このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スニーカー収納はこれで完璧!家族別スニーカー収納術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月30日

スニーカーは、スポーツ用の機能的なスニーカーから、カジュアルな外出用スニーカーなど、家族一人一人が持つスニーカーの数は1~2足では収まらないのではないだろうか。学生の子どもを持つ家庭であればスニーカーだけでも玄関の靴収納はいっぱいになるだろう。ここでは、スニーカーの収納方法について解説する。

1. 大量のスニーカーは収納ケースや便利グッズでスッキリ収納

子どものいる家庭の場合、大人だけでなく、子どもの外出用スニーカー、学校の授業用スニーカー、部活用スニーカーなど何種類もの用途に合わせたスニーカーが必要になり、玄関収納が溢れかえっていないだろうか。ここでは子どもを含めた人数が多い家庭向きのスニーカー収納術について解説する。

靴用収納ケースを活用する

お子さんが成長盛りの時期は特に、1年ごとにサイズを変えながら何足も靴類が必要となる時である。玄関収納だけでは収まりきらない場合は、市販の靴用クリアケースが便利である。クリアケースであればどこに何が入っているかも分かりやすく、引き出し式ならばスッキリ収納でき取り出しも簡単だ。スニーカーが増えるごとにクリアケースを上に重ねていくだけで良いのでスニーカーが増えても対応可能だ。

引き出し式収納ケースは、小さな子どもでも簡単に引き出すことができるので、片付けの習慣をつけさせるためにも有効である。

省スペース靴収納グッズを活用する

100均やホームセンターなどには靴を上下に組み合わせて収納できる収納グッズが販売されている。それをうまく活用すれば、玄関収納のデッドスペースを減らし大量のスニーカーを収納できる。

2. よく使うスニーカーは省スペースシューズラックでお手軽収納

健康維持のため毎朝ジョギングをしたり、昼間にウォーキングをしたりなど頻繁にスニーカーを使う家族であれば、出し入れ簡単で湿気がこもらない収納があると便利だ。ここでは、運動をライフワークに取り入れている家庭向きのスニーカー収納術について解説する。

省スペースシューズラックを活用する

頻繁にジョギングやウォーキングをする家庭の場合、スニーカーの出し入れが簡単であることは重要だ。日常的にすぐ取り出せて、目につく場所にスニーカーがあれば運動への取りかかりも比較的スムーズになるだろう。しかし、玄関先が狭くなることも避けたい。そこでおすすめの収納は、省スペースシューズラックの活用だ。

使用後のスニーカーは汗などで湿気がこもりやすく、使用後すぐに玄関据え置きの下駄箱や収納ケースにしまうことは衛生的とは言えない。おそらく、しばらくは玄関で汗などを乾燥させてから下駄箱にしまっている家庭も少なくないだろう。その場合、いつも玄関先に靴が出しっぱなしの状態になりスッキリしないことになる。

そこで、玄関に省スペースシューズラックを設置する。使用後のスニーカー置き場にして、スニーカーを使用したあとは消臭スプレーなどかけておけば、玄関先がすっきりする上スニーカーも衛生的に収納できるのでおすすめだ。

3. こだわりのスニーカー派はDIYで見せる収納

有名スニーカーブランドのおしゃれで機能的なスニーカーは数多くあり、人気のスニーカーの中には売り切れでなかなか手に入らないものもある。ここでは、こだわりのスニーカーを使用したり、趣味として集めたりする家族のいる家庭向きのスニーカー収納術について解説する。

ワイヤーラックでDIY

せっかく購入したこだわりのスニーカーであれば、玄関収納の中にしまい込むより、目につく場所に置いてインテリアの一つとして活用したほうが楽しめる。そこでおすすめなのは、ワイヤーラックを使用した手作りスニーカーラックだ。単なる省スペースシューズラックではなく、間隔や配置などを考えながら、こだわりのスニーカーがより素敵に見えるような配置でDIYをしてみてはいかがだろうか。

飾り棚風ラックでDIY

木材の柱でも上下にパーツをつけることで、壁に傷をつけずに収納ラックをDIYできる製品がある。そういった製品を活用すれば、賃貸であってもインテリアに合わせて素材にこだわった飾り棚風収納ラックを設置することが可能である。

結論

スニーカーの収納に関して、家族構成、スニーカー使用頻度、スニーカーへのこだわりなど、いくつかの視点から見た収納術について解説したがいかがだっただろうか。スニーカーは健康維持のためにも必要な道具であるため、収納はきちんと揃えたい。玄関が靴で雑然としている場合には今回紹介した収納術を参考に、それぞれの家族に合った視点ですっきりと片付いた玄関を目指してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ