このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
寝室

発見したゴキブリを放置して寝ると恐ろしいことに…放置を後悔する危険な理由と覚えておくべき駆除方法とは

投稿者:ライター 中本菜摘 (なかもとなつみ)

鉛筆アイコン 2022年9月18日

夜中にゴキブリを発見したのに、駆除せず寝てしまったことはないだろうか。夜中にバタバタすると近所迷惑だし、何より眠たい。ついそのまま寝てしまいたくなるかもしれないが、ゴキブリを野放しにするのはとても危険なのだ。今回は、ゴキブリを放置して寝るとどんな危険があるのか、駆除方法や侵入を防ぐ方法も併せて解説しよう。

  

1. ゴキブリを放置して寝る危険性

寝室
ゴキブリは夜行性であるため、夜間は昼より活発に動いている。そのため、ゴキブリを放置して寝ることはとても危険なのだ。どんな危険があるのか、具体的に解説する。

卵を産んで繁殖する

ゴキブリは1匹あたり1回に20個から30個の卵が産めるほど繁殖力が高い。1度の交尾だけで何度も産卵できてしまう生き物なのだ。温暖な気候であれば、年中産卵することができる。クロゴキブリは1週間から10日、チャバネゴキブリは10日から20日の間隔で産卵するため、驚異的なスピードで増えていく。1匹でも見つけたときは、寝る前でも放置せずにすぐ駆除しよう。

病原体を媒介する

ゴキブリに付着する病原体には注意が必要だ。ゴキブリは基本的に不衛生な場所にいるため雑菌だらけである。その雑菌を食器や家具につけて歩いているのだ。人間が雑菌に触れると「食中毒」や「急性胃腸炎」などの病気にかかる恐れがある。また、ゴキブリの死骸やフンはアレルギー症状を引き起こすことがある。放置して知らぬ間に潰すと細かくなった物質が空中を舞い、吸い込んだ人に喘息の症状が出ることもあるのだ。

2. 寝る前に放置せずにゴキブリを駆除する方法

殺虫剤
「いまそこにいたのに、いつの間にかいない!」そんなときでも駆除できる方法をいくつか紹介する。

隠れていそうな場所に殺虫剤を噴射する

ゴキブリがいそうな場所に徹底的に殺虫剤を噴射しよう。とりあえず噴射すれば、ゴキブリがいた場合、出てくる可能性があり、あわよくばそのまま死んでくれるかもしれない。死んだゴキブリが卵を持っていた場合は孵化してしまうので、放置せずに寝る前に処分しよう。

粘着シートを仕かける

どうしてもゴキブリが見つからない場合の策として、寝る前に粘着シートを仕かけておくのもおすすめだ。しかし粘着シートのみに頼る場合は、捕まるまでの間に部屋のどこかに卵を産み落とす可能性もあるので注意しよう。

くん煙剤を焚く

就寝までに時間がある場合はくん煙剤を焚く方法もある。くん煙剤を焚いているあいだは部屋に入れないが、これなら部屋の隅々まで煙がいきわたり、ゴキブリがどこに隠れていても駆除することが可能だ。くん煙剤使用後はしっかり換気をしてから寝るようにしてほしい。

毒餌を置いておく

見逃したゴキブリの対処法として、毒餌を設置してみよう。放置したゴキブリを駆除するとともに、巣にいるほかのゴキブリも駆除できるかもしれない。ただし、毒餌が外のゴキブリを呼び込んでしまうこともあるので注意が必要だ。

部屋を密閉して後で駆除する

放置したゴキブリの応急処置として、ゴキブリを見つけた部屋を密閉することで、人間が寝る部屋への侵入を防げる。手元に駆除グッズがない場合や、どうしても寝たい場合の対策としておすすめだ。

3. ゴキブリを侵入させないための対策

掃除道具
ゴキブリを放置して寝るとどんな危険があるのか、どんな対策があるのかを解説してきた。しかし、そもそもゴキブリを侵入させなければ、寝るときに慌てて駆除する必要もない。ゴキブリを侵入させないために日ごろからできる対策を紹介しよう。

侵入経路を塞ぐ

ゴキブリは家のあちこちにある小さなすき間から侵入してくる。とくに侵入しやすい箇所は、網戸とサッシのすき間や、換気扇、排水トラップのない排水口や排水管など。すき間を発見したときには、販売されているシートやテープなどで埋めよう。

部屋やエアコンを掃除する

ゴキブリは雑食で、ホコリや人間の髪の毛も食料の1つである。ホコリが溜まりがちな部屋の隅や棚の上、エアコンなどはとくに注意してほしい。エアコンは月に1回はフィルター掃除を行うようにしよう。また、寝室はホコリも髪の毛も溜まりやすいため注意が必要だ。

キッチンを清潔にする

家電が多数設置され、ホコリが溜まりやすく、油汚れや食べかすも多いキッチンはゴキブリが好む場所だ。こまめに掃除しなければゴキブリが大量発生してしまう。さらにゴキブリはシンクに溜まる生ごみにも寄ってくるため、寝る前のシンク掃除のついでに生ごみも処分し、放置しないようにしよう。

ダンボールや古紙を放置しない

ゴキブリは暖かくて暗く、狭い環境を好む。ダンボールや古紙はまさにゴキブリが好む環境であり、最悪の場合卵を産みつけてしまうこともある。ダンボールはこまめに捨てて家には放置しないよう心がけてほしい。

結論

今回は、ゴキブリを放置して寝るとどんな危険があるのか、駆除方法や侵入を防ぐ方法を紹介した。ゴキブリは1匹見つけたら100匹いるともいわれる。1匹でも発見した場合は寝る前であっても放置せずに駆除してほしい。ゴキブリを発見しやすく、かつ棲みつかれない家にするためにも、掃除や片づけをこまめに行うことが大切である。
  • 更新日:

    2022年9月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧