このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

フライパンの捨て方。誰も教えてくれないゴミ出しルールの話

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

毎日のように調理に使うフライパンだが、テフロン加工のものは長く持っても寿命は2~3年と言われている。鉄製のフライパンは一生ものと言われることもあるが、重くて使いにくかったり、大きさが合わないために処分する場合もあるだろう。今回は、フライパンを捨てる時の一般的な分別方法と、名古屋市・川崎市での具体的な捨て方を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フライパンは不燃ゴミか資源ゴミか?

フライパンをゴミ捨てに出すとき、「不燃ゴミ」に出していいのか、「資源ゴミ」としてだすのか迷うかもしれない。

自治体で「金属類」などの資源ゴミ収集をしていることもあれば、拠点回収やリサイクルステーションでの「資源回収」を実施し、フライパンを資源ゴミとして扱っている所もある。

また、多くの自治体が30㎝以上のフライパンは粗大ゴミとしている。しかし、30㎝に取っ手は含まないケースもあり、結局のところ、自治体によってゴミ捨てルールは全く異なるので、ホームページなどを確認してから処分する方法以上のものはない。

2. フライパンの捨て方!名古屋市の例

愛知県名古屋市でフライパンを捨てる場合、「不燃ゴミ」に分別されるが、リサイクルステーションの利用も推奨されている。

また、名古屋市の場合、30㎝角を超えるものは粗大ゴミ扱いになり、当然30cmを超えるフライパンも粗大ゴミ扱いになるので、不燃ゴミとして出さないように注意したい。

不燃ゴミでフライパンを捨てる

名古屋市の不燃ゴミの収集は月に1回で原則として各戸収集で、自宅前の道路際に収集日の指定時間までに出すが、地域によっては集積場所に出す必要があるので注意したい。各区の収集日は名古屋市のホームページで確認できる。

名古屋市では、不燃ゴミは「家庭用不燃ごみ用指定袋」に入れて出すことになっているが、家庭用不燃ごみ用指定袋は名古屋市のコンビニやドラッグストア、スーパーなどで販売している。インターネットでも購入可能だが、価格は一般のゴミ袋と大差はない。

リサイクルステーションを利用してフライパンを捨てる

リサイクルステーションでの回収は、毎月決められた日に開催されているので、開催日や開催場所は名古屋市のホームページで確認してほしい。

粗大ゴミでフライパンを捨てる場合

名古屋市の粗大ゴミの収集は月に1回で、地域ごとに収集日が決まっている。収集日の1週間前までに電話で申し込みをするか、10日前までにインターネットで申し込みをする必要があり、手数料はゴミの大きさや種類によって異なるため、申し込み時に確認しよう。

申し込み後、手数料納付券(シールになっている)をコンビニや環境事業所で購入し、受付番号などを記載し、収集日に指定された場所に納付券を貼って出す。

3. フライパンの捨て方!川崎市の例

神奈川県川崎市では、フライパンなどの調理器具類で直径または最大の辺が30㎝未満であれば、小物金属として出すことになっているが、フライパンの取っ手はこの場合の大きさに含まない。つまり、取っ手を含まない大きさが30㎝以上のフライパンは、粗大ゴミとしてださなければならない。

川崎市の小物金属の収集は週に2回行われていて、基本的には小物金属は袋には入れずにそのまま捨てることがルールとなっている。ただし、フライパンから取っ手やネジを外して捨てる場合など、細かな部品が飛び散りそうな場合は透明の袋に入れて出してもよいことになっている。

また、30cm以上の大きなフライパンは粗大ゴミとして出さなければいけないので、事前に粗大ごみ受付センターに連絡し、収集日や収集場所、処理手数料の確認をする。申し込みを済ませたらコンビニや郵便局で「粗大ごみ処理券」購入し、フライパンに貼って捨てることになっている。

結論

不燃ゴミか資源ゴミか迷うこともあるフライパンの捨て方だが、各自治体によって分別は異なり、ほとんどの場合30㎝以上のフライパンは粗大ゴミになる。収集日は月に1回のみの場合も多く、捨てるまでに時間がかかる可能性もあるので、問い合わせは早めにしておいた方がいいだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ