長さにまとめて切る
  • ネクタイをつなぎ合わせて縫う
  • 上部に横にしたネクタイを縫いつけて結び紐にする
ネクタイの色合いを考えながら並べてほしい。洗えるネクタイや撥水加工されたネクタイを再利用すれば、機能性や利便性が優れたエプロンに仕上がる。

5. ネクタイの再利用アイデア5|ペンケース

ネクタイ
ネクタイを再利用したペンケースの作り方を紹介しよう。ネクタイの形をそのまま活かせるのが魅力だ。

ネクタイをペンケースにリメイクする方法

  • 小剣の側をちょうどよい長さに切る
  • ネクタイを裏返して切った部分を縫い閉じる
  • 表に返してボタンをつける
  • 大剣の先端をほどいたら接着剤を塗布したボタン紐を差し込んで縫う
ネクタイのタグをそのまま活かすことで、オシャレなアイテムに仕上がる。収納したいペンの長さにあわせてサイズを調整しよう。

6. ネクタイの再利用アイデア6|リボン

リボン
ネクタイをリボンにリメイクして再利用する。お子さんが喜ぶ可愛い飾りとして、活用してほしい。

ネクタイをリボンにリメイクする方法

  • 作りたいリボンの横幅の3倍くらいの長さでネクタイを切る
  • 切ったところを中に隠すように左右からたたむ
  • ヒダやシワを作りながら真ん中をゴムで結ぶ
  • ネクタイの細い部分を切り取ったら結んだ部分をつつんで裏側を縫い付ける
ネクタイの剣先を片方にもってくるようにすると、大人っぽい雰囲気のリボンになる。ヘアゴムやカチューシャにつけて髪飾りにしたり、帽子やバッグに縫い付けたりするとオシャレだろう。

7. 使っていないネクタイをリメイクしてみよう

ネクタイ
使っていないネクタイをそのまま処分するのはもったいない。再利用することで、オシャレなアイテムに生まれ変わる。作り方をチェックして、ネクタイのリメイクに挑戦してみよう。

結論

ネクタイはさまざまなアイテムにリメイクできる。そのまま処分するのではなく上手に再利用してほしい。ブックカバーやメガネケース、ペンケースなどの作り方をチェックしてみよう。ネクタイを自分の手でリメイクすることで、愛着がわくアイテムに変わるはずだ。
  • 更新日:

    2022年9月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧