このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ホームべーカリーの寿命は?ホームべーカリーは何年くらい使える?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年3月 6日

生地をこねたり、発酵温度や時間を調整したりと、パンを手作りするのはとても大変だ。そんな大変なパン作りを家庭で簡単に、そして自動で行ってくれるのがホームベーカリー。今回は、持っていると便利なホームベーカリーの寿命や買い替えのサインを紹介する。

1. ホームベーカリーは何年くらい使えるのか

ホームベーカリーの平均的な寿命はどれくらいなのだろうか。使用頻度や使い方で、バラつきはあるが、ホームベーカリーの寿命は概ね10年程だ。

もちろん10年以上使えることもあれば、数年で不具合が出始める場合もあるが、ホームベーカリーを使用している人の口コミサイトをみても、5年から10年で寿命になるケースが多いようだ。

後ほど詳しく解説するが、ホームベーカリーの寿命のサインは、発酵が進まずパンの膨らみが悪くなったり、焼きあがったパンがパンケースから外れにくくなった場合などがある。

このようなことが、5年から10年の間に起きて、寿命となるケースが多いようだ。

2. ホームベーカリーからの故障のサインとは

ホームベーカリー使用中の様子や、焼き上がったパンの状態から、不具合のサインをキャッチできる。そのサインは大きく分けて3つあり、「回転部品の摩耗や破損」「内釜のコーティングの剥がれ」「電気系統の故障」だ。

動作音が大きくなった

以前より動作音が大きくなった、と感じた場合には、回転部品の摩耗や破損が疑われる。
ホームベーカリーの重要な働きの1つにこねる作業がある。内釜の底の真ん中には、パン生地をこねるために回転する羽根がついていて、粉を混ぜたり、生地をこねてくれる。

何十回、何百回と回転するうちに、部品の摩耗や回転部に食材のつまりが起き、回転が悪くなり、やがて大きな音が出るようになるのだ。

パンが取り外しにくくなった

内釜からパンを取り出しにくくなった、と感じる場合には、内釜のコーティング剥がれかもしれない。内釜コーティングが剥がれてくると、途端にパンが取り出しにくくなる。回転羽根のコーティングも同じように劣化するので、羽根にもパンがはり付いて取れなくなることがある。

そして、パンの一部がかたくなったり、大きな空洞ができたりする場合もコーティングの剥がれが原因のことが多い。生地をこねる工程のときに、材料が内釜にはり付いてしまい、しっかりと混ざらなくなるため、パンの膨らみ具合が悪くなってしまうのだ。

パン以外の焼け焦げたにおいがする

焼成中に焦げたにおいを感じる場合には、電気系統の故障が疑われる。

パンの香ばしいにおいではなく、明らかな異臭は、電気系統に異常が出ているサインを疑おう。妙な煙は出ていないか、コンセントが異常な熱をもっていないかなど、隈なくチェックしよう。

3. ホームベーカリーのイースト菌投入は、タイミングが大事

パンの膨らみが悪い場合には、ホームベーカリーの故障ではなく「イースト菌」を入れるタイミングを間違えていることもある。手動でイースト菌を追加するタイプのホームベーカリーは、イースト菌を入れるタイミングが重要だ。

パンのふっくらとした膨らみは、グルテンとイースト菌が混ざるタイミングが影響している。粉と水が十分にこね上げられると、特有の粘りと弾力をもったグルテンが生まれる。そこへイースト菌が入ると生地内で炭酸ガスが発生してパンを膨らますのだ。もしも、そのタイミングが悪いと膨らみの悪いパンとなってしまう。

したがって、粉と水がしっかりと混ざった状態を見計らって、イースト菌を投入するのが大切だ。タイミングは、ホームベーカリーやパンの種類によって違うので取り扱い説明書で確認しておこう。

4. 買い替えを検討する前にホームベーカリーの掃除をしよう

ホームベーカリーの買い替えを決める前に、一度掃除をしてみよう。うまくいけば簡単な掃除だけで買い替えをしないで済むかもしれない。

イースト菌を自動投入するタイプのホームベーカリーは、投入口に汚れがこびり付きやすいので、めん棒や爪ようじで掃除しよう。

回転羽根と軸棒にはすき間があり、パンくずや生地が入りこんでかたまってしまう。少量の水を含ませて、汚れをやわらかくしてから爪ようじでこすって取り除くとよい。

焦げ臭さが気になる場合は、機械内部の粉やパンくずをブラシを使って掃除をしてみよう。そのままにしていると、残った粉やパンくずが焼け焦げて、臭さの原因となる。

結論

ホームベーカリーに不調なサインが出たときは、まず掃除をしてみよう。それでも改善がされないなら寿命かもしれない。家電の進化は早く、ホームベーカリーにも新機能がどんどん追加されているので、新しいホームベーカリーに買い替えて、もっと多くのパンを作ってみるのも楽しいかもしれない。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ