このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

トースターの捨て方。粗大ゴミになる場合と、ならない場合がある。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年2月 5日

あなたはトースターの捨て方を知ってるだろうか?トースターはパンを焼く以外にも、焼き色を付けたり、揚げ物を温めりと意外と重宝する。比較的使う頻度が多い家電だけに、壊れたり、古くなって処分することもあるだろう。今回はトースターの基本的な捨て方や、お得に処分するコツ、川崎市での具体的な捨て方を併せて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トースターの捨て方は不燃ゴミか粗大ゴミ

トースターは、電子レンジやオーブンよりも小型で軽量なものが多い。小型で機能がシンプルなポップアップ式トースター、食パン以外も焼ける普通のトースター。どちらも電熱式と呼ばれるものが一般的だ。

トースターは「不燃ゴミ」や「一般ゴミ」に分別されることが多いが「金属類ゴミ」としてリサイクルされる場合もある。不燃ゴミは自治体によって呼び方が異なり「燃えないゴミ」「燃やさないゴミ」などと表現されることもある。

長辺が30㎝以上のトースターは「粗大ゴミ」に分別する自治体も多い。粗大ゴミは有料で収集している自治体が多く、申し込みが必要な場合が多い。詳細は事前に自治体に問合せよう。

2. 川崎市でトースターを捨てるには

それではトースターを神奈川県川崎市で捨てる場合の具体的な方法をみてみよう。川崎市ではトースターは小物金属または粗大ゴミに分別され、最長辺が30㎝以上で粗大ごみ扱いとなる。

川崎市では小物金属ゴミは、月2回の収集で、祝日も収集している。予約の必要ない。袋には入れずに「資源物集積所」にそのまま捨てる。各地区の収集日や詳細は川崎市のホームページで確認できる。

川崎市(くらし・手続き)ごみ出しに関するページ

川崎市では粗大ゴミは、月2回の収集で、小物金属と同じ日に行われる。小物金属と違い、粗大ゴミは申し込みが必要だ。粗大ゴミは、日曜日と年末年始を除く午前8時~午後4時45分まで「粗大ゴミ受付センター」で受け付けている。収集日の3日前まで申し込み可能だが、申し込み多数の場合は次の収集日になることもある。

インターネットによる申し込みもでき、聴覚等に障害がある方には専用ファックス番号が設けられている。

処分手数料の目安は200円で多くのコンビニで購入できる。レジで「粗大ゴミ捨てる時のシールが欲しい」と言えば通じる事が多い。

手数料はあくまで目安なので、申し込み時に必ず確認してほしい。

3. 処理手数料無料!トースターをお得に処分する方法

捨てる時に処理手数料がかかることもあるトースター。無料で処分したい場合はどうしたらよいか。

トースターは、未使用のものならリサイクルショップで売れるかもしれない。不用品売買サイトなどを利用してもよいだろう。安価なトースターは売れにくいが、人気のあるブランドのものやキャラクターもの、スタイリッシュなものや、きれいに清掃してあるものなら売れる可能性は高い。

ただし梱包の手間や清掃の手間が生じるので注意。配送料の負担も加味した金額で出品し、赤字にならないように注意しよう。

また、他にも処分したいものがたくさんあるなら、不用品回収業者へ依頼してもよいだろう。その場合は完全無料回収なのか一部有料回収なのか、有料の場合には出張費などのオプション料金がかかるのかなど、依頼前に必ず確認しておきたい。無料で回収している品と同梱すればトースターも無料回収となるケースもある。

特定の地域であれば、粗大ゴミを分解して小さくすることで、不燃ゴミや小型金属として捨てれる場合もある。

しかし、粗大ゴミを分解を禁止している地域もあるため、必ず事前に自治体への確認を忘れずに。

自治体のホームページからメールで問い合わせてもいいが、電話が一番早いので、電話での確認をおすすめする。

結論

トースターは不燃ゴミで捨てられる場合が多いが、金属類ゴミとして他の不燃ゴミとは分けて収集している自治体もあるし、粗大ゴミになることもある。どのゴミ種別になるかは自治体によって異なるため、お住いの自治体に直接確認してほしい。また、インターネットで売ったり、不用品回収業者へ処分を依頼することも検討してみる価値はあるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ