このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タオル

この発想、天才か…!不要なバスタオルをまさかのアレに再利用!?知って得する『バスタオルの便利すぎる活用術』とは

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2022年9月 4日

古くなったバスタオルはさまざまな形で再利用が可能だ。処分する前に有効活用してみよう。この記事では、簡単に実践できるバスタオルの再利用アイデアをまとめた。縫ってリメイクする方法や意外な再利用方法も紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. バスタオルを縫わないで再利用する方法5選

タオル
縫わない方法なら、誰でも簡単にバスタオルを再利用できる。すぐに試せる5つのアイデアを紹介しよう。

枕カバーとして使う

バスタオルを枕に巻いて枕カバーとして再利用するアイデアだ。汗や皮脂がついても手軽に洗濯でき、枕を清潔な状態で使用できる。吸水性があるため汗をかきやすい夏にピッタリだ。

バスマットとして使う

バスタオルを二つ折りや三つ折りにして洗面所に敷けば、バスマットになる。吸水性が高いため、足についた水や垂れた水滴をしっかり吸い取れるだろう。玄関に置いておき、汚れや汗を拭き取る足拭きとして再利用してもよい。

ペットの敷物として使う

ペットのハウスや寝床にバスタオルを敷くアイデアだ。ふわふわとした柔らかな寝床になり、汚れや毛が付着しても手入れがしやすい。冬の寒さ対策として使ったり、散歩後の足拭きとして使ったりもできるので、ストックしておくと便利だ。

クッションの中身にする

バスタオルを市販のカバーに詰めるだけでクッションになる。バスタオルの幅を調整して、クルクルとゆるめに巻く。あとはゆとりを持たせて複数のバスタオルを詰めれば完成だ。カバーだけ用意すれば簡単に作ることができ、通常のクッションと違って中身も手軽に洗濯できる。

梱包資材として使う

引っ越しや片付けの梱包にバスタオルを再利用しよう。傷つけたくないものや割れ物を包んだり、ダンボールの隙間を埋めたりするときに役立つ。わざわざ梱包資材を購入する必要がなく、繰り返し使えるのがメリットだ。

2. バスタオルを簡単に縫って再利用する方法3選

雑巾
タオルを縫って、便利なアイテムにリメイクする方法をチェックしよう。3つの再利用のアイデアを紹介するので、試してみてほしい。

掃除用の雑巾にリメイク

バスタオルを適当な大きさにカットして半分に折りたたむ。それからグルリと一周縫い、最後にバツ印に縫えば繰り返し使える雑巾が完成だ。フローリングやキッチンなど水回りの掃除に便利で、洗濯すれば繰り返し使用できる。なお、縫わずにバスタオルを小さくカットして、使い捨てできる雑巾として再利用するのもおすすめだ。

キッチンマットにリメイク

2枚のバスタオルを用意したら、キッチンマットのサイズにカットしよう。あとは2枚のバスタオルを重ねたあと、バイアステープで4辺を縫い付ける。オシャレな柄のバイアステープを使えば、デザイン性が高いキッチンマットとして再利用できるだろう。調味料がこぼれても手軽に洗える。

ウォールポケットにリメイク

まずはバスタオルを半分にカットしてほしい。片方はカットした部分を裏側に1cmほど折り返して、ほつれ防止のために縫い合わせよう。突っ張り棒に通して使うなら、通し口を作っておくとよい。切ったもう片方はポケットにするので、好きな大きさにカットしよう。あとはポケットを大きいほうのバスタオルに縫い付ければOKだ。

3. まだまだある!バスタオルの再利用アイデア

タオル
上記で紹介した以外にも、バスタオルの再利用する方法はある。2つの意外なアイデアを解説しよう。

災害時に備えてとっておく

災害への対策としてバスタオルをストックしておくと便利だ。体に巻けば防寒になり、ケガをしたときの応急処置にも使える。目隠しや敷物にしたりお子さんのおむつにしたり、さまざまな用途で活躍するだろう。防災袋や車の中に入れておくと、いざというときすぐに使用できる。

大量のバスタオルは寄付をして再利用してもらう方法も

バスタオルの寄付を募集しているNPO団体を探してみよう。送料などが必要になるが、使わないバスタオルを困っている方のために再利用してもらえる。ただし、受け付けているバスタオルの量や条件、必要な費用は団体によって違うので、事前に調べてから寄付することが大事だ。

4. バスタオルを再利用して最後まで使い切ろう

タオル
古いバスタオルはさまざまな用途で再利用できる。そのまま処分するのはもったいないので、ぜひ有効活用してほしい。紹介したアイデアを参考にして、最後までバスタオルを使い切ろう。

結論

古いバスタオルは、枕カバーやバスマットとして再利用が可能だ。ペットの敷物にしたり、梱包材として使ったりとさまざまな形で役立つだろう。縫って掃除用の雑巾やウォールポケットにリメイクするのもおすすめだ。そのほかには災害時の備えとしてストックしたり、寄付したりといった方法もあるので、ぜひチェックしてほしい。
  • 更新日:

    2022年9月 4日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧