このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

オイルヒーターの寿命はどれくらい?故障の原因や寿命のサイン。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 1日

さまざまなメーカーから発売されているオイルヒーター。輻射熱によるやわらかい熱が得られて、空気を汚さず駆動音もないなどメリットが多く、愛用している方も多いだろう。メンテナンスフリーで長く使えるといわれているが、寿命をすぎても使い続けると、火事など事故につながる場合もあるようだ。今回は、異臭・異音・オイル漏れなど、オイルヒーターの買い替えのサインと思われる症状やお手入れ方法などについて解説しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オイルヒーターのオイル漏れが原因で火事になることも

オイルヒーターではオイルが完全に密閉されている。そのため、オイルが酸化することはなく、大きな衝撃を与えるなどの問題がない限り、メンテナンスする必要がないといわれている。内部のオイルを交換したり補充したりすることなく、長期間使用できるというのも人気の理由の一つだ。平均するとおよそ10年が寿命といったところだが、使い方や使用環境次第では20年近く使っている例もあるはずだ。

火を使わないため、石油ストーブなどと比べると安全な暖房器具というイメージがあるが、まったく事故のリスクがないというわけではない。そのため、使っていて異常が見られた場合は、すぐに使用を取りやめるのが賢明だろう。オイルヒーターからのオイル漏れが原因で発生した火事など、いくつか事故報告がなされている。

2. 異臭・異音は寿命のサイン

とくに注意したいのはオイルヒーターから異臭がするという場合だ。オイルヒーターからそれまでなかったにおいがしてきたら、オイル漏れしている可能性が疑われる。放置するとトラブルに発展する可能性があるので、ただちに使用を中止されたい。

オイルヒーターが寿命を迎えると、異音がする場合もある。運転させた際にいつもとは違う音を発するようなら、やはり使わないようにするのがよい。空気を汚さず運転音が静かなオイルヒーターだけに、異臭・異音には比較的気がつきやすいはずだ。

そのほか、長時間運転させているのに室内が思うように暖かくならない、通常通りに作動しない、そもそもオイルヒーターが起動しないというのも、寿命のサイン。見逃さないように心がけたいところだ。

3. オイルヒーターのお手入れ方法は?

オイルヒーターの寿命サインをいち早く見つけるためには、日頃からのお手入れが欠かせない。お手入れといっても、すでに触れたようにオイル交換など手間のかかることは不要だ。

例えばおすすめなのが、オイルヒーター全体を乾拭きするというもの。オイルヒーターをキレイにするだけでなく、くまなく拭きあげることでオイル漏れの有無を確認することができるはずだ。不具合が生じやすいパネルの接合部におかしいところがないか、あわせてチェックしておきたい。

お手入れの際は、必ず電源を抜いてから行うことが重要だ。オイルヒーターは消費電力が大きいため、誤って接触した場合、大事故につながる恐れがある。また、オイルヒーターの熱が冷めてから行うのが理想的だ。

乾拭きで落とせない汚れがあるようなら、水で湿らせた布をしっかり絞った上でこすってみるとよいだろう。これでたいがいの汚れに対応できるはずだ。間違っても水洗いしたり、たわしなどの硬いものでこすり洗いするのは避けたい。表面にキズがつくと、サビなどの原因になるからだ。お手入れしていて違和感があった場合は、すみやかにメーカーのカスタマーセンターに連絡するとよいだろう。

結論

暖房器具のなかでは比較的安全とされるオイルヒーターだが、電気製品である以上、いずれ寿命はきてしまう。大きな事故につながる可能性も否定できないため、普段からお手入れして異臭や異音、オイル漏れなど、寿命のサインをいち早く見つけるようにしたいものだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ