このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

寿命が近い?トースターの異臭や焦げ付きの落とし方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

食パンをサックリふっくらと焼き上げるトースターは、「焼き」の名人だ。最近のトースターは、お餅や魚のホイル焼きなど、パン以外の食材も美味しく焼けるものが多い。しかし、材料をそのまま入れて調理すると汚れが付着しやすく、においも出やすいという困った部分もある。今回はトースターのにおい対策と買い替えの判断基準を紹介しよう。

1. トースターの買い替えのタイミングとは

トースターにはさまざまな種類があり、使用頻度や掃除の仕方によって寿命は変わってくる。一般的には、トースターは5、6年で買い替える家庭が多いようだ。

買い替えのタイミングとしては、トースター使用時に感じる動作の異常やトースター本体の故障が認められたときである。主な事例としては、コードやヒーターの断線により、ヒーターが過熱しなくなったことや、ヒーターのガラス管の損傷によるトースターの故障が挙げられる。また、トースターからの嫌なにおいや異常な音、煙が出ていることに気が付いたときも買い替えるタイミングだろう。

高温で調理するトースターは、発火の危険性があるので、少しでも異常を感じたら早めに修理や買い替えを検討しよう。

2. トースターから出る異臭

トースターからの異臭を感じたことはないだろうか。

たとえば、トースターの熱源にパンくずが付くと焦げたようなにおいがする。この場合には、パンくずを定期的に取り除くことで解消される。しかし、他の原因でトースターのにおいが気になる場合もある。気になるにおいの原因として挙げられるものが、主に3つあるので紹介しよう。

トースター本体が焼けるにおい

コードの接触不良や電気系統の不具合による部品の焼け付きが原因で、トースター本体が焼けるようなにおいが発生する。発火の恐れがあるので早めに対処しよう。

購入後、使い始めの頃に出るにおい

新品のトースターを購入し、使い始めたときに発生するにおいは、庫内に塗られた油の特有のにおいだ。初めて使用するときは空焼きをし、油を燃焼させてから調理を始めよう。このとき、換気を行いながらするとよい。

生臭さ

最近は、油を使わずにヘルシーな料理を楽しめるという理由から、トースターで魚や肉を調理することがあるが、調理したあとにはにおいが残りやすい。とくに魚は独特の生臭い成分があるため、調理後はにおいが残りがちである。

3. トースターのお手入れ方法

トースターをきれいに保ち、長く使うためには適切なお手入れが必要である。トースターの消臭方法と、油汚れの取り方を説明する。

お茶を使った消臭方法

トースターの消臭には日本茶で対処することができる。
  • フライパンに緑茶の葉を入れ弱火にかける。
  • フライパンをゆらして炒るうちに煙があがるので、茶葉をトースター皿に移し広げよう。
  • トースター皿をトースターに入れて、ドアを閉めて約5分間放置すれば消臭完了。
簡単だが、高い効果が期待できるのでぜひ試してほしい。

セスキ炭酸ソーダを使ったお手入れ方法

油汚れがベットリ付いたトースターでも、お手入れ次第でピカピカになる。ベトベトした油汚れは酸性の性質をもつので、アルカリ性の重曹を使って中和させると汚れが落ちやすくなるだろう。

もし、汚れがひどい場合は、より強いアルカリ性の性質を持つセスキ炭酸ソーダを使用するのが適しているだろう。重曹よりph値が高く、油汚れを落とすのが得意といわれているため、こびり付き汚れが多いトースターのお手入れにピッタリのアイテムではないだろうか。100均にも売っているので、手に入れたら実際に使って試してみてほしい。

ただし、アルミ材を使用しているトースターの場合は、重曹やセスキ炭酸ソーダの使用は控えたほうがよい。アルミを茶色に変色させることがあるので、薄めた台所洗剤で代用しよう

用意するもの

  • セスキ炭酸ソーダ
  • スプレーボトル
  • メラミンスポンジ
  • 歯ブラシ
  • ペーパータオル
  • ゴム手袋

手順

1.網、トレー、カバーなどを外して洗う

スプレーボトルに小さじ1/2のセスキ炭酸ソーダを入れ、250mlの水を注いで洗浄剤を作る。取り外した部品にたっぷりとスプレーしてから20分おき、スポンジや歯ブラシでこすり洗いをする。

2.庫内をパックし掃除する

庫内、ヒーター管、ドアガラス面にペーパータオルをかけて洗浄剤を満遍なくスプレーする。20分後に乾いたペーパータオルで拭きとれば終了。ヒーター管は割れやすいので、拭き上げるときはゆっくり丁寧にしよう。

結論

トースターをピカピカにしたら、なるべくきれいな状態を維持するように心がけよう。毎回のトースター使用後に、手軽なお手入れを習慣にするとよい。使用後に洗浄剤をかけたキッチンペーパーを菜箸等でつまんで、庫内を軽く拭き取れば簡単にきれいな状態を保つことができる。拭き取る際は、庫内がまだ熱くなっているかもしれないので、やけどをしないように注意しよう。トースターを正しく使用しきれいに保つことを心がければ、トースターを快適に使用できる期間が長くなり、寿命も延ばすことができるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ