このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

シンサレート布団の洗濯方法。羽毛より暖かいと噂の布団を自宅で洗う

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月26日

シンサレート布団は、暖かく薄いという特徴があり注目を集めている。また、羽毛布団に比べてコストパフォーマンスが良いのも人気の理由だろう。しかし、シンサレート布団を購入したが、どのように洗濯をすればよいのか悩んでいる人もいるのではないだろうか。そこで、シンサレート布団の洗濯方法について紹介する。

1. シンサレート布団は洗濯機で丸洗いできる

シンサレート布団を購入して、洗濯方法が気になっている人もいるだろう。シンサレートは、マイクロファイバーとポリエステルで構成された化学繊維の布団である。化学繊維で作られている布団は、基本的に洗濯機で丸洗いをしても布団を傷めてしまう心配はない。また、羽毛布団などは洗濯をした際に、打ち直しが必要になるが、シンサレート布団は打ち直しの必要がない。

2. 例外あり!シンサレート布団を洗う際の注意点

シンサレート布団は、基本的に家庭用の洗濯機で丸洗いすることができる。しかし、例外もあるので注意が必要だ。シンサレート布団と言っても様々な種類がある。ノンダスト対策や抗菌対策などの加工がされている、企業オリジナルのシンサレート布団も展開されているのだ。そのため、シンサレート布団の中には洗濯機で丸洗いしてしまうと、傷ついてしまうものもある。シンサレート布団を洗う際には、きちんとタグを確認してほしい。「洗濯機で丸洗いが可能なのか」「どのような温度で洗うのが理想なのか」などの記載がされている。

3. 化学繊維のシンサレート布団は乾燥機を使えないのか

シンサレート布団は、マイクロファイバーとポリエステルで構成されている。マイクロファイバーの使用量が多いもの、ポリエステルの使用量が多いもの、どちらも乾燥機の使用は避けるべきである。オリジナルのシンサレート布団を販売している企業によっては、乾燥機の使用は可能、というように記載している企業もある。

また、一方で乾燥機の使用は避けるべきとの記載をしている企業もある。シンサレート布団に組み合わされている繊維などによって、異なる場合があるが、乾燥機は使わないのが理想である。シンサレートは、吸収性が1%以下の化学繊維である。そのため、濡らしてもすぐに乾く特徴があるので、シンサレート布団は自然乾燥が適している。

4. シンサレートは無臭でほこりがつかない

布団特有のにおいが気になり、寝苦しさを感じたこともあるのではないだろうか。シンサレートが使われている布団は、においがなく無臭である。そのため、においに悩むことなく快適に眠ることができる。また、シンサレートは羽毛布団と比べてほこりがつきにくい。仮に、ほこりがついても、洗濯機ですぐに洗うことができる。においやほこりが気になる人にとっては、シンサレート布団が適しているだろう。

結論

シンサレート布団には、化学繊維が使われているので、基本的には洗濯機で丸洗いすることができる。しかし、布団によっては、洗濯機で洗うことができない場合もある。そのため、シンサレート布団を洗濯する際には、洗濯機で洗うことができるのかタグをきちんと確認しよう。また、乾燥機を使えるのかということについても一緒に確認しよう。少し手間にはなるが、シンサレート布団を傷めしてしまわないように、確認するようにしよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ