このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ホットプレートの頑固な汚れもこれで完璧!汚れ別お手入れ方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

ホットプレートは、使う頻度こそ多くはないが、友人など大勢が集まった時のホームパーティや、子どものおやつ作りなどで使うと大変便利な調理器具である。お好み焼き、餃子、ホットケーキなどホットプレートがあれば簡単に楽しく料理することができる。しかし、使ったあと汚れをキレイに落としておかなければサビや、こびりつきの原因にもなる。ここではホットプレートの汚れをキレイに落とすお手入れ方法や鉄板のこびりつきに有効な方法をいくつかご紹介しよう。

1. ホットプレートの油汚れをキレイに落とすには台所用中性洗剤がおすすめ

ホットプレートを台所中性洗剤で洗うときの手順を説明する。

1、ふた、プレート類、スチームトレイ、電源コードなどを本体から外し、手で取ることができる汚れや異物を取り除く。
2、ぬるま湯で油汚れを流しても油が浮いている場合などは、薄めた台所用中性洗剤をぬるま湯に溶かし、スポンジに染み込ませて、丁寧に汚れを落とす。

ただし、電源コードが、水で濡れてしまうと感電や火災の危険があるため濡らさないように注意する。また、金属たわしやみがき粉を使うとホットプレート表面に傷をつけてしまい、コーティングをはがすことからサビの原因にもなるため使わない

3、ぬるま湯で洗い流す
4、最後に軽く絞った布巾や、キッチンペーパーなどで残った水分をしっかりとふき取る。

台所用中性洗剤でも落としきれない頑固な油汚れには○○が便利!

台所用中性洗剤を使っても落としきれない場合は、重曹がおすすめだ。重曹は、水に溶かすとアルカリ性の性質をもち、反対の酸性と結びつくことで互いの働きを打ち消し水に溶けやすい成分に変化させるのだ。だから、酸性の代表でもある油汚れを落とすには重曹が最適なのだ。また、重曹は粒子が非常に細かく水に溶けにくい性質がある。そのため、水に溶かしてもペースト状になりクレンザーとしても効果を発揮するのだ。

このように万能な重曹は、100均などでも手軽に手に入りホットプレートの油汚れだけでなく、換気扇、ガスコンロ、排水管の詰まりなどにも使える便利アイテムなので是非ひとつもっておくとよい。

では、頑固なホットプレートの汚れを重曹で落とす方法をみていこう。まずは重曹ペースを作る。

・重曹 大さじ2~3杯
・水 大さじ1杯程度
・重曹ペーストを作る容器

容器は汚れを落とす際にスプーンで重曹ペーストをすくうためできれば口が広く、浅めのものがよい。
容器の中に重曹と水を加えペースト状に練る。

1、重曹ペーストを油汚れが気になる箇所にぬり、10分~15分放置する
2、スポンジや、キッチンペーパーなどを使い汚れと重曹を取り除く
3、最後に水で濡らし軽く絞ったタオルでもう一度ふき取る

2. ホットプレートのサビをキレイに落とす方法

油や汚れなどが付着したまま放置しておくと、ホットプレートのサビ付きの原因になってしまうだろう。サビが付着してしまったら、下記のような方法でキレイに落とすことができるので是非試してみよう。

サビ取りに使うものは料理などで使う「お酢」。お酢は穀物酢でも米酢でもよい。

1、ホットプレート全体にお酢を適量流し込む
2、ホットプレートを保温にして、サビの程度によって数分~数十分加熱する。
3、お酢の中に剥がれ落ちたサビが溶けて、色が変わってくる。

これは、酢が弱酸性の性質を持ち酢に含まれる酸が鉄を溶かすためサビが取れるのだ。

鉄板をサビさせないためのコツ

サビを落とす方法を覚えておくと、ホットプレートだけでなく、鉄製のフライパンのサビ予防などさまざまな場面で活用できる。しかし、それと同時に鉄板がサビてしまう原因を探り、サビさせないコツも覚えておこう。

鉄板がサビる原因は傷や腐食などさまざまなものがあるが、湿気などを吸収することも一つの要因だ。鉄板が湿気を帯びたままだと、サビ付きやすくなってしまう。使用後はしっかりと乾燥させ、長く保管する時には乾燥材などを使ったり、新聞紙でくるんだりして、サビを防止しよう。

3. 鉄板のこびりつきに最強なのはこの方法!

では、最後にホットプレートのこびりつきをキレイにするお手入れ方法を紹介しよう。

キレイに洗ったようでも、こびりつきが残ってしまうことがある。そんな時は下記の方法を試してみよう。

1、ホットプレートを高温に設定
2、高温になったら氷をこびりつき部分に置く
3、こびりついていた汚れが浮いてきたら、キッチンペーパーでふき取る

この方法を知っておくと、ホットプレートについた汚れや、こびりつきも簡単に落とすことができる。

結論

いかがだったろうか?ホットプレートの汚れには、さまざまなものがある。汚れに応じたお手入れ方法を知っておくと長くキレイな状態を保つことができる。また、サビさせないために保管時の注意点やキレイに保つコツなども併せて知っておくとよい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ