このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

不要になった除湿器4つの処分方法を解説!お得な方法も

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

梅雨時や部屋干しに大活躍の除湿機。湿気の多い日本では一般的な家電と言えるだろう。一方で壊れたり、古くなったり、買い替えのために処分する場合の方法がわからないという声もある。そこで今回は、除湿機の4つの処分方法、処分にかかる費用、おトクに処分する方法について解説する。

1. 除湿機を自治体回収で処分する

不用品の処分として、まず思いつくのは家庭ゴミとして出すことだろう。除湿機を各自治体に家庭ゴミとして回収してもらう場合、粗大ゴミ扱いになることが多い。ゴミの分類については各自治体によってルールが異なるが、最大辺30~50センチ未満の除湿機は普通ゴミで出せることもある。自治体回収は処分費用が無料~数百円程度で済み、手間もあまりかからない。

自治体の粗大ゴミ回収の一般的な手順は、まず電話やホームページで回収を予約し、コンビニ等でシール(処理券)などを購入する。そして回収日に指定場所へ処理券を貼った除湿機を出すだけだ。回収日までに数週間待つ可能性があることや、回収日に回収場所まで除湿機を自分で運ばなければならないというデメリットもある。

自治体によっては小型家電リサイクル法による回収を実施している場合もあるので、合わせて確認しよう。各自治体が設置した回収ボックスによる回収のほか、認定業者による店頭回収を行っているケースもある。有料の場合や、回収品目・大きさが限定される場合もあるので店舗へ直接確認する必要がある。

2. 除湿機の処分を回収業者に依頼する

転居などの予定があり、すぐに除湿機を処分したい場合や、回収場所まで運ぶ時間がない・重くて一人で運べないといった場合は、回収業者を利用する手もある。電話一本で回収に来てくれることがほとんどだ。

自治体によってはフロンガスを利用している除湿機は回収していないケースもあり、その場合も回収業者へ依頼することになる。フロンガスを利用しているのはコンプレッサー方式とハイブリッド方式の除湿機である。

回収業者への依頼は有料だが、ほかの不用品と合わせて回収を依頼することで費用を抑えられる可能性もある。

3. 除湿機を売却して処分する

まだ使える除湿機は、リサイクルショップへ売ることもできる。自分で持ち込めばその場で処分できるだけでなく、すぐに査定してもらえ現金を手にできるため、お得な方法である。

リサイクルショップが近くにない場合は、インターネットオークションサイトやインターネットの不用品売買サイトを利用する手もある。オークションではリサイクルショップより高く売れることが多いだろう。見栄えのよい写真と、適切な説明文を付ければ、思いのほか高額で売却できる場合もある。

ただし送料負担には注意したい。着払いにするか送料負担を加味した金額で売却しないと、赤字になってしまうリスクもある。

4. 除湿器を下取りへ出して処分する

新製品購入のために除湿機を処分するなら、下取りに出す方法も検討したい。下取りに応じてもらえるかは各販売店に問い合わせる必要がある。

大手インターネット家電販売サイトでは、一定額以上の買い物をすることで不用品を無料で引き取りをしていることもある。1,500円ほどで下取りしてもらえる場合や、下取りキャンペーンでポイントがもらえるサービスを実地しているサイトもある。

結論

季節を問わずに活躍する除湿機は、リサイクル店やネットオークションでも人気の商品である。少しでも高く売りたいならまずはオークションを検討したい。新製品を購入する予定があるなら、下取りについて確認しよう。なるべく手間をかけずに早く処分したい場合は、回収業者へ依頼するのが一番だ。費用を抑えて気軽に処分したいなら、各自治体の回収を利用することをおすすめする。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ